全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

2015.8.12(水)
5時の予報。波浪、濃霧注意報、波3m。
どんよりとした天気。
うねりで船はズット揺れ続けているが、港内は穏やか。5時。

女川から狭い瀬戸を越えて来た島は金華山と言う。
この島全体が霊地。古代から出羽三山、恐山と並び、東奥の三大霊場と言われて、
修験者が修行を積んだ所だ。
また中古から神仏習合時代、弁財天を守護神とし多くの信仰を集め、女人禁制であった。
日本五大弁財天の一つでもある。
伊達政宗始め、各時代の権力者が熱心な擁護者となって栄えた。
明治の神仏分離令により、現在は黄金山神社と言う。

6年ぶりに黄金山神社参拝。
宮司か権禰宜風の人から御朱印拝受

当時は日に何便か金華山行きの定期便船があった。料金往復1800円。
現在は定期便は週一回しかなくなった。
切符売り場で聞くと、何人か集まれば、海上タクシーが出る。往復3000円。これに乗る。

写真:
・黄金山神社拝殿
・黄金山神社本殿
・拝殿に向かう門。神仏混合を思わせる
・金華山は野生の鹿が多くいる。
・金華山の港。かさ上げされ、全体に作り直して、きれいになった。
 ビットが設置されているので、穏やかな海況ならヨットでも寄れる

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事