ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全97ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

私の京都でした。



イメージ 1


イメージ 2


オーバーツーリズムの京都ですが

いつも観光目的ではないから
観光地をちょっとだけずらして歩いてます。
混んでる場所から、ほんのちょっとなんだけどね。

それでも、そこらじゅうに眠る歴史の後をたどりながら
美しく雅な姿は目に入ります。

宝箱に入れておきたいような街。

観光も中心をずらすと
違う情景が見えるんだけど。
それがまた良いの。
みんな知らないだけ。



イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


観光地をずらすと言いながら
毎年行ってしまう「イノダコーヒー」
地元のダンナさんたち御用達だから良いか。

2階からの眺めが好きです。



イメージ 6

そして、「加藤順漬物店」
路地裏にあるお漬物屋さんで
5〜6人も入ればいっぱいになっちゃう店内です。

ここ外せないお店。
個人的に…だけど。


以上、私の京都でした。

この記事に


イメージ 1


銀閣寺近くの路地裏に
ひっそりとたたずむ甘味処?
それとも和風喫茶?

茶房という言い方がいいのかもしれません。


何度かお邪魔してますが
団体客を見かけることが無いのです。


こじんまりとした店内は、自然に声も落として
ひそひそ話しのように静かに語らう。

そんな落ち着いた、隠れ家のような存在です。



イメージ 2


イメージ 3


イメージ 5


過ごしやすい季節から
山は色づき、季節は晩秋に入りましたね。


イメージ 4

この記事に


イメージ 1


窓辺のテーブルで鴨川を眺めながら

大雑把に盛られた焼きそばや
薄〜い皮の餃子をつっつき

遠い日の出来事や、最近の苦々しい出来事を語って

アンニュイに過ごすお昼。


ここは京阪三条駅から二分の
『 三条大橋店』

かしこまらない焼き餃子のお店『Α戮気

好きなお店です。

イメージ 4


イメージ 8


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 3



               * * * * *


こちらも鴨川の川端二条の『夢屋』さん
京阪三条の駅から歩いて5〜6分。
段々と暗い夜道になって、まだ?って思いながら歩くと
真っ赤な提灯が鮮やかに見えてきます。

京都に行くと
予約して必ず行くお店です。
必ずね。

イメージ 2


イメージ 7


ふわふわ〜のお好み焼き
ミックス焼きそばと塩焼きそばと
ミックスべた焼。
口コミの裏メニューもあります!

飲んでおしゃべりして
いい加減な写真になってしまいましたが
綺麗に焼いてくれます。

京都で一番美味しいです!
京都行かれる方、予約してからどうぞ。


グダグダ私が語るよりも
これを見れば納得だと思いますよ。
      ↓


この記事に



イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3
 
                         金沢21世紀美術館にて



街全体が大きな公園のような金沢。
食べる物美味しいし見どころあるし。

折角行ったのだから二泊くらい、せめて一泊したら?
って声もありますが

一泊も二泊も荷物は同じ。
日帰りだといつものバッグ一つで
着替えも化粧品も持たず身軽。

時間も限定だから有効に使えること
それに、二日間も食べたいだけ食べたら
サスガの私だって・・・


仙台は旅行というより用事があって行きましたが
短時間でウニ食べてお寿司食べて観光して
私には十分満足の一日でした。

日帰り旅行って良いよ。



イメージ 4


イメージ 5

                            杜の都仙台にて  



数年前に友達が
札幌でラーメン食べて、お寿司食べてきた!
観光もした!
だって、バッグ一つで行かれるんだよ!

これがきっかけでした。

聞いた時は勿体ないと思ったけど
二日間になるとそれなりの準備も必要だからね。

帰宅後も二泊した時よりも疲れを残さず
翌日から何事もなかったような日常に戻りました。


人それぞれだけど、私にはいいわぁ〜(^^)

この記事に

金沢へ



イメージ 1


イメージ 2


10月初め、日帰りで金沢に行ってきました。

イベントに関わって忙しくしている母を見て
娘が「たまには美味しいもん食べに行こうよ」って
誘ってくれました。

本当は、忙しそうにしているから…ではなくて
病気がちだったことを覚えていて
元気な時に一緒に付き合ってあげようって
気持ちなんでしょう。

お姉ちゃんは子育てに忙しいし
私がママをみなくちゃって。


お寿司を食べて、ノドグロもたらふく食べて
21世紀美術館と兼六園を一部分、ひがし茶屋街を一回り。
近江町市場はまた行きたいです。

何処を歩いても名所旧跡よりも
地元の市場やスーパー巡りが好きだし
コンビニで東京には無いものを見つけると
ちょっと興奮。
なんでも食べたい、食べてみたい。

親子そろって食い意地はってるから
気が合うのでしょうか。
食べるだけの旅行は行って良かったね〜で
26,000歩歩いて笑顔で帰って来ました。


イベントも落ち着くところに落ち着いたわけではなく
頭を抱えながら・・・・まだまだこれから。


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

この記事に

全97ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事