野球観戦現場主義!

11/12 社会人野球日本選手権は三菱重工名古屋が優勝!!

高校野球

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全104ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


イメージ 13
←クリックいただけると嬉しいです(≧∇≦)イメージ 1
  
イメージ 1
2018年7月23日 明治神宮野球場 第2試合
第100回全国高校野球選手権記念東京大会 西東京準々決勝
東海大菅生高vs八王子高
の観戦メモです。
菅生の試合は2015年秋季大会の創価戦以来の観戦です。
八王子の試合は2016年秋季大会の日野戦以来の観戦です。
イメージ 2
ご覧のスタメンです。
この試合は途中まで観戦してドームへ移動しましたので、
観ていた範囲で経過を追いたいと思います。

先制点は八王子でした。1回裏、
イメージ 3
先頭バッターの越村周選手(八王子高・3年)がレフト線の2ベースヒットで出塁します。この後、送りバントで3塁に進み、3番・初鹿野選手の内野ゴロの間に八王子がまず1点を先制します。

菅生は2回表、1アウトから、
イメージ 4
6番・成瀬脩人選手(東海大菅生高・2年)のソロ本塁打で同点とします。
成瀬選手は経歴を調べてみるとシニアで日本代表経験もある選手のようで、今後が注目ですね。この冬のキューバ遠征する東京都高校選抜にも選ばれています。

この後3回表に敵失で菅生が1点勝ち越しで2−1とし、
迎えた5回表、1死1塁から、
イメージ 5
1番・田中幹也選手(東海大菅生高・3年)がレフトへの2ラン本塁打で、菅生が4−1とリードを拡げます。
この選手、2017年夏の甲子園にも出場し、きびきびした守備と俊足を魅せましたので覚えている方もいらっしゃるかもしれませんね。

イメージ 7
八王子の先発は津吹ヒカル投手(八王子高・3年)。5回までに被安打4と悪い出来ではありませんでしたが、ホームラン2発の被弾が痛かったですね。

イメージ 8
菅生の先発は、中村晃太朗投手(東海大菅生高・2年)
走者を出しながらも、要所を抑えるピッチングで5回まで1失点に抑えました。

イメージ 6
5回終了で4−1という場面で神宮を後にしました。
なお、この試合は最終的に5−3というスコアで東海大菅生が八王子を下しています。

東海大菅生は結局甲子園出場は成りませんでしたが、新チームとなった秋季大会では東京都準優勝。もしかすると、春のセンバツでも観られるかもしれませんね。



よろしければ、応援クリック(↓)をお願いします。m(_ _)m
野球ブログランキング(12/3現在・122位)
高校野球ランキング(12/3現在・7位)

この記事に

開く コメント(1)


イメージ 13
←クリックいただけると嬉しいです(≧∇≦)イメージ 1
  
イメージ 1
2018年7月23日 明治神宮野球場 第1試合
第100回全国高校野球選手権記念東京大会 西東京準々決勝
創価高vs日大鶴ヶ丘高
の観戦メモです。
創価の試合は2015年秋季大会の東海大菅生戦以来の観戦です。
日大鶴ヶ丘の試合は2014年選手権の富山商戦以来の観戦です。
この試合は途中からの観戦です。
イメージ 2
創価が2−1とリードした7回裏空の観戦です。
そして球場到着直後に、
イメージ 3
9番・三浦拓真選手のタイムリーで2−2の同点。
私にしてはドンピシャな写真が撮れました(^_^;)。

イメージ 4
創価のマウンドには菊地郁也投手(創価高・3年)が上がっていました。
本格派の右腕ですね。そのまま創価大に進学するのかな?

そして決勝点は8回裏でした。
イメージ 5
1アウト2,3塁で、バッターが6番・中島選手という場面。
ここで中島選手がセカンドゴロで3塁ランナーが飛び出し、三本間に挟まれます。
イメージ 6
誰もが三塁ランナーアウトと思ったところで、創価内野陣がまさかの三塁への悪送球、三塁ランナーが生還します。これで3−2!!

投げては6回から登板した2番手投手
イメージ 7
変則モーションの三浦拓真投手が4イニングを無失点で抑え、このまま試合終了です。

イメージ 8
日大鶴ヶ丘が3−2で1点差ゲームを制して、準決勝進出を決めました。
終盤しか観戦しませんでしたが、ちょうどクライマックスの部分を観る事が出来ました♪

さて、注目選手を・・・
イメージ 9
創価の4番・浪川広之選手(創価高・3年)。この日は初回に先発の勝又投手から先制2ランを打っているそうです。

そして残念ながらピッチャーとしての登板は見られませんでしたが・・・
イメージ 10
勝又温史選手(日大鶴ヶ丘高・3年 DeNA4位)
バッティングでは8回裏に決勝点につながるレフト前ヒットを打ちました。
後日TVでピッチングは観ましたが、まだまだ荒削りながら150K超のスピードボールを投げる本格派右腕です。今後のベイスターズを背負っていく投手になっていく事を期待しています♪



よろしければ、応援クリック(↓)をお願いします。m(_ _)m
野球ブログランキング(12/2現在・130位)
高校野球ランキング(12/2現在・7位)

この記事に

開く コメント(3)


イメージ 13
←クリックいただけると嬉しいです(≧∇≦)イメージ 1
  
イメージ 1
2018年7月21日 サーティーフォー保土ヶ谷球場 第1試合
第100回全国高校野球選手権記念神奈川大会 南神奈川4回戦
横浜商高vs星槎国際湘南高
の観戦メモです。
横浜商の試合は春季大会の立花学園戦以来の観戦です。
星槎国際湘南の試合は2017年春季大会の横浜戦以来の観戦です。

イメージ 2
ご覧のスタメンです。
そして試合の最終スコアです。
イメージ 3
星槎国際湘南が2−0で勝利し、ベスト8に進みました。

【Y校】樺田、竹内−加山
【星槎】石橋−高橋

【得点経過】
(6回裏)Y校バッテリーミスで1点(Y校0-1星槎)
(8回裏)敵失で1点(Y校0-2星槎)

【試合雑感・注目選手】
緊迫した投手戦となりましたが、Y校が守備で2つの痛恨のミスをしてしまい、ベスト8進出はなりませんでした。

イメージ 4
横浜商の先発はエースの樺田魁投手(横浜商・3年)。長身の本格派右腕。春季大会では立花学園に屈辱のコールド負けでしたが、夏は初戦で7回参考ながらノーヒッターを記録するなど好調。この日も6回を投げ被安打4と好投しましたが、6回1死1,3塁で痛恨のバッテリーミスで決勝点を許してしまいました。

一方、星槎国際湘南の先発は、
イメージ 5
石橋颯太投手(星槎国際湘南・3年)
9回を投げ、被安打4、四死球1、奪三振11で見事な完封勝利でした。
Y校の各打者、変化球(チェンジアップ?)にタイミングがあってなかったですね。
この夏は4試合連続で2桁奪三振を記録したそうで、進路も気になるピッチャーです。

イメージ 6
打つ方の立役者は4番・松下壮悟選手(星槎国際湘南・3年)
高校通算47本塁打という左のスラッガー。この日は6回裏に右前打で1,3塁のチャンスを作って先制点につなげ、さらには8回裏の1,3塁のチャンスでも敵失を誘い、2得点に絡んでチームの勝利に貢献しました。

ところでこの2チームは秋季大会でも対戦し、大接戦の上Y校がサヨナラ勝ちして夏の雪辱を果たし、ベスト8進出してます。
星槎国際はこのところ安定して上位進出するようになってきましたし、Y校も最近の活躍が認められたのかセンバツの21世紀枠の候補に選出されました。これからも両校は神奈川の頂点を目指して凌ぎを削るライバルになっていきそうですね。


よろしければ、応援クリック(↓)をお願いします。m(_ _)m
野球ブログランキング(11/25現在・157位)
高校野球ランキング(11/25現在・10位)

この記事に

開く コメント(4)


イメージ 13
←クリックいただけると嬉しいです(≧∇≦)イメージ 1
  
イメージ 1

2018年7月21日 サーティーフォー保土ヶ谷球場 第1試合
第100回全国高校野球選手権記念神奈川大会 南神奈川4回戦
金沢高vs横浜桜陽高
の観戦メモです。
両チームともこれが初観戦です。
金沢は春季大会でベスト8に進出し、第1シードを獲得したチームです
横浜桜陽はノーシードながら、4回戦まで勝ち上がってきたチームです。

イメージ 2
ご覧のスタメンです。
試合結果は、
イメージ 3
金沢が7−1で勝利し、南神奈川ベスト8に進出しました。

【桜陽】林、山口、藤森−西田
【金沢】田中翔−大嶋

【得点経過】
(3回裏)小島選手の犠牲フライで1点(金沢1−0桜陽)
(4回裏)渡邊陽選手のタイムリーで1点(金沢2−0桜陽)
(5回裏)小島選手のタイムリー2ベース、堀井選手の2点タイムリー2ベース、重盗で1点(金沢6−0桜陽)
(8回表)愛甲選手のタイムリー2ベースで1点(金沢6−1桜陽)
(8回裏)高柳選手のタイムリーで1点(金沢7−1桜陽)

【試合雑感・注目選手】
ヒットの数では金沢の13安打に対し、横浜桜陽も9安打とよく打ちましたが、チャンスであと1本が出ず。金沢はこれに対し、効率よく得点して大差をつけました。

やはり勝利の立役者は、金沢の先発、
イメージ 4
田中翔也投手(金沢高・3年)
9回を投げ、被安打9、四死球1、奪三振9、失点1でした。ヒットはそれなりに打たれましたが、制球力が良くて、ピンチで三振を取れるピッチャー。春季大会で金沢が強豪私学を次々と倒したのも頷けます。

打線で活躍したのはまずトップバッター、
イメージ 5
小島優太朗選手(金沢高・3年)
3打数1安打2打点(1犠飛)。下位打線が繋いだチャンスでランナーを還すバッティングが出来ていましたね。金沢は全般的に点を取る野球を上位から下位まで叩き込まれているという風に感じました。

イメージ 6
また3番の堀井翼選手(金沢高・3年)も4打数2安打2打点。中軸としての役割をしっかり果たしていました。

横浜桜陽の先発は、
イメージ 7
林康太投手(横浜桜陽高・3年)
4回までなんとか2失点で抑えていましたが、5回裏に3点目を失ったところで降板しました。



よろしければ、応援クリック(↓)をお願いします。m(_ _)m
野球ブログランキング(11/21現在・157位)
高校野球ランキング(11/21現在・12位)

この記事に

開く コメント(2)


イメージ 13
←クリックいただけると嬉しいです(≧∇≦)イメージ 1
  
イメージ 1
2018年7月8日 横浜スタジアム 第2試合
第100回全国高校野球選手権記念神奈川大会 北神奈川1回戦
日大高vs大師高
の観戦メモです。
日大高の試合は2016年夏の川崎工科戦以来の観戦です。
大師高の試合は2016年春季大会の横浜創学館戦以来の観戦です。
ノーシードながら両校ともここ数年は上位進出している学校で、1回戦屈指の好カードですね。
イメージ 2
ご覧のスタメンです。
接戦を期待していましたが・・・
イメージ 3
ご覧の通り、一方的な試合となり、日大高が7回コールドで勝利しました。

【日大】北野−西ノ坊
【大師】寒河江、小林−吉川

【得点経過】
(1回表)敵失2つと小水選手のタイムリーで3点(日大 3-0 大師)
(3回表)野選および北野選手の犠飛で2点(日大 5-0 大師)
(3回裏)並木選手のタイムリーで1点返す(日大 5-1 大師)
(4回表)野選および諸泉選手の2点タイムリー(日大 8-1 大師)
(6回表)源田選手のタイムリー2ベース(日大 9-1 大師)

【試合雑感・注目選手】
接戦を期待していた試合ですが、ちょっと一方的な展開になってしまいました。
大師の方は失策が4つ、野選が2つと大事な所でミスをしてしまいました。
開幕戦の大舞台で大師の野手が緊張してしまったのか、あるいは、日大の方が経験値が上だったのかも知れません。

日大高の勝利の立役者はやはり先発ピッチャーでしょう。
イメージ 4
北野秀造投手(日大高・3年)は7回を投げ、被安打7、1失点と要所を抑える安定した投球でした。

日大高の攻撃陣ですが、上位から下位まで万遍なく良く振れていましたね。
イメージ 6
4番・白水裕太選手(日大高3年)は3打数2安打1打点。


イメージ 5
寒河江翔投手(大師高・3年)は6回0/3を投げ、被安打11、失点9(自責点3)でした。守りのミスさえなければもっと接戦になっていたのではないかと思います。

















よろしければ、応援クリック(↓)をお願いします。m(_ _)m
野球ブログランキング(11/12現在・233位)
高校野球ランキング(11/12現在・16位)

この記事に

開く コメント(2)

全104ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事