全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

209.9.18(金)
新しい泊地で静かな朝を迎える。
今は雲っているが、晴れる予報。
5時の天気予報では波1.5m後2.5m。いよいよ近づいて来た。
台風情報では気仙沼は暴風警戒域からは外れる様になった。
最接近する20日、21日は強い台風で最大風速40m、最大瞬間風速60m。

きのうまで脇に居た桟橋から10時25分発の大島行き観光船に乗る。25分、片道400円。
本日の目的は1000年の歴史を持つ大島神社参拝。
大島神社は山の上にある。大島に着いて、歩いてどのくらいかかるか聞いたところ40分。
地方の人の歩いて40分はそうとう時間がかかるのではないかと山頂までのリフトがありチョット迷ったが歩いて行くことにする。歴史ある神社なので必ず参道があるはずと地元の人に聞いたがはかばかしい答えが無い。それらしい道はあるが今は使う人が無く獣道だと言う。
舗装道路を山に向かって登っていく。心配した車は殆ど通らない。左右を戻りに囲まれ、時どき海が見張らせる快適な道であった。
神社まで機械を使って行ったり、楽をして参拝するのはかんばしくないということも若干あるが、私は歩いて行くのが好きなのだ。
由緒ある神社なのだが道案内や表示は全く無い。
ほぼ山を登りきる手前、道路沿いに石の鳥居が出現。
そこから石段を少し登ると拝殿。海を見晴らす気持ちの良い境内だ。
手水、参拝。
帰りも歩いて帰る。
港まで戻ると12時を過ぎているので久しぶりに外食。帆立貝定食。

写真:
・大島神社参道
・拝殿
・本殿
・大島神社からの眺め

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

県の係留地は初めて知りました。
写真を拝見すると遠くに丘の上のホテルが見えるので、
観光船乗り場のある湾の対岸でしょうか。
今後のため詳しい情報をお教えいただければ嬉しいです。

2009/9/18(金) 午前 7:31 kas**angw 返信する

顔アイコン

観光船乗り場の真反対で小山の下、神明崎にあります。浮見堂の左(西)にあたります。何艇分か空いていました。約7万で33フィートを1年間置けます。便利な場所です。
問題は艇の間隔が小型モーターボートを念頭に作られているので狭いことです。ブイもスターンに左右、打ってあります。水深もOKです。
泊地案内に追加します。

2009/9/18(金) 午前 9:00 [ sa3*07 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事