全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

2009.8.4(火)
酒田港にやってきました。酒田は山形県です。
新潟の上は山形県なんですね。知ってました?
そんなこと知らないのは俺だけか。
多分、山形県に足を入れたのは初めてだと思う。

5時45分粟島を出港。
酒田の7マイル程前から風が変わりクローズホールドぎりぎりの帆走を楽しむ。
1時前に入港し、槍着けが出来そうなのでアンカーを打つ。舫いを固め、ひと段落2時。

例に寄って酒田は木々の間から白壁の家が垣間見える港の様に想像していた。大きな港だ。港の入口から船を着けた一番奥あたりまでは工場地帯の景色だ。

酒田の主たる観光施設は歩いて行ける。
港で栄えた酒田はその歴史を残すものは港から近い。つまり係留した岸壁から近いわけだ。
先ず、10分もかからない有名な山居倉庫を見て、無料の観光自転車を借りて漁協の鮮魚販売センターや入浴施設、大型スーパー等をチェック。
山居(さんきょ)倉庫は明治26年に建設された米保管庫で今も倉庫として使われている。
12棟あり、2棟でお土産や産物が紹介されている。
防風の為の見事な欅がならび風格を見せている。裏側の欅並木の道が気持ちよい。

道の駅の様に現地の野菜などを売っている。新鮮で安い。清潔だ。
見事なパプリカが安い。日本製のパプリカはスーパーでは手に入らない。
パプリカ、なす、じゃがいも、かぼちゃ、とまと、きゅうりを購入。
それに蜂蜜があった。これを探していたのだ。300gで750円と安い。日本製の蜂蜜は実に高価なのだ。
即購入。

さかた海鮮市場は建物は大きいが市場としては品物も多くなく、値段も安くない。

酒田は庄内米で名高い、つまり米が良い、ということは酒がうまいということになる。
地元物産の店で冷えた初孫純米吟醸いなほを買ってきて夕暮れのデッキで賞味。

写真:
・酒田港に舫うECHO POINT
・鳥海山に向かって帆走するECHO POINT(薄い鳥海山が見えますか)
・欅の大木の並ぶ山居倉庫裏の散歩道
・三居稲荷神社
・説明

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事