過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

2017.5.26(金)
三輪崎や那智での古くからのヨット乗り、サンタマリア号さんが、
一度、是非連れて行きたいお寺があると言っていた。
今日、昼過ぎ電話があり、そのお寺に行ってみませんかとお誘い。行きますと即答。

車で那智から小一時間、串本の背後、重畳(かさねやま)の頂上に鎮座する神王寺。
直ぐ傍まで、車でいける。
広く開発された公園で車を降り、歩いて薄暗い山道を登る。
弘法大師空海開基と伝えられている。参拝。

石仏が道沿いに並ぶ。
帰り道で読んだ説明板には88個所霊場にちなみ88体あるが、番外も含め約100体あるそうだ。
石仏を納めた寺の名前と何番と掘り込んだ文字が見える。寺名のものだけでは無く、個人名の物もあった。
比較的新しい(昭和は初め頃か)石仏と見た。

山の頂上なので串本や大島、広い海を望む展望は素晴らしい。

神王寺の過ぎて暗く細い道を少し行くと、赤い鳥居、右手に長い階段。
その上に「重畳(かさねやま)神社」
参拝。

本殿拝殿は別れていない。比較的新しい。

和歌山県神社庁の説明に寄れば、
「創立年代不詳なるも紀伊国にては古き社にて、本国神明帳所載牟婁郡地祇従四位上瀧姫神は当社のことである。
伝説によれば、空海は高野山創開前弘仁元(810)年ここに真言密教の大道場を創開せんと思いしも、規模が余りに小さきため高野山に移ったという。
文安年間(1444―1448)神職峰山心海蘇原光臣は修行勧進社殿造営し中興した。
『紀伊続風土記』の古詞の条に「瀧姫神社」、又古田の条に「重山権現社」と称し氏子のいい伝で飛瀧権現ともいう。
明治6年、村社となる。
従来、重畳山神社と称していたが、重山神社と改称した。
三軒社には阿弥陀・薬師・観音を祀る。
この神社は前方に大島又太平洋を望み、展望のよい所で晴天の日の景色がすばらしくよい。
神ノ川から登る自動車道路もあり、交通事情は次第によくなりつつある。
参拝にゆくには古座駅下車し、タクシーにのり自動車駐車場下車。
途中の地蔵さんを拝しながらお寺へ、ついで神社へ、あと忠魂碑のある展望所へとゆく。
神社の鳥居、社殿は平成3年再建改装を行った。
ただ、各区役員が参列して祭典を行っているが、地区の一般住民は知らない人が多いようである。
それを克服して地区住民も一緒に出来る祭にしたいのだが(……なかなか難しい問題である)。
近頃、維持財団法人前田耕作理事長さんが神社や寺を修理したり、広報紙を1年1回発行して頂いているのはうれしいことである。
『日本地名大辞典』に重山神社のことについて記しており、標高301.8mの重畳山(重山)の山腹に所在する。
宝暦3年の「伊串村目安覚」によれば「室町期の文安年間に心海と称する僧が創建し、阿弥陀・薬師・観音の三尊を御正体として祀り、伊串村の氏神とした」という(『伊串区有文書』)。
『紀伊国神名帳』牟婁郡条に「従四位上滝姫神」と見え(続群3上)、『続風土記』はそれを当社のこととする。
近隣の古田・神野川・姫・姫川の地名は、すべて当社にかかわるものだといわれている。
山麓に御供田があり、古くから村中の尾崎吉蔵なる者が耕作し、祭礼の神供に用いた(『東牟婁郡誌』)。
この御供田には「かまずの稲田」の伝説が付会されるなど、周辺には空海にまつわる伝承が多い。
付近の神王寺(高野山真言宗)も弘法大師の開創で、本尊は空海作の阿弥陀・薬師・観音だといわれる(『熊野巡賢記』/『紀南郷土叢書8』)。
近世には、滝姫神と熊野三所権現を祀り、「古田・古座・西向・神野川・伊串の五ケ村の産土神」とある(『続風土記』)。
また、重山神社の歴史は古く宝亀10(779)年ごろの創建と伝え、祭神は滝姫神という。
中根七郎著の『古座史談』によれば「滝姫神とは筑前に祀る宗像三神にて、多岐都比売命を主神とする」とある。」

写真:
・神社名表記碑
・本殿拝殿
・神王寺名
・神王寺

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

2017.5.26(金)
夜中中、本降りの雨。
少し小雨になったが、朝ハッチを開けるとまだ降り続いている。
しょうがなく艇内で歯磨き。
朝食準備にとりかかりつつあり、お茶を飲んでます。5時20分。

新しい料理に挑戦しました。
「小魚のピクルス」
港にいると、鯵が大漁の時、少しでも金になれば良いと、
小さい鯵を極めて廉価に販売することが良くある。
そんな際にピッタリで且つ美味そう、いつかは作りたいと思っていた料理だ。
作ってみて、これは行けます。絶品です。

材料:
アジ(小型のもの)、にんにく、パセリ、レモン、クミン(種ホール)、塩、オリーブ。
(クミンのホールは手元に無くても、殆どの大型スーパーにあります)

詳しくは「丸元淑生のシンプル料理」参照。

昼ごはんを食べ終わった頃、サンタマリア号さんから電話。
前から聞いていたサンタマリアさんが是非連れて行きたいといっていたお寺に行きませんか、
とのお誘い。
是非行きたいと、返事。
2時半に車で向かえに来てくれる。
場所は那智から1時間弱。串本の山の上にある神王寺。
木々に覆われ暗い山道には100体の石の仏像が安置されている。
遠くに目をやると青い海と串本、大島が眼下に広がる。

帰りは、いつも海の温泉に行っているので、今日は川の温泉に行きましょうと、
古座川沿いの温浴施設「月の瀬温泉」へ連れて行ってくれる。
ウイークデイの17時過ぎで、貸切状態であった。

帰り道、A-COOPに寄ってもらう。
サンタマリア号さん、有難うございました。

写真:
・内臓、エラを取り、頭と小骨のある薄皮をとります
・熱湯に4分漬け、骨その他をとり除き、身のみ取り分けます
・材料のパセリ、クミンホール、ニンニク、映って無いがレモンとオリーブオイルが必要
・出来上がったところ。美味そーでしょう
 ホントはクミンホールとニンニクはすり潰すのですが、容器が無いので包丁でミジンギリにしました
・古座川上流の一枚岩。岩というより岩の崖、岩山です
・艇に戻り、19:23の西の空

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事