さばひーのかんづめ。 - the blog -

旅行記を書いていたブログが閉鎖になりそうなので、ヤフーに引っ越し中。。。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全229ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ずっとシパダンに行きたかったんだけど、危険だなんだということで、10年以上行けてない。

待ってもムダだ。

痺れを切らして、シパダン申し込んでみたんだけど、入島制限があったりボートのキャパがあったりで、結局行けませんでした。

と、いうことで、今回は諦めてマブールとカパライに行ってきました。

お魚写真や旅行の詳細は追ってまたアップします。
(iPadにSDカードから画像が取り込めなくなった…

取り急ぎ、ダイビングログのみアップします。。。

イメージ 6

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

アシュタンガヨガティーチャートレーニングを申し込んだのは、前年の10月。
そしてそれまでアシュタンガヨガというものを、まるっきりやった事がありませんでした。

イメージ 1
トレーニングも、プライマリー(初級)だけをとるか、インターミディエート(中級)も合わせてとるか、結構迷いました。

ケン先生にメールで相談したところ、アシュタンガ初めてでもインターミディエートまで取っても大丈夫ですよ、とのお返事をいただきました。

と、言うことで、三日間で初級・中級を取ることに
いや〜、厳しかった

やな予感がしたので、11月からアシュタンガの練習をし始めました。アシュタンガヨガを教えるスタジオに数回チケットで通い、プラス自宅でアシュタンガヨガの創始者パタビジョイス先生の動画をYouTubeで流しながらフォロー。

初めはプライマリーの半分、ハーフプライマリーまでしかできなかったのですが、2月までにはフルプライマリーできるまでスタミナをつけました

これ(自主練)、やってて良かったです。

イメージ 2
プライマリーだけだと、午後四時にはクラス終了になるのですが、インターミディエートまでやる人はその後さらにクラスが続きます。

朝6時くらいにアーサナのクラスから始まって、瞑想のクラス、ランチを挟んでアジャストメントのクラス、インターミディエートを取っている人は続けてインターミディエート・アーサナの練習とアジャストメント、サポートのクラス。終わるのは夕方6時とか。

お昼は長めに取ってくれてて、食後体をゆっくりする時間はあるのですが、それでも半日ヨガをし続けるわけです。

かなりスタミナつけていないと、最後までもちません
毎日クタクタになりながらホテルに帰っていました。

ケン先生も、程よい緊張を保ってクラスを進めてくれます。
「明日までにサンスクリットで1から9まで数えながら、太陽礼拝Aを通してやれるように〜」とか。
その日はホテルに帰って、パタビジョイス先生のYouTubeを消音にして見ながら、ひたすら自分でサンサルAを暗唱する、とかやっていました(結局翌日、通しで暗唱する、とかなかったんだけどね。。。でもきっちり覚えましたよ、はい。)

イメージ 3
二日目のランチは日本人の参加者とケン先生とで、ベジタリアンレストランへ行きました。
紫色のライスとサラダ、色はびっくりするけど美味しかった。

朝のアーサナでフルプライマリーをペア組んでやったのですが、その後でケン先生が「折角の縁なので、今日ペアを組んでリードをした人はペアの人をランチに誘って…」と、ここで凡人は「リードしてもらった人はリードしてくれた人にランチをおごってあげて」と思ってしまうと思います。
ところがケン先生、「リードした人がおごってあげるように〜」って

いやいや、リードするのって結構大変なんですよ。
フツーは教えてもらった人が教えてくれた人に奢るってもんでしょう、と笑っていたら

イメージ 4
にゃにゃにゃんと
ケン先生、先にレストラン出て全員分支払ってくれていた

なんかすごい、懐が深いというか、有言実行というか、もう頭が上がりません。こちらが教えてもらっている立場なのに。。。

(そして最終日、ケン先生は海外から参加したメンバーとランチに行ったのですが、たまたま日本人グループも同じレストランにいたので、結局ケン先生が全員分払って下さったのです

あっという間の三日間でしたが、とても楽しかったです

実は同じ内容のティーチャートレーニングの場合、リテイクは無料なのです(朝のアーサナは有料)。
もちろん、三日間だけで全て吸収できるわけもないので、このシステムは素晴らしい。
タイミングが合えば、ブラッシュアップする場が与えられているのです。

という事で、同じ年の五月に日本に帰省した時、表参道のスタジオでリテイク参加してきました〜
チェンマイで知り合ったメンバーが数名参加していて、再会を果たしたのです
また機会があったらリテイクで知識を深めたいと思います

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

チェンマイへ行くのは2013年以来4年ぶり。
今回はケンハラクマ先生によるアシュタンガヨガティーチャートレーニングを受けに来たのでした

ケン先生は日本にヨガを伝えた第一人者。
実は私はアシュタンガヨガには興味なかったのですが、昨年9月に里帰りした時にたまたまケン先生が実家近くのスタジオでワークショップを行っていて、参加してみたのです。

ハタヨガや瞑想についても学べて、とても教え方がうまいというか、気付きを与えてくれる先生でした。
そこで今回、シンガポール在住なら日本に習いに行くよりチェンマイに飛んだ方が近かろう安かろう、と思ったわけです。

トレーニングは2/17-19の三日間。
17日は朝からなので、前日16日のお昼に会社を早退。
それから移動して夕方にはチェンマイに入りました。

空港から旧市街へはタクシーで150バーツほど。
不思議なのは、出発ゲート側の出口にタクシー乗り場があるんだよね。。。
到着ゲート側には小さいタクシーの乗り場は無くて、乗り合いの小型バンの乗り場だけでした。。。
ということで、到着ゲートから出発ゲートに移動して、タクシーに乗りました。

イメージ 1

ターペー門。

前回の訪問では、ここで年越しの花火を見あげていました。
夜だったから、ぜんぜん風景が違う(ってゆーか、記憶にあるターペー門の感じじゃないwww)。

今回、ホテルはターペー門の真ん前のIMMホテルという所にしました。
研修のある場所から歩いて5分程、という事で選びました。
旧市街地のど真ん中で、とっても便利。

イメージ 2

明日の朝慌てるとイヤなので、会場の確認。
初めはヨガスタジオでやる予定が、参加者多数の為広い会場に移動となりました。
ターペー門を通り抜けて歩く事5分、AUAという語学学校の講堂です。

すごい、ホテルからまっすぐ歩いて、ついた。
やっぱりIMMホテルにして良かったわー。

チェンマイ滞在は五日間。
フリーWiFiがどこでもあるとは聞いていたけど、ネットにつなぐ為にどこかの店に入らないといけないもの面倒。しかも、道案内をGoogle先生にしてもらいたいとも思ってる。

ちょっと考えて、結局セブンイレブンで7日間有効のSIMカードを購入。
299バーツだったかな。
IDが必要で、パスポートを取りにホテルに戻りました。
で、SIMの設定は店員さんがやってくれるのでらくちん。
100バーツ分の通話も出来るそうです。
これで迷っても安心?

イメージ 3

タイに来たのだから、やっぱりタイカレーですな。
初日は豆腐のイエローカレーにしました。
うん、美味しい。

堀沿いの道を結構歩いたんだけれど、やっぱり人が多く入っている店は外れない気がする。
回転も良いし、店員も観光客に慣れているし。

イメージ 4
イメージ 5
で、私の癖なのですが…。

海外にいると、つい食べ過ぎちゃうのです。

「次、いつ食べられるかわからない、今のうちに食べておけ!」って身体が言うから…

なんだか二人で食べているような写真が撮れてしまった

げふー

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

一晩明けて、今日はあやぽんと勝尾寺へやってきました
同じ密教とはいえ、比叡山は天台宗、勝尾寺は高野山真言宗でございます

なぜか?
というと、勝尾寺にはお世話になった方が眠っているからなんですね〜。
毎回関西に来る時には、お墓参りに来ているのです。

イメージ 2
あやぽんは知らない人なんですが、大阪に住んでいるとはいえ彼女の地元ではありません。
まだまだ知らない場所、行った事の無いエリアがあるので、この機会に一緒にお参りに行く事にしたのです。

(だって、縁も無く単にだるま寺で有名な勝尾寺に行くとなると、「拝観料」が取られる。でもこれが「お墓参り」だと、取られないのです…。)

この日もちょっと雨模様でしたが、勝尾寺につく頃には雨脚も弱くなって、傘無しで歩く事ができました。

イメージ 3
お花に水滴が光って、とても瑞々しくてきれいでした

さて、私はいつも、ここでだるまの鈴のお守りを買って財布につけています。
お守りの「賞味期限」は一年なので、大体お墓参りに行く毎に新しいものを買って行きます。

でも、今回はお財布のだるまさん、まだまだピカピカしているし、キレイ。
そもそも財布につけているのは、スリにあった時に音でわかるように、なので、鈴の機能は一年じゃ悪くなるなんてことありません。

 今回は別に新しいだるまさん買って行かなくてもいいかなぁ〜…

なんて思って、ふとお財布を出して確認してみると…

イメージ 4


…切れてる…



…鈴の紐が、ブチッと切れている…

ごめんなさいごめんなさいごめんなさいぃ〜!!

ありがたくご利益の更新をさせていただきます

イメージ 5

だるまさん、今年もよろしくね

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

お昼、バスセンターを降りてすぐの休憩所で、友達のあやぽんと待ち合わせ。
彼女は数年前までシンガポールに住んでいて、今は旦那と一緒に大阪に移り住んでいる人です。
大阪に一泊する予定だったので、彼女達のお家に泊めてもらう事にしました♪

まだ比叡山に来た事が無いという事で、午後から一緒に観光する事に〜

イメージ 1

音楽関係のお仕事をしている彼女、「音」には敏感です。
私は全然知らなかったのだけれど、ここ比叡山には「水琴窟」というモノがあるそう。

水琴窟(すいきんくつ)は、日本庭園の装飾の一つで、手水鉢の近くの地中に作りだした空洞の中に水滴を落下させ、その際に発せられる音を反響させる仕掛けで、手水鉢の排水を処理する機能をもつ。水琴窟という名称の由来は不明である。
出典:Wikipedia


阿弥陀堂の前の庭に、矢印がついている部分がありました。
どうやらそこから音がきこえるようです。

二カ所あって、それぞれ音も違う。
それに、立つ位置によっても聞こえ方が違います。

霧雨の中耳を澄ませていたら、澄んだ水琴の音が聞こえてきました…

イメージ 2

やはり比叡山は広いので、移動はバスが便利です。
周遊券を買うと乗り降り自由で移動できるし、移動時間も短縮できます。
五時には最終バスが出てしまうので気をつけないといけませんが、午後だけで東塔、西塔、横川を回る事が出来ました〜

研修はしばらく行きたくないけど、比叡山のお堂を巡るのはまた行きたいです

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全229ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事