星への誘い

自然が好きな天文マニア「星への誘い」の管理人のブログです。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

今日22日(日)は、木星会議2日目でした。昨夜は阪急石橋駅近くのビジネスホテルに泊まりました。
今朝は早朝に阪大構内を1時間程度散策しました。小雨が降る天気でしたが、
阪大構内には森や林が多く小鳥の囀りが響き気持ちよく散策できました。

木星会議2日目は、安達氏の初心者向け木星講座と研究発表会が行われました。
イメージ 1

研究発表は、安達氏の「簡単な木星の分析方法」、
イメージ 2

鈴木氏の「NEBの太さの変化」、
イメージ 3

イメージ 4

石橋氏の「SL9から20年」、
イメージ 5

イメージ 6

熊森氏の「私の画像処理」、
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

永長氏の「木星観測の楽しみ・一夜一自転」、
イメージ 11

イメージ 12

堀川氏の「STBの活動は今も永続白斑に支配されている」でした。
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

研究発表の後、大阪大学天文同好会の福永氏の閉会挨拶で幕となりました。
今回の会議を主催された大阪大学の天文同好会の学生さん達は、皆明るく運営もしっかりしており、
充実した内容で感心させられました。運営された学生さん達に、改めて感謝申し上げます。
なお、次期開催地は候補だった沖縄が駄目になり再検討になりました。

管理者のWebサイト「星への誘い」へもお越しください。

この記事に

開く コメント(17)

開く トラックバック(0)

昨日21日(土)は、大阪大学豊中キャンパスにある大阪大学会館で開催された第37回木星会議に参加でした。
イメージ 1

イメージ 2

木星会議には2004年の第28回東京大会から参加し始めたので今回で10回連続です。
開始が13時30分なので余裕を見て自宅を8時15分頃に出て新幹線のぞみで新大阪経由で大阪駅に
12時前に着き、昼食を摂り、阪急梅田から阪急宝塚線の石橋駅へのルートでした。

今回の木星会議は、大阪大学の天文同好会の主催で、同好会の学生さん達が全ての運営を
仕切りっていました。
会議は大阪大学天文同好会の藪崎氏と月惑研究会の安達氏による開会挨拶で開会し、
大阪大学大学院理学研究科の佐々木教授による特別講演「JUICE計画」が行われました。
イメージ 3

JUICE計画は欧州宇宙機構が中心となり、木星探査衛星による木星とガリレオ衛星を探査するもので、日本は観測機の一部の開発を担当します。このJUICE計画では木星探査以上に内部に海が存在する可能性があるエウロパ、ガニメデの探査が期待されています。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

特別講演後、参加者の自己紹介でした。参加者は50名を越えで大学生が25名、女性も9名参加でした。

自己紹介に続き、堀川さんから2013年シーズンの木星のまとめが報告されました。
イメージ 12

今回は木星初心者の学生が多いので木星の模様の説明から開始でした。報告内容は、BAとSTB暗部の衝突、SEBの謎の明部と大赤斑の会合、NEB北縁の後退とWSZの赤化mNTBの淡化とNTD(北温帯撹乱)の発達、大赤斑の様子(濃化、後退速度増加、縮小化)、SSTBの白斑の様子などでした。
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 13


イメージ 14

木星のまとめの後、記念撮影を行って初日の会議は終了しました。
イメージ 15

その後、学生食堂「宙」で懇親会が行われ、さらに21名が石橋駅近くの居酒屋で
二次会となり夜遅くまで天文談義が続きました。
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

管理者のWebサイト「星への誘い」へもお越しください。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事