全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

2008.9.18(木)
朝からズット雨が降り続く。
夕方からより激しい雨になる予報。9時。

ヨットでの水の扱い、特にロングのクルージング中の水は非常に重要なテーマとなる。
私の場合、
1)生で飲む水は「おいしい水」その他2Lのペットボトルをストックしておく。
2)沸かして飲む水、料理にはポリタンからだとポリの匂いが付きまずいので、3ガロン(約11.5L)の  匂いの付かないボトルを2本に入れている。1ガロン(3.8L)のボトルに小分けして使い回しを良くして  いる。このボトルはジャスコでアピュア(Apure)の名称で販売している純水専用の容器で、安く買え  る。(写真の左2個が3ガロン。その右小型が1ガロン)
  私は九州東岸の穏やかで美しい港、細島港から歩いて直ぐのジャスコで見つけて始めて購入した。
  細島港:
  http://www008.upp.so-net.ne.jp/saigou/hososhima.html
3)食器洗いその他は20L入りポリタン4個に入れている。100Lとかの大型水タンクを使わないのは、
  漁協などで水を貰うにはポリタンの方が使いやすい。キャリーで運ぶにも便利だからだ。
  それに大きい口から腕を入れて中を洗えるためでもある。
4)その他、海水を使う時は写真の右にある。ステンレス製のつるべを使って汲み上げる。
  トカラ列島の宝島の様にきれいな海水の時は食器も洗う。洗った後、塩の塊が付くが
  真水の様に節約しながらでなく、いくらでも使えるので気持ちよい。
  写真のつるべは九州、サンマリーナ宮崎の実にユニークなヨットマン頓馬さんが教えてくれた優れも  の。実に便利だ。
  油津まで行って、売っている店を教えてくれる。油津で購入。奄美大島の名瀬港漁協でも売っていた  ので追加購入し、現在2個持っている。
  油津港:
  http://www008.upp.so-net.ne.jp/saigou/aburatu.html

閉じる コメント(3)

顔アイコン

「つるべ」ですが、写真を見ただけですと、普通のバケツに見えるのですが・・・・
底が内側に開くのでしょうか???

2008/9/19(金) 午後 6:18 [ sea*or*e*69 ] 返信する

顔アイコン

バケツの部分は普通の形状です。
取っての部分の真ん中にアイがあり、アイにエスカンが取り付けてあります。エスカンに紐を結びます。
紐の一方をライフラインに結び、何も見ないでバケツを海に放り込み、引き上げると必ず水が入った状況上がってきます。実に便利なものです。多分長年の経験から改良が重ねられた道具なんだと思います。ステンレスなので錆びないのも助かります。これを教えてくれた頓馬さんも必ず見た人が欲しがるので、あげてしまって、今は持っていないとのことでした。
ただ、売っている所は少ないようで、宮崎に住んでいる頓馬さんも油津の文化財建築の杉村という店まで買いに行くそうです。
油津、三階建て文化財建築杉村:http://blogs.yahoo.co.jp/sa3307/39527781.html

2008/9/19(金) 午後 7:28 [ sa3*07 ] 返信する

顔アイコン

ありがとうございました。

2008/9/21(日) 午後 5:33 [ sea*or*e*69 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事