さばひーのかんづめ。 - the blog -

旅行記を書いていたブログが閉鎖になりそうなので、ヤフーに引っ越し中。。。

ciguatera talk

[ リスト | 詳細 ]

http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/cc/4a/sa_ba_hi/folder/168797/img_168797_31478749_22?20060411184352.gif
ダイビング&オサカナ関係のブログ♪
記事検索
検索
さて、翌朝もクリーニングを続ける事に。
他のローカルメンバーはやってない見たいだったけど。

イメージ 5イメージ 6一本目はマリンパーク。

潜る前にマサキさんが「自分はここでブラックチップをみました。
あと、ほんとかどうかわかりませんが、ダイマス候補生くんが以前ブラックチップを2匹みた、とも言っています」と、ブリーフィング。

そんな事を聞いた後、沈船のしたから大きな個体が二匹泳ぎだしてきました。
…あれは…
…あれこそは…

スギ!!!!

ダイマス候補生が見たという、船の下から出てきたと言う、二匹のブラックチップは、もしや…?


なんてこともありましたが。。。
今回も可愛らしいトウアカクマノミ一家はご健在。
タイワンカマスもむれむれしていて、なかなか見応えがありました。

さて、二本目は〆のレンギス。
昨日は見つけられなかったけれど、今日こそは!!ということで、一人砂地方面へ。
SPECメンバー、この辺りは縦横無尽、自由自在、リーフを舐めていくモノもあれば、中層を漂うモノもいる。

イメージ 4
オイラは地面5cm上空をキープしながら、そろりそろりとハゼ穴探し…。

そしたら…いました!!
ナナメラインの憎いヤツ、ネジリンボウ!?

水の中で見たときは、ナナメラインの間にうっすらと他のラインも入っているようで、もしかしたら亜種かな?とも思ったのですが。

前回は師匠を呼ぼうとして穴に引っ込まれてしまったので、今回はひたすら証拠写真撮影。

イメージ 3

以前見つけたのはヒレナガじゃなかったけれど、今回の個体はヒレナガ君でございました♪
いゃ〜、居る居ると聞いてもう6、7年?
やっと巡り会えましたよ〜http://static.fc2.com/image/e/51.gif

イメージ 1イメージ 2
さて、ダイビングが終わって、帰りのランチはまたまたビュッフェではなく、9人集まったら食べられるというコース。

みんなそれぞれ帰り支度をしているので、9人なんて集まらない!!

5人くらい集まったところで、もう他のメンバーがくるんだからサーブしろ!!と怒ってしまった。。。
う〜ん、オイラもすっかりおばちゃんやねぇ。。。


566: Marine Park / Tioman, Malaysia

Bottom Temp: 29c
Visibility: 10m

スギx2
タイワンカマスむれむれ
コバンザメ
ハナクマノミ
ギンガハゼ




567: Renggis / Tioman, Malaysia

Bottom Temp: 29c
Visibility: 15m

ヒレナガネジリンボウhttp://static.fc2.com/image/e/51.gif
二個体見つけた!!

イメージ 3

今回のツアー、初めはSPECダイバー祭りの予定だったんだけれど、ベルジャヤ企画でビーチクリーニングが開催されました。
政府からお金が出ているものと思われますが、お揃いのTシャツやリックサック、化粧ポーチなど付いてきて、最後にはクリーニング参加証みたいな物も頂きました。。。

イメージ 4イメージ 5さて、港につくと、みなさんオトコデを借り出してのバケツリレー。
息のあった共同作業に感謝!!

さすが政府バックアップのイベントだけあって、カメラクルーも入って取材しておりました。
クリーニングを始める前に、みんな集まって記念撮影。
それが終わると「さー、帰ろうか!」なんて声が…^^;

イメージ 6イメージ 7
んなこたー冗談です。

みんな、さくさくとボートに乗って、ビーチクリーニングダイブへ出かけました。
今回は一度もリゾートに戻る事無く、ボートの上でお弁当。

レンギス付近でPOLISと書いたボートに遭遇。

遭難か!?と一瞬ドキッとしたものの、どうやら研修なのかお遊びなのか、笑い声が聞こえてこちらに手を振ってくれた。。。

イメージ 8


イメージ 1イメージ 2
夜はガラ・ディナー。

私、このガラ・ディナーってあまり好きじゃないんだよねぇ。。。

まぁ、今回はダイブショップのメンバーと参加しているからまだマシだけれど、なんだろう、イマイチ乗りに付いて行けない。

この日、懸賞もあるよ、なんて聞いていたものの、クイズに当たったら商品がもらえるタイプ。

しかもそのクイズがもう、ウチワ受けオンリーの問題ばかりだったんだな。

なんだかSPECメンバー、白けてしまって部屋に退散、早速部屋飲みとなりました。。。


563: Genting Bay / Tioman, Malaysia

Bottom Temp: 29c
Visibility: 15m

ウェイトの玉が形違って、1.5kgかと思い入水、なかなか沈まないで大変。
Malang Rockの島よりのポイント。
サイタが一斗缶を拾う。

ブルースポッティドスティングレイ




564: Soya / Tioman, Malaysia

Bottom Temp: 29c
Visibility: 15m

ゴマモンx2
カンムリブダイx2
ヘコアユ




565: Renggis / Tioman, Malaysia

Bottom Temp: 29c
Visibility: 15m

ネジリンボウを探すも、おらず…
セジロ卵産んでいたーhttp://blog-imgs-1.fc2.com/image/e/51.gif
サワラっぽい顔の80cmくらいの魚がいた。かっこ良かった!
砂地には結構ハゼがうようよ。

さて、最終日。

忘れちゃならない人がいる。

彼の名は、つのP。

イメージ 1


彼は今回のツアーで500本を迎えたのだけれど、それを記念して…

おもしろウェット作成!!

いやー、彼との付き合いは長いけれど、この時ばかりは「ぎゅ」って抱きしめたくなった!


まぁ、SPECのメンバーである。
みんな、かぶり物は大好き。

イメージ 2イメージ 3今回もカエルやらサカナやら白鳥やら、記念ダイブの時には思い思いのキャラをかぶってみんなで撮影。

記念ダイブじゃなくたって…

水温が下がった南側では、フードを持っていないなるちゃんとか、ふつーにフグのかぶり物で頭をガード。
ぬくかったようです。

イメージ 4


さて、これがコモドのラストダイブ。
この後はランチャ島に上陸して、コモドオオトカゲツアーです!!


最後の夜は、デッキでバーベキューでした。
スタッフがみんなで「さようならの歌」を歌ってくれました。
「さ〜よ〜〜なら〜、さ〜よ〜〜なら〜〜♪」って感じの。

そして、なんとスタッフの唐澤さんが、コモドオオトカゲとなって登場。

盛り上がりまくって踊りまくって、夜は更けて行ったのです。。。


562: Castle Rock / North Komodo, Indonesia

Bottom Temp: 27c
Visibility: 20m

ホワイトチップ
ナポ
GT
カスミ
ハナヒゲ
ハタタテハゼ
タルミむれむれ
ギンガメ
ウメイロ

イルカ待ち イルカ来ず…

耳の調子が悪くなってきている。
三半規管がくるうのか、水の中でめまい?
目がくるくる
ちょっとドキドキした。


4日目。

再び、北の方へ戻ってきた。
水温も上がって、27度前後。透明度も上がって、20mくらいある。
ようやくフードベストと、重いウェイトから解放される。


イメージ 1イメージ 2まさかここに住んでいるとは思っていなかったのだけれど、このポイントにはピグミーシーホースがいるということで、お願いして25m下まで。
ガツンと降りて行って、ウミウチワの間を見てみると、かわいいかわいい、1.5cmくらいのピグミーシーホースが居ました♪
イメージ 3イメージ 4私の一眼では光が足りなくて撮れなかったけれど、そーっとそーっと、見つからないように視線をそらせる仕草がキュート!

ライトハウスというポイントでは、ちょうど昼の光が差し込んでいて、砂地とサンゴがきらきら輝いてて、癒された〜。イメージ 5イメージ 6雰囲気的にオーストラリアのオスプレイのポイントに似ているなぁ、こんなところにはニチリンダテハゼやハタタテハゼがいるんだよなぁ、なんておもっていたら、案の定!!
ジョーフィッシュがいると聞いていたので、砂地にへばりついて移動していたら、可愛い子が顔をだしていたり。
ここは楽しかった〜♪
イメージ 7イメージ 8
シャンケンが200本記念ということで、みんなそろってオプションダイブを入れた最終日。

オプション代払ってくれるの?

シャンケン持ちなら一緒に潜ってやってもいいよ。

なーんて、みんなからいじられながらの記念ダイブでした♪


558: Castle Rock / North Komodo, Indonesia

Bottom Temp: 27c
Visibility: 20m

フード無し

ホワイトチップ
グレイリーフ
ギンガメ
ナンヨウハギ
ムレハタタデダイ むれむれ




559: Light House / North Komodo, Indonesia

Bottom Temp: 27c
Visibility: 25m

ウミヘビ
ファイヤーダムゼル
プリンセスダムゼル
チンアナゴ
ムレハタタデダイ むれっむれ
ジョーフィッシュ
ニチリンダテハゼ
ハタタテサンカクハゼ or ハタタテシノビハゼ
アケボノチョウチョウウオ
麻呂
イナズマ

ダイナマイト漁




560: Crystal Rock / North Komodo, Indonesia

Bottom Temp: 27c
Visibility: 20m

GT
ギンガメ
サージョンフィッシュ
ピグミーシーホース? 25m

流れが強い所もアリ
ちょっとテクニックが必要…
耳抜きしづらくなってきて、ちょっとフラフラしてきた。
気をつけよう。




561: Slope II / North Komodo, Indonesia

Bottom Temp: 27c
Visibility: 15-20m

ホワイトチップ
ジョーフィッシュ
ハタタテハゼ
ニチリンダテハゼ
サロンパス
カスミチョウチョウウオ
アケボノチョウチョウウオ

3日目。

イメージ 1

今日はマンタ・アレイだっていうのに、親方は朝一本目はスキップすると。
どうやら昨日から、水温が低くなって、彼のぺらっぺらのウェットではどうにも寒くて「心が折れた」そう。
いや、寒いんなら、ウェットレンタルすれば良いんじゃない?
そんなサジェスチョンを聞いて、親方は2本目のマンタ・アレイから潜る事にしました。


彼曰く、3年前に来たときは、そんなにマンタが出なかったらしいんだよね。
ところが今回は、カレントも結構あったけれど、マンタうようよ!
ブラックマンタも混じって、なかなか迫力あるダイビングになりました♪

イメージ 2

その後、世界でも珍しい、ピンク色の砂のビーチへ上陸。
ここは赤いオルガンパイプサンゴがくだけて砂になって、こんな可愛らしいピンク色のビーチを形成したとのこと。
小高い山の上まで歩いてビーチを望むと、また下から見ているのとは違った、蒼い海とピンクのビーチのコントラストが広がっておりました。

イメージ 3イメージ 4
そうそう、ここでおしゃれなヨスジフエダイ発見!

片側は普通のスジが入っているだけだけど…

ここら辺は、種の混ざり合いが面白い。

インド洋と太平洋がぶつかっているので、パウダーブルーサージョンフィッシュのようなモルディブ寄りの魚がいたり、アキレスタングのようなオーストラリアでみかける魚がいたり。

同じ系列の魚は混ざり合って、背びれの先がとんがってる/丸まっている、みたいなマニアックなチョウチョウウオも見られる。
多様な海だなぁと感じました。




イメージ 5イメージ 6











555: Manta Alley / Sourth Komodo, Indonesia

Bottom Temp: 24c
Visibility: 8↓m

マンタx6++
カンムリブダイ

チャネルに流れが入って結構大変。




556: Manta Alley / South Komodo, Indonesia

Bottom Temp: 26c
Visibility: 10m↓

マンタうようよ
ブラックマンタもいた
へんな模様のヨスジフエダイ
クロユリ
ツユベラ




557: Pink Beach / Central Komodo, Indonesia

Bottom Temp: 26c
Visibility: 10-15m

でかいウツボ
アキレスタング?
アケボノチョウチョウウオ
ヤリカタギ

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事