全体表示

[ リスト ]

ボーデンワイヤー交換

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

2008.8.16(土)
4時半から5時に起きているが、最近は雲っていると暗い。朝日が昇るのが遅くなってきたのを
感じる。
起きた時は雲っていたが、今は少し空に雲も見えるがカンカン照り。7時。

ハーバーでは暑い暑いの声が行きかう。風はあるのだが日差しカンカン照りで日差しが照りつける。

エンジンを停止するボーデンワイヤーの交換をする。
外にさらされているので、雨に当たらないないようカップで覆う工夫をする。
エンジンストップの際、ボタンを引張るのだが、力を入れて思い切り引張らないと
引けない。戻す際もかなりの力が必要になる。
雨水が入り、きっと中で錆び付いてしまっているのだろうと考えた。

普通、エンジン計器類はカバーされているが私の艇では外にさらされている。
前も同じ状況になり交換した際、中のステンの線が錆びていた。
叉同じ状況になる可能性があると思って予備のボーデンワイヤーを買って置いた。
交換して、古い方のワイヤーを分解してみたが錆びていない。
どうも動かない原因は雨進入を防ぐ目的でグリスを塗ったのだが、それが夏の温度で
乾いてしまったのが原因のようだ。きっと油をさせばなおったに違いないとわかる。
まー、雨が当たらないにするのにこしたことは無い。
本来は、エンジン計器全体をカバーするべきで今回は応急処置と言える。

夕方、駅前温泉。

写真:
・雲に隠れた朝日
・エンジン停止カバー

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事