全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

2018.9.1(木)
7時39分、仁尾庁舎前から観音寺方面行きののバスに乗る。
室本バス停で下車。7時53分。
降りたところで、近くの人に聞くと、丁寧に道を教えてくれる。
山を登りしばらく行くと、高屋神社。参拝。
でも、ここは本来の高屋神社では無い。
説明板:
「祭神は邇々杵命・保食命・咲夜比女命で延喜式の神名帳(平 安時代)に「讃岐国刈田郡高屋神社」とあり、
 延喜式内社讃岐 二十四社の一社である。
 この社は当初稲積山頂にあったのを 一六〇〇年頃に、山の中腹に移し、さらに一七六〇年頃に山麓 に移したが、
 里人はその崇をおそれ、一八三一年に山頂の旧地 に再び本殿を造営した。山の名をとり稲積社とも呼んでいる。」
つまり、山頂に本殿があります。
登りました。途中まで車も通れる道。それが途絶えると石の細い道。
頂上まで上る急な石道はかなりの労力を要す。
休まず、一気に登る。ハードでした。
最後の石段がまた、長い、急。
ようやっと山頂にたどり着いて9時9分。1時間20分ほどで辿りつく。

山頂の境内から眼下に観音寺町と海、山々が見下ろせる。

写真:
・山頂の参道
・拝殿
・拝殿の額
・本殿
・本殿の裏
・境内からの下界の眺め。素晴らしい
・稲積山。頂上とは言っているが途中だろうと思ってました。
 この山のホントの頂上まで登りました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事