全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

2011.1.27(木)
折角、フレキシブルカップリングを新調するのだからと前後のカップリングを奇麗に塗装予定。昼ごろまでに錆落しをして午後は塗装。その後、冷却水のチェックを行いことで作業を始める。
午前中1時間を使って水研ぎペーパーで錆を落とし始めたが錆より、前に塗った塗料が落ちない。
忘れてしまったが、多分2液の塗料を塗ったのだろう。
結局、錆落しとマスキングを終了し塗装を開始出来たのは2時過ぎとなる。
2液の塗料は新缶しか無いのでインターナショナルの1液塗料を塗る。
塗ってみるとあまり乗りが良くない。乾いたら銀のスプレーをかけるかな。
塗装後の片付けが終わったのは3時ごろとなり、水の確保やゴミ捨てなどの作業が残っていたので、冷却水チェックは今日は止め。

2011.2.19(土)追記
やり残していたフレキシブルカップリングの交換を完了する。
これでようやっと船を移動できる。

フレシキブルカップリングを締めるナットもワッシャもステン製。

以前着いていたこれ等のナットやボルトを外すのにどれだけ労力を使ったかしれません。
そこでボルトは六角レンチ締め、ナット、ワッシャ類、全てステンレスにしたわけです。



写真:
・カップリングとエンジン側を白塗装
・新品に取替えたフレシキブルカップリング

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事