全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

2018.9.16(日)
式内社、沼名前(ぬなくま)神社参拝。

由緒:
沼名前神社(ぬなくまじんじゃ)は、鞆祇園宮(ともぎおんぐう)とも称され、
大綿津見命(おおわたつみのみこと)、須佐之男命(すさのおのみこと)をお祀りしています。

今から千八百数十年前、第十四代仲哀天皇の二年、神功皇后が西国へ御下向の際、
この浦に御寄泊になり、この地に社の無きことを知り、斎場を設け、この浦の海中より涌出た霊石を神璽として、
綿津見命を祀り、海路の安全をお祈りになられたのが、当社の始まりです。

さらに、神功皇后御還幸の折、再びこの浦にお寄りになり、
綿津見神の大前に稜威の高鞆(いづのたかとも:弓を射る時に使った武具の一種)を納め、
お礼をされたところから、この地が鞆と呼ばれるようになりました。

須佐之男命は、鞆祇園宮と称され、元は鞆町内の関町に鎮座していたが、
慶長四年の火災で焼失し、草谷(現在地)に遷座の後、明治九年綿津見神を合祀し、相殿として奉斎されています。
残念ながら、この祇園宮の創建については不詳です。

旧社格は国幣小社。また延喜式内社です。現在は神社本庁所属の別表神社です。

海上安全・漁業繁栄・家内安全・病気平癒・学業成就・安産等のご神徳があります。

文化財:
能舞台

豊臣秀吉遺愛のもので、京都伏見城内にあったが、元和六年伏見城解体の際、
福山城主水野日向守勝成が徳川二代将軍秀忠から拝領、のち万治年中当社に寄進されたもの。
組立式能舞台として日本唯一のもので、昭和二十八年国の重要文化財の指定を受けました。
《構造》一重切妻造、桁行5.45m、梁間5.45m、屋根こけらぶき。

第二鳥居
鳥衾形鳥居と言われ、寛永二年(1625)水野勝重が長男勝貞誕生にあたり、
その息災延命のため寄進したもの。広島県指定重要文化財。

石燈籠
拝殿前左右にあり、慶安四年(1651)水野勝貞が祖父勝成重病と聞き、病気平癒を祈願して奉納したもの。
福山市指定重要文化財。

力石
力石は吉凶を占うことから始まったといわれている。
この力石は江戸〜明治時代、鞆港の仲仕が祭礼の時などに力比べをし奉納したもの。
力石には海上安全の祈願も込められている。
福山市指定重要文化財

以上、神社ホームページより。

神社ホームページ
http://www.tomo-gionsan.com/

写真:
・神社説明板
・拝殿。拝殿の構造体はコンクリート
・拝殿内部
・本殿。本殿は木造
・本殿と拝殿の接続部分
・本殿屋根

・神社内に建つ重文、能舞台説明
・重文、能舞台

・御朱印拝受

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事