投資生活

投資で生活費を稼ぐ実験&検証

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

欧州・アメリカ・香港などは復活祭で株式市場は金曜日はお休み〜欧州・香港は月曜日もお休みなんだとさ〜( ̄▽ ̄i)〜その為に金曜日の日本市場は商いが大幅に減少していました〜月曜日はアメリカの市場は開かれるようです〜先週のダウ・ナスは6日間続伸と好調でした〜しかも昨日に発表された雇用統計は市場予想を大幅に上回る好調な雇用統計が出て〜ドルが買われて〜円安が進みました〜最近の円安は日本株高につながっているので〜月曜日の東京マーケットはギャップアップのスタートがあるかも知れませんね〜ただ欧州と香港が休場なので〜こちら方面からの外資の買いは少ないかも知れませんね〜そして来週末は又SQもあるし〜何といってもG7が週末にはあります〜又、円高に振れる可能性が心配される所〜これがあるので〜機関投資家が積極的に株価を買い上げるのを慎重にさせている様子もあるようですよ〜判んないけど〜( ̄▽ ̄i)
下落する時はアメリカさんに素直に連動するのだから〜上げる時も素直に上げて欲しいのですけど〜ρ(。 。、 )〜来週は大幅反発キボンヌ〜( ̄▽ ̄i)

NY円、下落――119円20―30銭、対ユーロは最安値更新

 6日のニューヨーク外国為替市場で円相場は下落。前日比55銭円安・ドル高の1ドル=119円20―30銭で取引を終えた。米雇用統計が上振れしたことを受け円売り・ドル買いが出た。対ユーロでは最安値を更新した。

 午前8時半に米労働省が発表した3月の雇用統計で、非農業部門の雇用者数は前月比18万人増と市場予想(14万2000人程度の増加)を上回った。過去の雇用者数の増加幅が上方修正されたうえ、失業率は4.4%と5カ月ぶりの低水準となった。

 米景気の先行き不安を和らげる内容として、指標発表後に円売り・ドル買いが加速した。一時は119円39銭まで売られ、2月27日以来の円安・ドル高水準を付けた。

 雇用統計を手掛かりにした売買が一巡した後は小動きとなった。6日は聖金曜日で債券市場は短縮取引、株式市場は休場。外為市場でも市場参加者が少なかったという。市場では「週明けの株式相場の反応を見極めたい」(外為ディーラー)との声が聞かれた。この日の円の高値は118円79銭だった。

 円は対ユーロで5日続落。前日比15銭円安・ユーロ高の1ユーロ=159円50―60銭で取引を終えた。一時159円68銭まで下げ、1999年のユーロ導入以来の最安値を更新した。円が対ドルで売られ、対ユーロでも円売りが出た。

 ユーロは対ドルで3日ぶりに反落。前日終値の1ユーロ=1.34ドル台前半から1.33ドル台後半に水準を切り下げた。米雇用統計をきっかけにユーロ売り・ドル買いが優勢になった。前日に約2年1カ月ぶりのユーロ高・ドル安水準を付けていたため、ドル買い戻しも入りやすかった。この日のユーロの安値は1.3364ドル、高値は1.3426ドル。

〔NQNニューヨーク=荒木朋〕(06:31)


米国株、6日続伸――ダウ30ドル高、ナスダック12ポイント高 2月26日以来高値
 
5日の米株式相場は6日続伸。ダウ工業株30種平均は前日比30ドル15セント高の1万2560ドル20セント、ナスダック総合株価指数は同12.65ポイント高の2471.34と、ともに世界同時株安が発生する前日(2月26日)以来の高値で終えた。来週から始まる企業決算発表への期待などを手掛かりに、買いが優勢となった。

S&P500種株価指数は4日続伸し、1443.76と、2月26日以来の水準で引けた。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は午後4時までの通常取引で12億3000万株(速報値)。ナスダック市場は15億8568万株(同)だった。三連休を控え商いは細った。

3月の雇用統計が発表される翌6日は「聖金曜日」で休場とあって、朝方は手じまい売りが先行した。前日までダウ平均とナスダック指数は5日続伸しており、利益確定売りも出やすかった。

ただ、来週10日のアルコアから始まる米企業決算への期待感から、次第に底堅い展開となった。市場では特にハイテク企業への期待が強いとの声があり、ナスダック指数はすぐに上げに転じた。原油価格が下落して推移したことも支援材料視された。

午後一時ごろ、著名投資家カーコリアン氏率いる投資会社トラシンダが、ダイムラークライスラーの北米クライスラー部門に45億ドルで買収を提案したと伝わった。これを受けダイムラーが上昇したのにつられ、ゼネラル・モーターズ(GM)も上げ幅を拡大。構成するダウ平均を押し上げた。

ダイムラーは5.3%上昇し、過去1年(52週)の高値を更新。GMは2.8%高と、ダウ構成銘柄で上昇率は首位だった。アナリストが目標株価を引き上げたヤフーも高い。クアルコムに第三世代の携帯技術の特許料を支払ったノキアも買われた。

半面、クアルコムは下落。前日夕の決算発表後の説明会でフラッシュメモリー価格が安定すると指摘したと伝わり、引け後に買われたマイクロン・テクノロジーは、アナリストの投資判断引き下げもあって大幅安となった。

〔NQNニューヨーク=千田浩之〕
(4/6 7:16)

ロンドン株5日 32.6ポイント高で終了
 
【ロンドン=欧州総局】5日のロンドン株式相場は反発。FTSE百種総合株価指数は前日終値に比べ32.6ポイント高の6397.3で引けた。

英中銀イングランド銀行の金融政策委員会の結果発表を正午に控え、午前中の相場は方向感に乏しかった。

英中銀が政策金利を据え置くと午後には買い安心感が広がった。引けにかけてFTSE百種は一時、5398.7と2月27日以来の高値水準に上昇、この日の高値圏で引けた。

インターコンチネンタル・ホテルズ・グループは前日終値に比べ6ペンス高の1284ペンスで引けた。英国の著名実業家バークレイ兄弟や買収ファンドが買収を狙っているとの観測が浮上し、買いが入った。

携帯電話サービスのボーダフォンは同0.5ペンス安の136.7ペンスで引けた。同社によるインド携帯大手ハチソン・エッサールの買収が同国の外資規制の対象になるとの内容の記事を英フィナンシャル・タイムズ紙が掲載したことが嫌気された。

保険のオールド・ミューチュアルはシティ・グループが投資評価を「中立」から「買い」に引き上げたのを好感して買いが入った。終値は同4ペンス高の170.7ペンスだった。
(4/6 1:39)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事