スーパーレインボーラボラトリー(S.R.L.)

愉快な未来を考える、何でも創造研究所 武智 伸三 勝手な世界

全体表示

[ リスト ]

今朝は車でいつもの用を済ませて来ました。
街中には車で来ると邪魔なだけなので、時間があれば歩きで、なければバスのお世話になっています。
おかげで折角買った、アクセラは乗らない日が断然多い毎日です。
今日は風は肌寒さを感じますが、雲の間から時々晴れ間ののぞく一見、爽やかな空模様です。こんな時はサンルーフのシェードを開け、ガラス越しの空を眺めるのが好きです。
このアクセラは標準でサンルーフが付いていたのが面白く、それも選ぶ理由の一つでした。すーーと以前い軽自動車のオープンカーに乗っていましたが、冬は寒く、夏は暑く、オープンにする事がまれで、なかなか利用価値の少ないものだと良く分かりました。それに比べるとガラスの付いたサンルーフは多少有り難さを感じます。
これもずっと昔ですが、サンルーフの付いたワンボックスに乗っていました。まだ小さかった子供たちとキャンプに出掛けたくて、少し無理してサンルーフを選びました。
暑い夏は開けられませんが、新緑や紅葉の時期には車の中から眺めていると何となく開放感が得られてちょっとだけリッチな気分になれるものです。

寒い朝は、日頃高燃費自慢のアクセラディーゼルも本日の燃費が10Km/L以下になっています。ほんの少しの距離を行くだけですからエンジンの温まる暇はなさそうです。エンジンの始動も最初に余熱が入っているのでしょうか。エンジンの始動に一呼吸の間があるようです。一度動けばいつものように一瞬でスタートできるようになるのは立派なものです。
昔乗っていた、ボンゴの2200CCのディーゼルエンジンは余熱状態を表示するランプがあり、それが消えてからスターターを回すように指定されていましたから、スタートボタンの向こうではコンピューターがいろいろと手順をこなしているのではないでしょうか。
数Km走るだけで今日の予定は終わりです。平均燃費8Km/L程度になりました。こんな時、ハイブリッドなら大半を電池で走って減った電気はエンジンは効率よく回して充電し燃費を稼げるのでしょうね。
とんでもなく悪いと思った燃費ですが、依然乗っていたロータリーエンジンではこれだけ走れば立派と思って喜んでいたのですから条件が変われば考えも変わるものです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事