過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

2018.9.12(水)
阿奈浪(あなは)神社は大山祇神社内にもあるが、
観光案内パンフで紹介されているのは、
艇を留めた桟橋から見る、港の先端だ。
地図に神社名が乗っている。

遥か遠方に小屋の様なものが見えるが神社ではない。
海岸に沿って先端に向かって歩く。
と、これより先、侵入禁止とあり、バリケートの様に、塞がれている。
丁度、漁から帰ってきた漁師さんに、この先に神社がありますかと聞くとあるとの答え。
塞がれていますが、行けますか。
行けるよ。
蛇なんかいませんかね。
それは解らないけど、との答え。
何しろ、大山祇神社内では毒蛇に注意!絶対に森、林の中に入らないでください。
との看板が幾つも設置されていたのだ。

何しろ行ってみることにする。
道は草ぼうぼうで怖いので、岸壁の狭いヘリを歩いて進む。
灯篭のあるところは灯篭につかまってスリ抜ける。

小屋らしき所まで到達。
小屋の左側、山側に阿奈浪(あなは)神社発見。
山崩れなのか建築物の崩れた材が山になっている。
拝殿が崩壊したのか。
もともと本殿しかないのか、不明。
なにしろ、残骸の山となっている。

本殿は崩れずに建材。
近づけ無い様に閉ざされている。
お参り用の小さな祠が設置されていた。

本殿と思われる社殿に参拝。

参拝する直ぐ横に拝所の様な小屋が建っている。
中に巨大から、やや小さなものまで、男根が多数置かれている。
小雨で薄暗いせいもあるが、陽気な感じがない。
手作りに見える。大願成就と書かれていたりする。
大願成就したお礼なのか、お願いなのか。
見ただけで失礼する。

慎重に絶壁の上を歩いて戻る。

写真:
・阿奈浪(あなは)神社
・桟橋より岬の先にある小屋を見る。この小屋の裏側に神社あり。

開く コメント(0)

大山祇神社参拝

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

2018.9.12(水)
神社参拝は朝が望ましい。
宝物館の開館も考慮して10時に大山祇神社への向かう。
神社名は大山祇神社。祀られている神は大山積神。
どちらも呼び名、読み方は「おおやまづみ」。
おおやまづみじんじゃ。おおやまづみのかみ。

大三島に来たら、是非、大山祇神社へお参りすることをお勧めします。
さらに、絶対、宝物館に行ってください。
刀剣と鎧の日本一の収容館です。
国宝、重要文化財が目白押し。
義経の収めた鎧、頼朝が納めた鎧を見ることが出来ます。
両者とも国宝です。
国宝、重文の大太刀も一見の価値あり。

写真:
・神社名碑
・拝殿
・本殿。左は拝殿
・本殿裏側

・参道
・参道を入ってすぐ、斎田。田植えをして稲を育てている
・総門
・能因法師雨乞いの楠。説明板。日本最古(樹齢3千年)とある。
・その楠
・神木説明
・神木
・御朱印拝受

・宝物館
・頼朝奉納鎧 国法
・義経奉納鎧 国法

開く コメント(0)

今日は雨

イメージ 1

イメージ 2

2018.9.12(水)
昼過ぎから雨の予報だったが、
デッキで朝食を食べている最中に雨。7時半。
その後、弱いが雨、時々止むといった状態。

大三島と言えば、大山祇神社。
午前中に参拝。続いて宝物館も。
今回は神社も宝物館も詳しく見る。

午後は観光案内に紹介され、地図にも載ってている阿奈浪(あなは)神社を探しに行く。

写真:
・小雨に煙る大三島、桟橋に1艇のみ舫うECHO POINT
・大山祇神社の横の道の駅で地元の食材が買えます。大三島の緑のレモン、200円。美味そうでしょう。

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事