星への誘い

自然が好きな天文マニア「星への誘い」の管理人のブログです。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

P.S.T.を改造しました

この記事に記載する太陽望遠鏡の改造は、物理的な損傷や身体(特に目)に危険を及ぼす
可能性があります。また、改造するので、太陽望遠鏡のメーカーの保証も受けられなくなります。
当然ですが、このような改造を行った結果で生じる損害への責任は負えません。
その点をご理解してくださる方のみ、お読みくださるようお願い致します。


前回の月惑星研究会例会で、“
庭先天体写真家?”さんが、P.S.T.改造を発表されました。
この改造方法なら口径40mmのP.S.T.の大口径化が出来ると思い、改造を真似することにしました。
7月に入ったら梅雨の長雨(9日連続で降雨、日照時間ゼロ)だったので、その間にセッセと準備でした。

改造は、庭先天体写真家?さんが実施中の改造とほぼ同じで、P.S.T.のレンズを外し、
口径の大きな望遠鏡に繋げる方法です。
P.S.T.は、中間にあるエタロンフィルタと後方にあるブロッキングフィルタが心臓部です。
P.S.T.のエタロンフィルタはF10の光学系で性能が出る仕様なので、F10なら口径は大きくても良いはず。
そこで、以前紛失したと思ったら、押入れの布団の下から出てきたBORG76EDを使うことにしました。

76EDはF6.6なので、F10にするため1.5倍バローレンズをエタロンフィルタの前に取り付けることにしました。
イメージ 1

76EDへの取り付けは、レンズを外したP.S.T.の鏡筒(外径50mm)を2”スリーブに差し込むだけ。
2”スリーブの内径は50.8mmなので、厚み0.3mmの真鍮版を巻き付けました。
今朝、76EDに取り付けて太陽を見ましたが、バローレンズの影響か、合焦ポイントが微妙過ぎなのと
拡大率が高過ぎて実際に使うのは難しいと分かりました。

そこで、F10に拘らず、バローレンズを外してF6.6の状態で眺めたら、プロミネンスもプラージュも良く見えます。
しかし、長さ200mmのP.S.T.の鏡筒を全部差し込むと、絞られて76mmの口径が生かせません。
それならばと、P.S.T.の鏡筒を切断しました。

イメージ 2

但し、このP.S.T.の鏡筒は、改造で不要になった庭先天体写真家?さんから格安で頂いた物なので、
私のP.S.T.の鏡筒は健在です。BORG76EDにP.S.T.を取り付けた状態は以下の様になります。

イメージ 3

実際に太陽を眺めるには、エタロンフィルタへの熱エネルギ、目に有害な紫外線と赤外線の遮断が必要です。
76EDの対物レンズには77mmのフィルタネジがあるので、そこに、次の2枚のフィルタを取り付けました。

イメージ 4

ケンコーのASTRO LPR1は、最も安価な光害軽減フィルタで、透過波長曲線は以下の通りです。
イメージ 5

また、ケンコーR1フィルタは、以下の様に600nm以下の可視光と紫外線を遮断する赤外フィルタです。
イメージ 6

この両者を重ねることで、目に有害な光や熱エネルギをかなり遮断できると思います。
イメージ 7

以上の改造効果を確認するため、今日の太陽をP.S.T.単独と76ED+P.S.T.で撮影しました。

まずは、P.S.T.で撮影した光球面です。

イメージ 8

次に76ED+P.S.T.で撮影した画像です。サイズを合わせるため、80%に縮小しました。
イメージ 9

口径76mmでは目を見張るほどの効果は無いかな・・・・・ED103Sを使えば良かったかな・・・

ついでに、76ED+P.S.T.で1.3倍のバローレンズを使った画像も紹介します。75%に縮小しています。

イメージ 10

一画像では収まらないけど、これなら多少は改造効果ありかな?90度回転させて二枚モザイクかな?

なお、フィルターを含め、ほとんどのパーツは、天文ガタクタ収納箱に入っていた物なので、
懐はほとんど痛みませんでした。

管理者のWebサイト
星への誘いへもお越しください。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事