さばひーのかんづめ。 - the blog -

旅行記を書いていたブログが閉鎖になりそうなので、ヤフーに引っ越し中。。。

ciguatera talk

[ リスト | 詳細 ]

http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/cc/4a/sa_ba_hi/folder/168797/img_168797_31478749_22?20060411184352.gif
ダイビング&オサカナ関係のブログ♪
記事検索
検索
2015/08/07

いや〜、丸1年ぶりのダイビングでしたょ〜。
やっぱりダイビングっていいねぇ〜♡

イメージ 1

NIKONでとうとう30m防水が出たので、オリンパスを卒業しました。
初ニコンです!!
友達のCANONのハウジング付きと比べると、この小ささ!!
ま、これにライトをセットしようとしたらちょっとは高さが出るかもしれないけど、それでも凄いスッキリ度。ますます水中撮影が身近になりますね〜♡

636: Agus / Cebu, Philippines
イメージ 2
Visibility: 10m
Bottom Temp: 28℃

NIKON初おろし♡
リュウグウウミウシ
ハナクマノミ
オニオコゼ(イソギンチャクに埋まる)
ゴンベ
イシヨウジ うようよ
オドリハゼ?
ヘコアユ

手始めにエントリーしてすぐに見つけたウミウシくんでテスト撮影。
始めに設定しておいた水中マクロモードだと、なぜかピントが合わない。
あれは動いているお魚用なのかなぁ?
結局、手動でマクロにして撮影。
あおかぶりするのでフラッシュを使用したら、やっと色が出てきた。
でも、フラッシュ使うとなんだか似たり寄ったりな絵になっちゃう気がする。

637: Hadosan / Cebu, Philippines
イメージ 3
Visibility: 10m
Bottom Temp: 29℃

アンナウミウシ (クロモドリス・アンナエ)
オランウータンクラブ
ハマクマノミ
ゴンズイ むれむれ
クマノミ

新しいカメラにも段々慣れてきて、ちょっと被写体によって見ました。
このアンナちゃんの写真はトリミングしていますが、元々大きなサイズで撮影しているので、ズームしても荒くなりません♪


2015/08/08

イメージ 4

こちらがマグレで撮れた、キセキの一枚でございます♡

右側のニチリン、もう少し寄ってくれたらフレームに入るのになぁ〜って思っていたら、そろそろっと近づいてきてくれました。
そしたら巣穴付近にいた左のニチリンくんが「イラッ」としたのか、「近寄るなぃ!!」って右側に向かって突進。。。
ちゅー♡なのか、ガブッ☆なのか…(^_^;)
ライトが届いていたらベストだったのになぁ〜。それがちょっと残念。(↓フラッシュ届いた一枚)

8: Hiltungan Is. / Cebu, Philippines
イメージ 5
Visibility: 12-15m
Bottom Temp: 29℃

ニチリン Kiss♡
オウゴンニジギンポ
オランウータンクラブ
ミスジリュウキュウスズメダイ
ツバメウオ
クマノミ
パープルビューティ
オイランヨウジ
ニシキヤッコ

イメージ 6
前日、一本目が終了した後、別のチームがログ付けをし始めました。
その時、ガイドさんがオランウータンクラブって言ったんだよね。

なぬ、この海域にはオランウータンクラブがいるのか?と思って、二本目からちょっと目を「藻屑」モードに切り替えてみました。

そしたら…ふふふ、おいらはマクロハンター★さばひー。
ちゃんと見つけられましたょ♪

こいつ↑は珍しく、バブリーなイソギンチャクでないのに潜んでいました。

639: Hiltungan Is. / Cebu, Philippines
イメージ 7
Visibility: 12-15m
Bottom Temp: 29℃

GT むれむれ
フィロデスミウム・ブリアレウム
ツバメウオ
キンセンイシモチ
クロオビアトヒキテンジクダイ
スミツキアトヒキテンジクダイ?
クマノミ

何故でしょう、この海域のクマノミ達は、とても凶暴です。
自分のテリトリーを遥か過ぎても、これでもかこれでもか、と、追いかけてきます。
私も、ローカルのガイドさんも、シャドーボクシングで対応していました☆

イメージ 8

2014/08/09
1年4ヶ月ぶりのダイビング♪

イメージ 1


631: Malang / Tioman, Malaysia
Visibility: 15m↓
Bottom Temp: 28℃

イトヒキアジ x 3, x1 (←でも実は5匹いたらしい)

イグジットでレスキュー。
意識不明ダイバー、息無しダイバー役★
水中、仰向けにするの、腕をクロスしてひっくり返すのね。
忘れてた…^^;

イメージ 3
632: Pilot Reef
Visibility: 10m
Bottom Temp: --
(二本目にしてダイコンつけ忘れ…)

ヒレナガネジリンボウ♡
リーフシャーク 80センチ↑
アオリイカの卵いっばい
コブシメ

カビ生えちゃうような機材放置ぶりだったせいか、レギュのセカンドが噛んでしまったらしく微フリーフロー状態。そんなに酷くないでしょう、ということで、そのままエントリーする事になってしまった。
今考えると、あれは師匠の私に対するパニッシュメントだったのか?
こんな怖い思いするようなら、ちゃんとオーバーホールだそう…と思わせるための。

そんな状態にも関わらず、エントリーするとしばらくネジリンボウ探しをするぞ、と。
で、広範囲を探すため、師匠は右行くから、私は左を行け、と。
イメージ 2

確かに、私はハゼ好きである。
しかも、このエリアにおいては師匠より先に(エッヘン!!)ネジリンボウを発見している。
(昔、バックパッカーで二週間この島に滞在して、みっちり現地ガイドと情報交換したからね♪)

でもさ、だからって…フリーフローしている状態のまま、あっち行け、って…(T_T)

怖いよー、心細いよー。

イメージ 4
師匠はさくっと2匹ほどみつけて、早速ゲスト達に見せているのが傍目にわかりました。
っま、私も意地で一匹見つけたけどー。

その後砂地からサンゴのパッチに移動して、それからは師匠と同じ深度で比較的近くにくっついて潜りました。

…実は…
ダイコンもつけるの忘れてしまっていたのですね…^^;

さすがに、50bar↓でイグジット。
船にあがったら、師匠が「久々に50切ったね〜」だって。

あら、なんだかんだ言って、ちゃんと見ててくれたみたいです…♡

イメージ 6

633: Rengis / Tioman, Malaysia
Visibility: 10m
Bottom Temp: 28℃

サザナミフグがいっぱい
クマノミ
ハナクマ
ネモクマ
セジロクマ

ホンソメワケベラにアタックされる。主に口、耳。
イメージ 5
私だけじゃなかったみたい。何故?

もしかして、ここはあまりにもダイバーが多くなってきて、ホンソメワケベラがダイバーを魚の仲間だと勘違いし始めているのかもしれない。
口のクリーニングや、エラ(耳付近)のクリーニングをしているのではないだろうか??

フロート上げの練習。

シーズン始めや、久々に潜るときは必ず一回はやります。
フロートに穴でもあいていたら意味ないし、紐に絡まったりしないよう、定期的に練習しなくては。

イグジットした後、師匠が近づいてくるので何かと思ったら、船の前の方にいっててくれ、と。

で、パニック(息あり)ダイバーの演技をしました。
なかなか見つけて頂けない…。

イメージ 7


2014/08/10

イメージ 8
634: Marin Park / Tioman, Malaysia
Visibility: 15m↓
Bottom Temp: 28℃

トウアカクマノミ

水中死体役。
10分で見つけて頂く。
その後、水中ヨガ w/o 機材に挑戦。
体が浮いてしまって、ポーズが取れない。
難しい…。

イメージ 9
635: Rengis / Tioman, Malaysia
Visibility: 15m↓
Bottom Temp: 28℃

水中ヨガ w/ 機材。
ウエイトがあるので、こちらの方がまだ楽に出来ました。

水中でもセルフィー用の棒もって潜っているダイバーがいた。
水中で自撮りしたいらしい。
でもさ、水の中なんて、どこで撮ってもにたような背景じゃない?
そうまでして自分撮りたいのか??

今回はリゾートのチェックアウトが3時とゆっくり目で、ダイビング終わった後もバタバタしなくてよかったです。

一年四ヶ月もブランク開けちゃったけど、こうやってまたやってみると、やっぱり楽しい。
始めの一本目は体がちぐはぐした感じだったけれど、二日目には昔通りのダイバーの動きが戻ってきたしね。

やっぱり、年に一度はSPECで潜らないといけないなぁ…。

わかっちゃいるけど、時間がない、金がない…^^;

イメージ 10



2013/03/30

622: TK @ Lenbeh, Manado, Indonesia

Bottom Temp: 29c
Visibility: 10m

イメージ 1


623: Jahir @ Lenbeh, Manado, Indonesia

Bottom Temp: 29c
Visibility: 10m

イメージ 2


624: Nudi Falls @ Lenbeh, Manado, Indonesia

Bottom Temp: 29c
Visibility: 10m

イメージ 3


2013/02/31

625: Mandalin @ Bunaken, Manado, Indonesia

Bottom Temp: 29c
Visibility: 20m

イメージ 4


626: Muka Kampong @ Bunaken, Manado, Indonesia

Bottom Temp: 29c
Visibility: 20m

イメージ 5


627: Critter Curcus @ Bunaken, Manado, Indonesia

Bottom Temp: 29c
Visibility: 15m

イメージ 6


2013/04/01

628: Muka Gereja @ Bunaken, Manado, Indonesia

Bottom Temp: 29c
Visibility: 20m

イメージ 7


629: Lekuan 2 @ Bunaken, Manado, Indonesia

Bottom Temp: 29c
Visibility: 20m

イメージ 8


630: Critter Circus 2 @ Bunaken, Manado, Indonesia

Bottom Temp: 30c
Visibility: -

イメージ 9

今回の旧正月のシミランは、前回クリスマスのシミランはなんだったんだ!?って思うほど、充実していました。
日帰りは便利かもしれないけれど、やっぱりダイビングはまったり・だら〜りの方がいいですね。

イメージ 2とはいえ、クリスマスのシミランはまるっきりの無駄足ではなかったです。
何しろ、事前リサーチばっちりでしたから!

今回はジュルン・ゲストハウスというところに宿泊。
津波の後立てたビルなので、まだまだ新しい。
難を言えばエレベータがない事。
四階の部屋になった時は、機材を一階の物置に入れておいてもらうようお願いしました。
ここの女将さんはとても明るくて気さくで、すんなりOK。
助かりました。

夜店の屋台もどの辺りにいい品揃えの店があるかわかっていたのですが、驚いたのはクリスマスの時に来ておぃちゃんが買い物をしたことを、あるお店の若い男の子は覚えていた!
相場もわかっていたので、ボトムまで価格交渉できたと思われます。

ビーチで夕日を見ながらビールとつまみでまたーり。
このレストランも、前回来たレストランの近くにあったところで、土地勘ができていました。

イメージ 1


今シーズン2回のシミラン。
しっかり、リベンジしてきました♪
朝起きると、私の体のあちこちには、いろんな落書きが…。
いったい、どんな手品が繰り広げられていたのやら…。
SPECでやられ慣れていたので、落書きだらけの体をみても驚かない私って…^^;

イメージ 1イメージ 2事情を知らない一部タイ人クルーは、かわいそうに思ったのか、布を水で濡らして私の体をゴシゴシふいてくれました。いてててて。。。

こんな事されてひどい仲間だ、と思われるかもしれませんが…

海の中ではコンビネーション最高!!なのです。

マクロで寄りつつ、ジョーフィッシュを狙う私。
おぃちゃんが横から800ルーメンのライトで、650ルーメンしかない私のライトのサポートにはいります。
ところがなんてこった、おぃちゃんのライトが電池切れに!?
するとすかさず、さおりんがアシストにまわる!!

イメージ 3

このお目目つるっつるのジョーフィッシュは、みなさまのサポートによって撮影されたのです…♡

イメージ 4イメージ 5私がコンデジでスナップ取っている時とかは、みんな散らばっているのです。

(色出したくてフラッシュ使ったウミテングの時とか、気になるギンポがいるな〜と記録写真的なスナップを撮ったインポスターブレニーの時とかね。)

が、私が何かに張り付き始めたと見ると、どこからか集まってきて、このフォーメーション。
す、素晴らしい!

持つべき物は、素晴らしき仲間たち、ですね。

イメージ 6

最終日のラスト3本目はちょっと慌ただしい。
上がったら機材を洗うのもそこそこにパッキング、スピードボートに乗り換えて一路港へ向かいました。
帰りもなぎなぎ、スピードボートなのでそこそこ揺れはあるのだけれど、ぼーっとしていると眠れそう。

港からはバンでホテルに送って頂きました。
三日間お世話になったガイドの鈴木さん、ありがとうございました♪


619: Elephant Head Rock, Thai

Bottom Temp: --
Visibility: --



620: Three Tree, Thai

Bottom Temp: --
Visibility: --



621: Christmas Point, Thai

Bottom Temp: --
Visibility: --


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事