全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

2012.5.14(月)
神津島港での静かな朝.
夜中の2時ごろから出港する漁船がある。
しかし、スピードを出さないので、ひき波は小さい。
夜中に出港する漁船は久しぶりだ。
神津島では未だ漁業が盛んな様だ。
ただ、7年前よりは船が減っているように思う。
穏やかな日を選んで神津島港に来た。
きのうはうねりがあり、結構な波であたが、
今日は天気も良く静かな神津島の朝だ。
神津島は水が豊富で湧水もある。
早朝、早速、飲料水を3ガロンボトルに詰める。
漁師さんにきのう水の使用を聞いたら、どーぞどーぞの答えであった。

神津島港から、多幸湾、三浦漁港に移動。
私は海からは初めての訪問となる。
これから神津に寄る時は三浦漁港に係留しようと、
状況偵察も兼ねている。
美しい自然に囲まれた、静かな港だ。
一番奥の岸壁に係留出来た。
長いアンカーを打とうとし始めたら、
漁船からここは下にワイヤーが張り巡らせてあるので、
アンカーが引っ掛かる。
あの岸壁に横着けが良いと遠くから教えてくれる。
感謝。
週間予報では早くから言っていたが、
明日、波1.5m後3mと急変する。前は4mと言っていた。
ここなら安心できそうだ。

明日から天気が崩れるので、今日の内にと、
10時のバスで長浜にある神津島のもう一つの重要な神社、
式内社 伊豆國賀茂郡 阿波神社(あわのみことじんじゃ) 名神大に向かう。
島営バスの運転手さんが親切な人で、チョト先の赤崎まで、
連れて行ってくれる。

ここは岩場の上に木で遊歩道を作り、見晴らし良く、
遠くまで島々を望める。夏は岩で囲まれた中で泳げる。
なかなかユニークで快適な施設だ。
自然の岩を壊して無いのが良い。
バスが戻って来て、本来の阿波命神社まで。

阿波命神社。霊地、聖地である。来て良かった。

海岸に沿って作られた自然遊歩道を通って、温泉施設へ。
外には海に開かれた岩の上の展望露天風呂。
だれも人はおらず、一人で楽しむ。
16:30分のバスで艇まで戻る。

運転手さんが多幸湾の名湧水の場所と教えてくれる。
ついでにビールを売っている都のキャンプ施設も。
行ってみると、湧水というより滝の様に水があふれ出ている。
都の名湧水何選と書かれていた。
艇に戻り、1ガロンボトルを持って、先ずビールを仕入れ、
帰りに湧水を詰めて戻る。

写真:
・多幸湾、三浦漁港に舫うECHO POINT
・多幸湾
・多幸湾、三浦漁港に向かい、遠望
・式内社 伊豆國賀茂郡 阿波神社(あわのみことじんじゃ) 名神大。参道
・鳥居額
・参道
・拝殿
・社殿
・解説板
・赤崎の遊び基地
・展望露天風呂
・三浦漁港の前の島

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事