J1☆店長の小部屋

福井県鯖江市の SKI PRO SHOP J1非公式ブログ。

VOLKL&DALBELLO

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

VOLKL Racetiger WC

元号が変わり半月経ちましたね
まだ馴染みませんが、そのうちシックリくるんでしょうか

さてさて、平成から持ち越しておりましたが、引き続きVOLKLスキーの紹介です。

Racetiger GS WC と SL WC
イメージ 1

GS-WC は R≧30のFIS対応のモノが 女子用の183cm 男女兼用の 188cm の2サイズ
また、FISレギュレーションに非対応の WC MASTER'S が 174cm(R≧21) 178cm(R≧23)  183cm(R≧25)
188cm(R≧27.5m)

来期もスキー単体で購入してプレート・ビンディングを着けるか、r-Motion2 とセットのWC-Dの選択ができますが、
基本的に WC-Pistonプレートの装着をお勧めしています。 
足元をシッカリさせた方が、スキーに力を伝え易く、スキーの撓み シナヤカさを引き出してくれると思います。

SLーWC は 女子用が 155cm と 157cm  男子用で 165cm の計3サイズ
レーシングで使うなら、迷わず WC-PISTONプレートの装着をお勧めします。

技術選や、フリースキーがメインとなると、少々迷うところで
硬いバーン、特に急斜面でスピードが出易い状況では、安定感のある Pistonプレートが威力を発揮しますし
不整地やコブ、緩んだ柔らかな雪では、軽くてソフトな r-Motion が乗り易く感じると思われます。
キレ味やグリップ力、ターンの抜けや走りを重視するなら、Pistonプレートを
軽快さと扱い易さを重視するなら WC-D といったところでしょうか。

GS SL 共に、カタログ上は大きな変更点はありませんので、自分の気のせい(思いこみ❕❔)かもしれませんが
トップの捉えが良く、ターンの始動時からスキーが撓みスムーズに動いてくれる印象を受けました。
挙動も落ち着いていて、非常に乗り易いと感じました。

開く コメント(0)

J1も明日から、ちょこっとだけお休みをいただきます。
と言う事で、本日が平成最後の営業日ってやつです。

まあ、特に変わりはありませんが 新しい時代 "令和"になっても引き続きよろしくお願いします。

そんな感じで、マイペースに、Newモデルの紹介を

J1の主力ブランド VOLKL
イメージ 1
写真の上から RACETIGER GS-DEMO  、 SL-DEMO 、 SX-DEMO 、 SC-DEMO

18/19シーズン、フルモデルチェンジと共にプラチナムシリーズから RACETIGER DEMO へと名称も変更され
来期もその流れで

大回り用は GS-DEMO  高速での安定感はロング用としては十分なレベルです。
印象的なのは、ターン切り替えの軽快さ    自由自在に扱えるので、リズムチェンジも容易に行えるので
総合滑降等でも、威力を発揮しそうですね。
個人的にはお気に入りのスキーです。

小回り用の SL-DEMO
極太のトップ(127mm)と、チップロッカーによりターン始動がホントに簡単です。
エッジのグリップや走りはマイルドな感触、ショートの苦手な方には強い味方になってくれそうです。
軽快なスキーが好きな方には、おススメですが    シッカリしたスキーでガンガンに走らせたい人には
ちょっとオトナシイかもしれません。

1台でなんでもこなしたい人には SX-DEMO
トップ&テールロッカーに若干ワイドなサイドカット  安定性と操作性のバランスの良いスキーです。
ショートターンや不整地もそつなくこなせるので、検定にも打ってつけですね。

本日ラストは SC-DEMO
上位機種と同様 3Dグラス構造 に 3D UVO を装着し生まれ変わりました。
ショート系のスキーですが、フレックスもトーションもソフトな印象で、適度にズレを伴う感覚がありました。
ロングは素直に、ショートは捻り操作を意識しながら滑ると、このスキーの良さを発揮してくれそうです。
ショートターンの強化や不整地を克服したい人にも良いかと。


きっと次回の更新は 令和 になってからですね、
次は、RACETIGER WC の方のご紹介を      それでは良い休日を

開く コメント(0)

VOLKL その2

ちょっと時間が開いてしまいましたが
VOLKL試乗レポート その2 です。

前回に引き続き
RACETIGER DEMO シリーズ から    SX(青)  と SC(黄色)
イメージ 1
SWの後継機種にあたるのが、SX DEMO  
プラチナム SC   はそのまま SC DEMO として、こちらは、主にコスメのチェンジと言った所です。

SX DEMO   163cm/168cm/173cm の3サイズを展開
トップ&テールロッカーのオールラウンドモデルで、とにかく万能なスキーです。
SWの扱い易さ、オールラウンド性能はそのままに、
しなやかさと強さ、エッジのグリップ感や安定感の向上を感じさせてくれました。
トップからガッチリと噛むスキーでは有りませんが、硬いバーンでも安定しており
ロッカースキー特有の動かし易さは有るものの、安定感も申し分なし
走りも体感出来るスキーです。

お次は、RACETIGER WC の GS(左) と SL(右)   WC-GSを撮ったつもりが GS-DEMO だったのは、ご勘弁を
イメージ 2
GS は 大きく分けると、FIS対応の R30m が 183/188   カタログ外のCOMPモデルのみ 193cmが選べます。
R25m や R27m  の WC-MASTER'S    それぞれに R-MOTIONビンディングか WC‐Pistonプレートを付けるか
選択できます。
個人的には、このスキーは、シッカリしたスキーなので、スキーに負けないように
Pistonプレートを装着して乗るのが良いと思います。
力の伝わり方が全然違ってきますので、迷わずPistonプレートの装着をおすすめします。


RACETIGER-SL  サイドカットが変更され、トップが2mm太くなっており
捉えが強化され、ターン前半の操作が楽になった印象です。
後半の抜けは相変わらず良好で、軽快感はこのスキーの魅力の一つです。
こちらも、R-MOTIONのタイプとWC-Pistonプレートから選べるようになっており、
完全な個人的な好みから言うと、Pistonプレートを装着した方が、選手用らしい乗り味が体感出来て
面白いと思います。

基礎スキーで使用される場合は、軽量でソフトなR-MOTIONタイプも考慮に入れて良いと思います。
特に不整地においては、軽さと柔らかさが武器になります。

開く コメント(1)

ではでは、試乗会の記憶が薄れないうちに
書き始めたいと思います。

ご存知の方も多いと思いますが
VOLKL の 日本向けモデル  PLATINUM シリーズが廃盤となり
来季からは、 RACETIGER  DEMO として、新たなシリーズを展開して行きます。
と言うことで、本日は DEMO シリーズを中心に

特に注目度が高いのが GS-DEMO / SL-DEMO / MX-DEMO / SX-DEMO の4機種
この4機種には、3Dグラス構造と新型のUVO  "UVO 3D" が搭載されています。

3Dグラス構造は、スキーセンター部分をしなやかに、トップとテールは強さを
新型のUVO 3D はさらに高い安定性をもたらします。

この辺は、近々に実物を展示しますので、詳しくは店頭で
イメージ 1
左から RACETIGER GS-DEMO    SL-DEMO    MX-DEMO

GS-DEMO は 今までの GD に相当するモデルで、 170/175/180cm の 3サイズで展開
試乗サイズは180cm R=19.4m  チップロッカーにも拘わらず、トップの捉え 食いつきは良く
動かしやすく非常に乗りやすいスキーですが、エッジグリップと安定感はロッカーを感じさせない乗り味です。
ターンの切り替えもスムーズで、走りも程よくと言った感じです。


昨年までの SD に当たるのが 写真中央の SL‐DEMO    160/165/170cm の 3サイズを展開
ショートターンモデルですので 基本的に男性は165cm  女性は160cm を選択するのが一般的かと 

新型のSL-DEMO トップの幅が127mmと相当太いです。
こちらも GS-DEMO同様にチップロッカーなんですが、SL-DEMO もまた 安定感が向上し
キャンバー構造のスキーに通じるような トップの捉えを感じる事が出来ました。
安定感と、軽快感のバランスが良く RACETIGER SL-WC の乗り味に通じるものを感じました。

長くなってきたので、本日の所はこの辺で

開く コメント(0)

VOLKL試乗レポートその2

引き続き、VOLKLのニューモデルについて

本日からPLATINUMシリーズ
先ずは、ロング系のGD(左)とショートターンを得意とするSD(右)
イメージ 2
GD/SD共に、スキー本体に構造上の大きな変更は有りませんが、R-motionプレートが軽量化が図られ
また、ソフトな感触になっています。

柔らかく緩んだ雪での試乗でしたが、
GDはしなやかに撓む感覚で浮力があり、安定感も申し分無し
SDは軽快な操作感が際立ち、それぞれにプレートシステムの改良による効果を感じる事が出来ました。

次に、オールラウンド・オールコンディションのCD(左)とSW(右)
イメージ 1
それぞれ、トップ&テールロッカーのタイプで、こちらもプレート以外に大きな変更は無いと言われていますが
軽量化されたプレートの恩恵を特に受けているのが、新型のCDでは無いでしょうか
感触としては若干ソフトに感じ、GDでも感じた事ですが、しなやかに撓む感覚
バランスが良く、数値以上に軽量になった印象です。

話は脱線しますが、VOLKLのニューモデルの試乗会を3/26(土)27(日)に計画しております。
コンディションは少々心配ですが、今年もJAMでやりたいと思います。
詳しいスケジュールは、近日中に発表しますので、偶にチェックしておいて下さいね。

開く コメント(0)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事