ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全96ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ドーナツを作る




イメージ 2



さっくりして
もちっとして

ほろっとして
ふわっと軽くて
しっとりして

素朴で
懐かしくて



ドーナツって愛情たっぷりな
お母さんが作ってくれたような

ケーキにだって負けません。


買ってきて箱を開け
中に何があるのか分かっているのに
あのワクワク感って・・・


このドーナツに見つめられたら
もうトリコになっちゃいます。



どこかで見たことあるようなドーナツや
これがドーナツ?って思うような愛らしさや。


ボリューミーなNew Yorkスタイルは
ギョッとするけどとっても可愛い。

甘ったるいのでは?と思いきや
意外とヘルシー。



・・・・・こんな事を想像しながら
布で作ったドーナツです(^^)

材料は布と糸と綿デシタ。


イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6



イメージ 1






この記事に

東雲運河


東陽町でのインドカレーランチの後
徒歩で深川不動尊に行き
家族身内の健康やあれこれ欲張って
たくさんお願いし、手を合わせた後
向かったところは東雲運河


ゆりかもめに乗って女子四人
ある映画のロケ地に行ったのです
(^^♪

一緒に行った友達三人は初めて
私は、数えたら4回目でした


一度目は4歳前後の時…
一番上の写真の頃かな
我が家に下宿していたお兄さんのご実家に
行った時のこと
遠くにある微かな記憶だけど
運河の周りには木造倉庫が並んで
緑の無い暗い景色が幼心に焼き付いています
東京ガスはまだ無いですね

まさかここがその後ロケ地になったなんて…
不思議な縁を感じます


二度目は1980年代
二枚目の写真の頃

たしか81年から83年…
可動はしていないものの
まだ東京ガスのタンクが並んで
運河には果てしなく浮かぶ丸太と
まっ黒な海
まっ黒に見えたのは、ヘドロだったのでしょうか
細長い二本の中州の下に見える
不規則な形の寄せ集まったのが丸太

三度目は1990年頃
最後の写真

まだ高層ビルは無かった頃
埋め立てしただけでやたらに広くて
見晴らしが良いから
地面が浮かんでいるように見えて
「どうするんだろうねぇ」と
只々ため息をつきながらロケ地を眺めていました

イメージ 1
                   国土地理院の地図からもってきました


そして四回目は前回来た時から
30年後の昨日

イメージ 2

左手は豊洲市場
右手の森は中洲


イメージ 3


イメージ 4


こんなに変わるものです
丸太が浮かんでいた運河は埋め立てられ
首都高が走りその向こうには高層ビル

凄い
何が凄いか分からないけれど
色々な意味で30年って…

見晴らしも無くなって
ここがわずか30年前は海だったなんて
信じられないし
信じられないことと、怖さ
こんなに密集してて大丈夫?という怖さ

今では映画のロケ地の面影はみじんもなく
整備されて美しくなっても
遠い日に思いをはせてみれば
このため息にも懐かしさがこみあげてくる

イメージ 5


青空が広がっていたことと
運河の水が綺麗だったこと
それが救われました


イメージ 6


遅くなりましたが今年もよろしくね

この記事に

新年が過ぎ、節分が過ぎて
もう立春。

私のブログはどうしちゃったんだ!
ひっそりと始めよう。
ご心配してくださった方
ありがとう。
なんの音沙汰も無くて申し訳ないです。

この一か月、笑ったり泣いたり怒ったり
高熱を出したり(インフルエンザじゃないよ)

中身の濃い一か月でした。

暦の上では春
と言ってもまだ寒い冬
なのに、昨日から東京は暖かい。

やわらかな春の日差しを感じる二日間でした。



きのう
お友達のお誘いで東陽町に行ってきました

うちは東京の西
東陽町は東京の東
同じ東京でも正反対で未開の地です。

お邪魔したのはインド料理の名店
「タンドールバル・カマルプール」
ホリデーランチは¥750〜
名店の割に安っ!

イメージ 1


先に並んでる友達と合流すると
道路まで流れるいい匂い…はぁ〜
お店の前に並び
開店を待ちながら中をのぞくと
立ちのぼるスパイスの香りが・・・
う〜〜ここで待つのは罪よ〜〜
お腹が鳴る〜〜

イメージ 2


カレーはもちろん言うまでも無く
もちもちパリッとした大きなナンは
絶品でした。
カレーが大好きなのです。

次へ続く・・・・・


この記事に

師走のスイッチ



イメージ 1


毎年、この時期に感じる事
思ったより一年は早く過ぎて行った。

考えることも多かった。
物事に良い悪い、どちらもあるけど
どう考えるかで良い方にも悪い方にも転ぶんですね。


それにしてもよく食べた。

で、ちょっと飲んだ。


イメージ 2


イメージ 3




イメージ 5

イメージ 4


忙しいさなか、よく作った。
そしてよく遊んだ。
頂き物も多かった。
お誘いも多かった。


イメージ 6



そして11月下旬になると喪中のお知らせが届く。

数年前までひと世代前の方達の喪中が
最近は同世代の喪中も混ざるようになった

一緒に生きてきた人たちが鬼籍に入るって
何とも言えない気分ね。

1月に今年60になる友人が亡くなった。
療養中でもあったけど
亡くなる一週間前にメールのやりとりをしたばかりで
人の命ってあっけないなぁと思う。

たくさん遊びなよ。
美味しいもん食べなよ。
好きなことやりなよ。
って、いつも言ってたから
今年は我を忘れて遊びましたよ。

もうね、
来年も弾けちゃいます。
「立ち止るな振り向くな」
ですからね。

イメージ 7

この記事に

私の京都でした。



イメージ 1


イメージ 2


オーバーツーリズムの京都ですが

いつも観光目的ではないから
観光地をちょっとだけずらして歩いてます。
混んでる場所から、ほんのちょっとなんだけどね。

それでも、そこらじゅうに眠る歴史の後をたどりながら
美しく雅な姿は目に入ります。

宝箱に入れておきたいような街。

観光も中心をずらすと
違う情景が見えるんだけど。
それがまた良いの。
みんな知らないだけ。



イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


観光地をずらすと言いながら
毎年行ってしまう「イノダコーヒー」
地元のダンナさんたち御用達だから良いか。

2階からの眺めが好きです。



イメージ 6

そして、「加藤順漬物店」
路地裏にあるお漬物屋さんで
5〜6人も入ればいっぱいになっちゃう店内です。

ここ外せないお店。
個人的に…だけど。


以上、私の京都でした。

この記事に

全96ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事