さばひーのかんづめ。 - the blog -

旅行記を書いていたブログが閉鎖になりそうなので、ヤフーに引っ越し中。。。

全体表示

[ リスト ]

今年1月、第三回目となるインドdeヨガ修行に行ってきました。

通常は日曜日から次の日曜日までの一週間、滞在するのですが、チケットが高いという事で、一日前の土曜日帰着となりました。

なんだろ?
1月31日にシンガポールへ行く需要が伸びるようなイベントでもあったのかな??

前回行ったのは14年9月なので、1年4ヶ月ぶりの訪印となります。
本当は10月に予定されていた、メディテーション・ワークショップに参加したかったのだけれど、人数が集まらずマスターが引率できるだけの収益が上がらないからか、キャンセルに。

その前、6月のティーチャー・トレーニングの卒業旅行に誘われていたんだけれど、6月は暑くて蚊が多いと聞いていたので行かなかった。
ちなみに、行かなくて良かった。。。
6月の旅行は参加者の九割が下痢・腹痛の症状を訴えたそう…(インド人のマスターでさえ…)。
内一人は点滴で過ごし、もう一人は「こんなとこ無理!」となって(聞くところによると、彼女はティーチング・テストにナーバスになっていて、全然準備が出来ていなくてリタイアしたそうです)帰国(帰星、シンガポールに帰っちゃった…)。

それはそれは、過酷な(というか、ふつーの)インド旅行となった模様。

満を持して、私が初めてカイバリダヤムを訪れた1月に再訪したわけです。

「今回は行くよ」ってちゃんとマスターに伝えてあったのに、…さすがインド人。
なかなか連絡がこないなー、フライトはどれになるのかなー、なんて思っていたところ…

マ「あれ、ミホ、インド行くって言ってたよね?」
「…い、言ってましたが…
マ「じゃあ、チケット取って。もう他のみんなのは取っちゃったよ」

…このインド人めが〜

危うく、忘れ去られるところでした…。

そんなこんなでみんなより$60ほど高いチケットを買ったのですが、ヨガ・インスティチュート滞在費をその分負けてもらったのでトントンです

チケットを確保したら、次に必要なのは…ビザ。

この、世界のほぼどんな国に行くのもビザ無し(もしくはVOA)でOKな日本人に、事前申請ビザを要求するとは…

しかもこのビザ申請、大使館に行かなくても良いものの、指定された出先機関にパスポートを一週間程預けなくちゃ行けません。
預けに行って、申請して、一週間後にビザシールを張ってもらったらパスポートを取りに行く…と、大変手間でした。

ところが!

どうやら今はネットで全部済ませられるようになったのです〜

ビザ申請の記入事項は、今まで通りインドのビザ申請サイトで行います。

ここで、e-TOURIST VISA (eTV)というヤツを選んで、今まで通り必要事項を記入。
(これ、凄いよ。両親の名前、生まれた場所とか必要なの。自分のだけじゃないですよ!!)

で、申請が終わったら支払いへ進んで、クレジットカードで決済。
US$25らしいのですが、シンガポールドルに直したらSG$35.35取られていた。
ちなみに、前回は出先機関へSG$38.05払ってます。レートが良くなったのかな♪

あとはメールで決済完了通知が届くので、それをプリントアウトしてインドのイミグレーションにもって行けば良い。

インド人のやる事なので、イミグレでちゃんと認可されるかドキドキでしたが、ムンバイの新しい空港にはe-Visa用のゲートがあって、そちらに行ったら比較的スムーズに進んだ。
ここで指紋取られます。指が乾いていると、なかなか認識してくれません。

思いのほか、酷い目に遭わなかったな。。。
インドではきっと何か(理不尽な事が)起こる、と覚悟しています…。



2018年追記:
2017年あたりから、日本人はVISA不要となった模様。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事