ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索


イメージ 1

ここ数日、オレンジを見かけるようになりました。
もう、そんな季節なんですね。

毎年4月に入ってからスタートするオランジェット作りは
今年は昨日から始めました。

毎年心待ちにしてくれる方は
「デカダンスのオランジェットよりも美味しい!絶品だよ!」と
私のオランジェットがお口に合うようで
毎朝コーヒーを飲みながら1枚を食べるのが日課だとか。

地味なスイーツだけど分かってもらえるんだ!って
出来上がるまでの緊張感がとかれたような
嬉しさがこみあげてきます。

元気にしていますがご高齢になって
災害の多い時代ですからこれからどうなるか・・・

私もいつまで作れるか・・・
8年前の地震を思い出すと自然に涙がこぼれて
そんなことを考えたら、今年は早めに作ろうと思ったのです。

*ちなみに「デカダンス」とはご存じの方も多いと思いますが
「デカダンス ドュ ショコラ」というチョコレートの専門店で

    ↑
こんな感じのお店です。



イメージ 2


オレンジ1個で使えるのは半分ほど。
真ん中の綺麗に輪切りに出来るところだけ。


オレンジコンフィが出来上がるまで13工程。
そこからチョコレートを湯煎してつや出し作業も合わせると
オランジェットにたどり着くまで
細かく分ければ17工程。

もっと簡単に出来る方法もあるにはあるけど
まだ妥協したくないのと
この味を気に入ってくれる人がいる以上は
私の年に一度のこだわりかな。


オレンジの皮が半透明で柔らかく
果肉は乾き過ぎずジューシーさが残って
キラキラ輝く姿になれば今年の任務完了!


これから数日はキッチンがスイーツ工房化して
満足に使えませんが
一年に一度、オランジェット作りです。



両端は私の口へ。
イメージ 3

部屋中がオレンジの香りでいっぱい。
両手、洗っても洗ってもオレンジの香り。


年々オレンジが甘くなってきたと思います。
酸味より甘みが好まれるのでしょうね。

果物はある程度酸味が無いと美味しくないはずなのに
りんごも甘いですものね。

酸味のあるオレンジを探すのに苦労してるんですよね〜。



この際だからオランジェットのために
サキごはんの次に書庫も作ってしまいました。

愛しいオランジェット。

こんな感じで今まで通り出来ると良いな。
今年もこれを目指して・・・

イメージ 4


パン飲みワイン



イメージ 1

日が暮れてくると
ちょっと飲みたいなぁと思う

夏はフローズンダイキリ
冬はホットワイン
年間通してビール

以前はリキュールなんて揃えちゃったり
よく飲んでいましたが
最近は飲まなくなったね

飲めなくなったのね

受け付けなくなったというか
時々じんましんも出来たり


でも冬のホットワインは美味しい


好きなお店「メゾンカイザー」の
私イチオシBest3を頂いたので
それなら赤ワインいっちゃう?

トマトフランス(真ん中)
黒オリーブフランス(右)
チーズフランス(左)
四角いのはカマンベールチーズ


レンコンも美味しくなってきたので
早速、インゲンとマリネにして
ひよこ豆も添えてみた



イメージ 2


イメージ 3


Yahooブログは今年12月15日で終了と
なるそうですね。
どうしようかな〜
何処に移行しようかな〜

ドーナツを作る




イメージ 2



さっくりして
もちっとして

ほろっとして
ふわっと軽くて
しっとりして

素朴で
懐かしくて



ドーナツって愛情たっぷりな
お母さんが作ってくれたような

ケーキにだって負けません。


買ってきて箱を開け
中に何があるのか分かっているのに
あのワクワク感って・・・


このドーナツに見つめられたら
もうトリコになっちゃいます。



どこかで見たことあるようなドーナツや
これがドーナツ?って思うような愛らしさや。


ボリューミーなNew Yorkスタイルは
ギョッとするけどとっても可愛い。

甘ったるいのでは?と思いきや
意外とヘルシー。



・・・・・こんな事を想像しながら
布で作ったドーナツです(^^)

材料は布と糸と綿デシタ。


イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6



イメージ 1






東雲運河


東陽町でのインドカレーランチの後
徒歩で深川不動尊に行き
家族身内の健康やあれこれ欲張って
たくさんお願いし、手を合わせた後
向かったところは東雲運河


ゆりかもめに乗って女子四人
ある映画のロケ地に行ったのです
(^^♪

一緒に行った友達三人は初めて
私は、数えたら4回目でした


一度目は4歳前後の時…
一番上の写真の頃かな
我が家に下宿していたお兄さんのご実家に
行った時のこと
遠くにある微かな記憶だけど
運河の周りには木造倉庫が並んで
緑の無い暗い景色が幼心に焼き付いています
東京ガスはまだ無いですね

まさかここがその後ロケ地になったなんて…
不思議な縁を感じます


二度目は1980年代
二枚目の写真の頃

たしか81年から83年…
可動はしていないものの
まだ東京ガスのタンクが並んで
運河には果てしなく浮かぶ丸太と
まっ黒な海
まっ黒に見えたのは、ヘドロだったのでしょうか
細長い二本の中州の下に見える
不規則な形の寄せ集まったのが丸太

三度目は1990年頃
最後の写真

まだ高層ビルは無かった頃
埋め立てしただけでやたらに広くて
見晴らしが良いから
地面が浮かんでいるように見えて
「どうするんだろうねぇ」と
只々ため息をつきながらロケ地を眺めていました

イメージ 1
                   国土地理院の地図からもってきました


そして四回目は前回来た時から
30年後の昨日

イメージ 2

左手は豊洲市場
右手の森は中洲


イメージ 3


イメージ 4


こんなに変わるものです
丸太が浮かんでいた運河は埋め立てられ
首都高が走りその向こうには高層ビル

凄い
何が凄いか分からないけれど
色々な意味で30年って…

見晴らしも無くなって
ここがわずか30年前は海だったなんて
信じられないし
信じられないことと、怖さ
こんなに密集してて大丈夫?という怖さ

今では映画のロケ地の面影はみじんもなく
整備されて美しくなっても
遠い日に思いをはせてみれば
このため息にも懐かしさがこみあげてくる

イメージ 5


青空が広がっていたことと
運河の水が綺麗だったこと
それが救われました


イメージ 6


遅くなりましたが今年もよろしくね
新年が過ぎ、節分が過ぎて
もう立春。

私のブログはどうしちゃったんだ!
ひっそりと始めよう。
ご心配してくださった方
ありがとう。
なんの音沙汰も無くて申し訳ないです。

この一か月、笑ったり泣いたり怒ったり
高熱を出したり(インフルエンザじゃないよ)

中身の濃い一か月でした。

暦の上では春
と言ってもまだ寒い冬
なのに、昨日から東京は暖かい。

やわらかな春の日差しを感じる二日間でした。



きのう
お友達のお誘いで東陽町に行ってきました

うちは東京の西
東陽町は東京の東
同じ東京でも正反対で未開の地です。

お邪魔したのはインド料理の名店
「タンドールバル・カマルプール」
ホリデーランチは¥750〜
名店の割に安っ!

イメージ 1


先に並んでる友達と合流すると
道路まで流れるいい匂い…はぁ〜
お店の前に並び
開店を待ちながら中をのぞくと
立ちのぼるスパイスの香りが・・・
う〜〜ここで待つのは罪よ〜〜
お腹が鳴る〜〜

イメージ 2


カレーはもちろん言うまでも無く
もちもちパリッとした大きなナンは
絶品でした。
カレーが大好きなのです。

次へ続く・・・・・


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事