イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

2018.11.18(日)
きのうは、長距離航海懇話会の小集合。
テーマはドローンでヨットを撮影する。
ドローンとは、どんなものか知りたくて出席。

気になる価格は3段階ある。
1)数千円
2)1万円程度
3)20万程度(ファントム4、中国製が代表的機種、DJI社)
カメラを含んだ価格です

20万程度のものでないと、実用性は無い。
安い機器で練習する必要があるが、飛ばす地域が非常に限定されている。
東京は全面的に禁止されている。
有料で講習もあるらしい。

ヨットを撮影するのはかなり難しい。
飛ばした後、ヨットに機体を着地させる場合、
ステーやロープが多いヨットでは引っかかって、
海中に落下し、20万がパーとなる可能性大。

飛ばす機能はかなり原始的。
この2〜3年で機能は飛躍的に改良されるのではないか。

ドローン開発は中国が席巻している現状を見る。
自衛隊とアメリカ軍の開発状況を知りたい。

講習の後、懇親会。
2次会にも、珍しくギネスにも寄らずに帰える。
ロブションのカンパーニュは新宿で買ったが。

写真
・解説状況
・実際にドローンで撮影した映像
・1万程度の価格のドローンで講習出席者を撮影したもの

この記事に

開く コメント(0)

工具着

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

2018.10.30(火)
那智から送った工具が届いた。重量25kgぐらい有り。
私は春、家から那智の船に工具類を送り、シーズンオフになると那智から家に送り返している。
船でも家でも作業をするつもりなのだ。

写真:
・工具類輸送形態
・殆ど、BOSCHのプロ用です。高価。
 工具を選ぶ際、DYWでは無く、高価ですが、プロ用を選択することが肝心です。
。工具それぞれ。
 あまり知られてなくて、特にお勧めは前の2点。
 左はBOSCHのプロ用、デルタサンダー。
 平面では無く、細かい部分の塗装の下地サンダー掛けの道具。状況に応じたアタッチメント多数あり。
 右は水研ぎ専用のサンダー。水を掛けながらサンディングできます、これはリョービ製。
 一番汎用性の高い、お勧めサンダーは後列、右端のBOSCHのプロ用、ランダムアクションサンダー。
 必需品です。

 その他、写真にあるのはプロ用、バッテリーインパクトドライバーとジグソー、ドライバー、グラインダーなど。

この記事に

開く コメント(0)

自宅での朝

イメージ 1

2018.10.27(土)
自宅での朝。
小野鉄平の器でお茶を飲む。
家での静かな時間。

写真:
・小野鉄平の器。
 真ん中のを常用。
 右は、少し冷まして、始めにお茶を入れる時。左は、ドンドン飲む時。
 私はラクダの様に、朝、大変な量のお茶を飲み、あと一日何も飲まない。

 現代美術の器

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事