J1☆店長の小部屋

福井県鯖江市の SKI PRO SHOP J1非公式ブログ。

全体表示

[ リスト ]

VOLKL その2

ちょっと時間が開いてしまいましたが
VOLKL試乗レポート その2 です。

前回に引き続き
RACETIGER DEMO シリーズ から    SX(青)  と SC(黄色)
イメージ 1
SWの後継機種にあたるのが、SX DEMO  
プラチナム SC   はそのまま SC DEMO として、こちらは、主にコスメのチェンジと言った所です。

SX DEMO   163cm/168cm/173cm の3サイズを展開
トップ&テールロッカーのオールラウンドモデルで、とにかく万能なスキーです。
SWの扱い易さ、オールラウンド性能はそのままに、
しなやかさと強さ、エッジのグリップ感や安定感の向上を感じさせてくれました。
トップからガッチリと噛むスキーでは有りませんが、硬いバーンでも安定しており
ロッカースキー特有の動かし易さは有るものの、安定感も申し分なし
走りも体感出来るスキーです。

お次は、RACETIGER WC の GS(左) と SL(右)   WC-GSを撮ったつもりが GS-DEMO だったのは、ご勘弁を
イメージ 2
GS は 大きく分けると、FIS対応の R30m が 183/188   カタログ外のCOMPモデルのみ 193cmが選べます。
R25m や R27m  の WC-MASTER'S    それぞれに R-MOTIONビンディングか WC‐Pistonプレートを付けるか
選択できます。
個人的には、このスキーは、シッカリしたスキーなので、スキーに負けないように
Pistonプレートを装着して乗るのが良いと思います。
力の伝わり方が全然違ってきますので、迷わずPistonプレートの装着をおすすめします。


RACETIGER-SL  サイドカットが変更され、トップが2mm太くなっており
捉えが強化され、ターン前半の操作が楽になった印象です。
後半の抜けは相変わらず良好で、軽快感はこのスキーの魅力の一つです。
こちらも、R-MOTIONのタイプとWC-Pistonプレートから選べるようになっており、
完全な個人的な好みから言うと、Pistonプレートを装着した方が、選手用らしい乗り味が体感出来て
面白いと思います。

基礎スキーで使用される場合は、軽量でソフトなR-MOTIONタイプも考慮に入れて良いと思います。
特に不整地においては、軽さと柔らかさが武器になります。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

他メーカー・モデルのレポートもよろぴくぴく

2018/4/4(水) 午後 7:38 [ miz*7*p ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事