ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全96ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

油断と過信



イメージ 1


「暑おす」と言いたいところですが
ここ2、3日エアコン無しで過ごして
ほっと一息、いえいえまだ7月なのですね。

いつもなら梅雨明けの頃なのに
今年は随分長い夏になりそうです。

これから8月
暑さは続くのですね・・・



イメージ 2


油断と過信

事故や災害や病気につながるのも油断と過信なのです。

そもそも油断しなければ過信もないわけで・・・

いつも「油断したつもりはないんだけどな〜」と
言い訳してしまいます。
思い当たる節があっても
油断したことを認めたくないんですね。
「ハイハイ、いつも注意してま〜す」なんて。

でも振り返ってみると確かに「あれが原因?」って
そもそもの油断が見えてくるんです。

9日から上がったり下がったりの熱もようやく平熱になって
薬とステロイド吸入も終わり気管支喘息も治まってきました。
ちょっとふらつきながら
普通に食べられるようになって一安心です。

明日はお祝い事があって、どうにか間に合ったけど
油断禁物!と反省中です。ハイ!

友達に連絡することがあってメールしたら何日かたって返信があり
同じく寝込んでいたとのこと・・・

年々回復力が落ちてくる現実を受け止めなくちゃ。



イメージ 3


このグラスは友人のガラス作家さんの作品。
夏になるとこれを使うのが楽しみです。

厚手だけど透明感があって
美しいのに日常使いに耐える丈夫さ。
毎日バンバン使ってます。
良いものほど日常に使わなくちゃね。

ブルーのビンはイスタンブールのホテルで
ルームサービスのミネラルウオーターのビンです。

この形はトルコにしかないので
お金では買えない私の宝物。



この記事に


神保町に行ってきました。
この辺、詳しいんですよ。

お昼は30年通っている
「ギャラリー珈琲店 古瀬戸」
カレーを食べました。

神保町交差点の書泉グランデの並びと言ったら
知ってる方は「あ〜〜」って分かりますよね。

正面入り口は一つ裏の細い通りになります。
初めてだとちょっと入りずらいけど
一度入ってしまえば中はゆるりとした雰囲気で
知らずに長居してしまうほどゆっくり出来ます。

案内されて席に着くやり方ではなくて
座りたい席に自由にどうぞってシステムです。


イメージ 1


イメージ 2

店内に広がる壁画は
画家の城戸真亜子さんがお店が終わって
深夜から朝まで描いてるのです。

少しずつ描き直して変わっていく様子も面白い。
全体が見渡せるブルーのテーブルは
アートギャラリーそのもの。


好きなお店、ベスト3に入ってる
「ギャラリー古瀬戸」でした。

こちらはお茶の水駅に向かうところにも
本店の「古瀬戸珈琲店」があります。

小さな珈琲店は、見落としそうな小さな看板で
細い階段を上がった二階。
娘たちが幼稚園の頃連れて行ったら
「大人になった気分だ」って。

家庭的だけど今も大人な雰囲気です。


イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

   
お茶の水、神保町に行かれたら是非どうぞ。

  ホームページも見てみてね
    ↓



この記事に

銀座の夏



イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


奇跡の一枚ではなくて どこにでもある一枚

気温33度、夏の強い光を味方にして
銀座の日常を撮ってみました。

一瞬で世界を駆け巡るワールドワイドな時代でも
一枚の写真を見ながら
想像や思いをつのらせることも出来るね。

夢を語れる相手がいれば
ざわめきを思い出すのも楽しい。


イメージ 4



イメージ 5





この記事に

新宿副都心で思うこと



イメージ 1


イメージ 2



この街はどこまで大きくなるのでしょう。
入れ替わりの激しい東京で
生き残るのはたやすいことではないけど

混沌とした街でも私は東京が好き。
イメージ 3


いつも年上の素敵な先輩を見ながら
私も近づきたいと思っていたのに
いつの間にか
私が人生の先輩になってしまった。


一日一日、普通に過ごして
私は何も変わってないのに
時間の積み重ねってすごいですね。


巨樹が生い茂った新宿副都心は
昭和40年ごろまで淀橋浄水場でした。

隣の町は十二社(じゅうにそう)と言い花街でした。

おぼろげに覚えてる景色。

記憶ではモノクロしか残ってないけれど
父と車でこの近くを通ったこと
歩道橋からこの景色を見渡しながら
ふと思い出して

そうよね〜新宿もこんなに変わった。
私も先輩になるはずだわって思う。

いつでもキリっとしていた先輩たちは
何年か合わないうちに人生の最後を迎え

順番と言えば順番だけど
私がもうすぐ先輩?
重量感も奥深さも無いような感じ…


昔の人はすごいね。
みんな大人だった。
信念とか矜持があった。

イメージ 4


毎日細々とした予定が目白押しで
普通ならやらないことや慣れないことに四苦八苦して
頭の中が混乱したりしてますが
お役に立てるうちが花ですね。
昔の人たちの力強さを見習おう。

この記事に

普通に美味しい



普通の食材で
シンプルな味で食べる

色々と作っても
うちで食べるのはこれが一番好きです。


イメージ 1


イメージ 2


もう梅雨入り?

外出先で車のフロントガラスに
ポツポツと落ちてきてきました。

今日は朝から湿り気を帯びた空気で
微妙な気温、スッキリしない空


そんなどんよりした空を見上げながらも
なぜでしょうねぇ…
気分はいやではなくて落ち着くのです。

晴れ渡った空も良いけど
梅雨は梅雨なりに集中できる?


確かに外出には面倒なこともあるけど
考え方を変えて
たまには雨の日を楽しむのもいいかもね。


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

この記事に

全96ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事