過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

丹倉神社参拝

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

2018.4.15(月)
丹倉神社(あかくらじんじゃ)参拝

大丹倉(おおにぐら)に向かう崖に沿った細い山道の途中にある。
大丹倉と表丹倉に行ってみた後、帰りに丹倉神社に参拝することとする。

穴山関所跡を過ぎ、大丹倉(おおにぐら)に到着。
その上に立つ。
その後エンエンと表丹倉(おもてにぐら)を目指し、
到着後、再度、表丹倉(おもてにぐら)へ戻る。

駐車場で車に乗り、かって来た道を降り、場所は確認してあった、
左手、崖下へと急な石段を下りる。

拝殿も、本殿もない。
巨石が神。
最も原始的な神。

巨石の前に手水があり、湧き水が滔々と流れ落ちている。手水を使う。
巨石の前で参拝。

急な石段を今度は登る。道に出て車に戻る。

WEBの「み熊野ネット」よりーーーーーーー
丹倉神社(あかぐらじんじゃ)  三重県熊野市育生町赤倉

磐座が御神体の社殿のない神社
赤倉林道を大丹倉に向かう途中にある丹倉神社。
道路沿いに鳥居があり、道下に丹倉神社へ下る石段があります。
林道ができる前は神社の下に街道があったそうです。

巨岩を御神体とする丹倉神社は、やはり巨岩を御神体とする
神内神社や神倉神社、花の窟神社、また滝を御神体とする那智の飛瀧神社などとともに
かつての熊野の自然崇拝の姿を今日まで伝えています。


写真:
・神社標識
・岩が神体
・手水。湧き水

開く コメント(0)

厳島神社参拝

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

2018.4.15(月)
厳島神社参拝。

新宮から熊野川を渡り、三重県に入り、川に沿って上流へ。
何度か、橋を渡り、和歌山県、三重県、奈良県を通る。
途中から熊野川の支流北山川の左(西)岸に沿って上流に進む。
目指すは九重の厳島神社(くじゅうのいつくしまじんじゃ)
途中から川を離れ、山に向かって細い道をのぼる。
DENVERさんは以前、行ったことがある。
ぐるぐる細い道を進む。
道の行き止まりあたりに巨木郡。

小さな鳥居が見える。
昼頃、九重の厳島神社(くじゅうのいつくしまじんじゃ)に到着。
和歌山県新宮市熊野川町九重1104

この近辺は九重(くじゅう)地区。
平家の落人伝説の場所。

細い石の急階段の参道を登り、拝殿。拝殿本殿の区別は無い。参拝。
拝殿の中を見ると、本殿が安置されている。
拝殿は本殿を囲む建築物と解る。
本殿はきれいで、あまり古いものには見えない。
写真で上手く本殿を撮影することが出来た。

拝殿の裏に廻ると一面の巨石の崖。

山の上にのぼって来たので下に北山川を見下ろす。
神社の周辺、背後には巨木が多い。
説明看板によれば、
胸高周囲5mのタブの木もあり、和歌山県内でも有数の巨木郡の地とある。

DENVERさんの話では北山川を挟んだ対岸の紀和町百夜月地区に元はこの厳島神社があったとのこと。
ただ、それは何百年も前の話のようだ。

さらに北山川に戻り、川に沿って上流を目指す。

写真:
・厳島神社額
・参道
・参道
・拝殿
・拝殿
・拝殿の中に鎮座する本殿
・拝殿裏の石の壁
・同じく
・村社の碑
・神木
・神木看板

・かって厳島神社があった熊野川対岸の紀和町百夜月地区
・その右手に旧厳島神社が鎮座

開く コメント(0)

やっと穏やかな晴天

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

2018.4.16(月)
ようやっと穏やか晴天。久しぶりの感じだ。
朝食準備中7時。
おみおつけ、サラダは出来上がり、ご飯も今、炊けたところ。
オカズに着手。

DENVERさんが来てくれ、10時頃スタート。
和歌山県、三重県、奈良県を行ったり来たり、して私の興味ある所へ連れて行ってくれる。

弁慶産屋の楠:
弁慶と言えば田辺と思っていたら、
新宮から熊野川を渡り、三重県側の川沿いに「弁慶産屋の楠」と呼ばれる場所がある。
弁慶が生まれた所との言い伝えがある。

WEBの「み熊野ネット」よりーーーーー

弁慶が生まれたとされる屋敷の庭には大きな楠が生えていました。
その楠は「弁慶産屋の楠」と呼ばれていましたが、1795年(寛政7年)に焼失してしまい、
その後、1854年(嘉永7年)にその跡地に石碑が建てられ、弁慶生誕の伝説を伝えてきました。

『紀伊続風土記』の鮒田村の項には以下のように記されています(現代語訳てつ)。

○産屋楠
村端の川辺にある。高さ13間、周囲9尋。土地の人は弁慶産屋の柱と呼び、
弁慶がこの地で生い立ったという。
その大樹の大きな洞になっていた。
洞の中での火が原因で、枯れたという。惜しむべきことあやだ。寛政7年のことだとか。

平忠度生誕の地:
時は頼朝、義仲の挙兵、源平合戦の最中である。
平氏の薩摩守忠度(ただのり)は都落ちするその日、定家の父藤原俊成(しゅんぜい)を尋ねて
一門の運早や尽き候いぬ。ついては生涯の面目、1首でもとれるものならとっていただきたいと、
「千載集」の選者である俊成に願った。
ために、この一巻を持参したと捧げて今はこれまでと落ちて行った。
忠度の歌は世鎮まってのちその集に入れらている。勅勘の身だから読人しらずとなっている。

さざ波や 志賀の都はあれにしを 昔ながらの山桜かな
 
さざなみは志賀の枕詞、志賀の都は天智弘文二帝の都の跡、
ながらの山は比叡山の南の一峰、これに昔ながらをかけた。今に残る(夏彦より)

この、有名な忠度の生誕の地との表示あり。
WEBの「み熊野ネット」よりーーーーー

和歌山県新宮市熊野川町宮井の音川という地が
薩摩守 平忠度(さつまのかみ たいらのただのり:?〜1184)の生誕の地だと伝えられています。

平忠度は、平忠盛の六男。清盛の異母弟。
「熊野育ちの大力の早業」と称され、武芸に優れ、また歌道にも優れた武将でした。おK

国道168号沿いに「薩摩守 平忠度 生誕の地」の看板があり、
そのすぐ近く、少し石段を上がった所に石碑が建てられています。

昼も過ぎたので食事。

大丹倉(おおにぐら):
石の巨大岸壁がそびえるのを対岸から眺められる。神域を感じさせる。
この巨大岸壁の上まで是非いきたくなり、車で向かう。
小さな駐車場が車で行ける終点。
歩いて5分ほどで大丹倉の上に立つ。
高倉剣(たかくらつるぎ)大明神参拝。

WEBの「み熊野ネット」よりーーーーー
修験の行場であった大絶壁
和歌山県北山村から三重県御浜町に抜ける県道52号(御浜北山線)を車で北山村から大丹倉に向かいます。
県道52号にある大丹倉撮影ポイントから大丹倉を望む。

大丹倉(熊野市指定文化財 天然記念物)
 
前方の大絶壁が大丹倉である。岩壁の高さは約300mで、流紋岩でできている。
岩肌が赤く見えるのは、岩に含まれる鉄分が風化によって酸化したためである。
「丹」という字は「赤い色」という意味があり、「倉」という字は断崖絶壁の山を表す。
ここからこの名が付いたといわれている。
 
標高488mの頂上からの展望は素晴らしく、頂上の絶景ポインまで徒歩5分のところに駐車場がある。

大丹倉と修験道
 この地方は古代から修験道が盛んであった。
修験道は、山岳地帯で厳しい修行を行って霊験を得ることなどを目的にしている。
熊野の峻険な山地は、修行の場に適し、大丹倉の中腹には行をしたという10畳以上の石畳がある。
 頂上に、高倉剣(たかくらつるぎ)大明神が祀られている。
苔むした自然石が御神体で、その下に河内の国から来た行者が残していったという剣が納められている。
また、天狗様と呼ばれ、修験者で鍛冶でもあった近藤兵衛という武士の屋敷跡(天狗鍛冶跡)も残っている。

 52号線を育生町赤倉まで進み、そこから赤倉林道に入ります。
倉林道に入ってからは、穴山関所跡や丹倉神社を経て約10分で林道終点へ。
終点には広い駐車スペースがあります。

穴山関所跡:
大丹倉行く道の途中に看板があり、車を降りると穴山関所跡とある。
看板だけなので、気付かない。
道の左は崖、右は遙か上まで石の壁。
なるほど、横には逃げられないので、ここを関所にすれば、
通行を全て監視できる。
こんな所に関所を築いたことで、この細い道が重要な街道であったことが解る。
「ここは、木ノ本より一之水峠を越え、赤倉、丹倉を経て本宮に通ずる主要街道」とあり、
この細い道が古来の重要な街道だったのだ。

WEBの「み熊野ネット」よりーーーーー
『紀伊続風土記』赤倉村の項に
「関所、屋敷跡、丹倉より東六町余、往還筋に穴山と云う切所の石壁あり、
 昔此所に関所を置きしと云い伝ふ」とある。ここは、木ノ本より一之水峠を越え、
 赤倉、丹倉を経て本宮に通ずる主要街道であり、付近には寺の川の心名があることや、丹倉神社もあることなどから、
 関所を設けたものであろう。
 設置年代は不明であるが、中世この付近一帯は西山郷 に属し、
 竹原氏が支配していたことから、竹原氏が設置したものと考えられる。
 高さ三〇メートルの垂直の岩場であり、また、付近の山中に、三日月型の屋敷が残っている。
 記録に残る数少ない関所として威儀がある。

  指定 昭和四十四年七月十七日  熊野市教育委員会

表丹倉(おもてにぐら):
大変だった。トンダ間違いだった。危険だった。
私とDENVERさんは大丹倉の上に立った後、この「表丹倉」を目指す。
本宮へ抜ける街道だと思い込んでしまたたのだ。
登りの細い道を辿り、道無き道をよじ登ったり、
ようやっと、再度尾根道を発見し、進む。
さらにさらに進むと急な絶壁に沿った道も無い道を崖に這う木の根につかまって進む。
さらに危険なところには虎ロープが張ってありつかまり進む。
よおやっと、ようやっと行き止まりとなる。
ここ、表丹倉は街道の途中などでは無く、前方も右手も左手も垂直の巨岩の先端であった。危険!
歩き始めて、1時間ぐらかかった。
全く、山登りの人の道であった。
二人して、慎重に戻る。

大丹倉まで戻り、車で来た道を辿る
丹倉神社に参拝し、今日の散策を終了。

新宮まで戻り、食材仕入れでイオンに寄ってもらう。
港に戻ったのは、19時頃。

DENVERさんありがとうございました。



写真:
・今日の朝食

・熊野川を渡った紀宝町のある弁慶産屋の楠跡
・看板
・碑
・説明板

・平忠度生誕の地、看板
・碑
・説明碑

・大丹倉
・大丹倉看板
・大丹倉にある看板
・大丹倉にある近藤兵衛を祀った「高倉剱大明神」

・穴山関所跡
・穴山関所跡説明板

・表丹倉指示
・表丹倉に到着、石の岸壁から下界を見渡す

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事