全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

2018.6.15(水)
精霊流しというのを私は誤解してました。
故人を偲んで、しめやかに行われるものと思ってました。
完全にお祭りです。
爆竹をメッタヤタラに鳴らします。
町中で爆竹の砕ける音と煙が蔓延してます。
巨大な山車の様な送り船も多数でます。
夜遅くまで続きます。
シートを引いたり、自分用の小型椅子持参で見物客が老若男女多数座ってます。

送り船の先に何々家と家名が大書されている。
町内を練り歩き、最後はフェリー乗り場の横の広場に集積。そこで終了。
後は、行政で処分する。
大きな船は相当な費用を掛けている。
再利用は無し。全て破壊され処分されます。

私は精霊流しと灯篭流しをゴッチャにしてました。

写真:
・家の前で出発準備
・練り歩き
・最終集積所
・小型の船多数

閉じる コメント(1)

顔アイコン

私もさだまさしの精霊流しのドキュメンタリーを見るまでは厳かにしめやかになされるものと思っておりました。

確かに彼の歌に『精霊流しが華やかに始まるのです』という文言が有り不思議に思っておりました。

精霊船も電飾をし爆竹を鳴らしとても華やかなんですね。

2018/8/16(木) 午前 10:17 海 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事