ここから本文です

書庫銀座・丸の内・日比谷・浜松町他

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

都心の桜と言えばはずせない花見の名所。
都会の中心とは思えない緑が広がって清々しい空気。


暖かい日差しの中、皇居ランナーも多かったです。
騒がしさには目を閉じて避けて避けて気分は江戸。


今も様々なドラマが語り継がれて
時を越えて華やかなりし日々をダイジェスト版にして
その舞台に私たちが足を踏み入れるのは凄いことなのですよね。



水で満たされたお濠
東御苑に点在する大奥、松の廊下。


井伊直弼が暗殺された桜田門外は
千鳥ヶ淵とは打って変わって静寂の桜。


米沢藩、上杉家跡地の旧法務省

大手門、田安門、英国大使館


千代田の桜は品格を感じます。


東京は雨。
ソメイヨシノは散り始めているでしょうが
八重桜の下でもう一度巡り会いたい。



いずこも「恐れ多くも・・・」の桜だけど
ほっとするのは最高裁判所前の246青山通り。

この道、ファッションの街に繋がっているんだ。



スーさんへ。
リクエストの千鳥ヶ淵は歩けない程混んでいました。
なので、写真撮れなかったです。
これは2010年だけど、多分こんな感じなのでゴメン(^^)





イメージ 1

お濠の向こうに国会議事堂。




イメージ 2

左手最高裁が見える。手前は三宅坂。




イメージ 3

外国人が多い大手門。




イメージ 4

武道館への入り口、田安門。




イメージ 5

人もぽつりぽつりの桜田門。




イメージ 6

赤れんがの旧法務省。




イメージ 7

みんな立ち止まる英国大使館。





イメージ 8

英国大使館の中も外もさくらさくら。










ぶらり銀座

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

今年もあと十日。
年末の銀座には赤が似合いますね。
それほど多くないのに華やかに見えます。


夜のライトアップも素敵ですが
3時頃の太陽が斜めになる頃から夕暮れへと変わる銀座が好きです。


【みゆき通り】を見たら
ふと思い出した「銀ブラ」と云う言葉。

銀座をブラブラかと思ったら
「銀座でブラジルコーヒーを飲む」からきてるんですってね。



暮れ行くのを待つ時間。
これから始まる大人の時間。


今年最後
夕暮れの銀座をブラブラでした。






今年は今まで体験したことの無い年になって
何を大切にしたら良いか考えた一年でした。


カレンダーを見るときっちり最後まで埋まっているのを発見。
新年のスタートは0からのスタートですね。

銀座で会いましょう

イメージ 1

イメージ 2

銀座での待ち合わせは和光の前。


いつも早めに着いて
和光からミキモトまでの数メートルを
行っては戻っての繰り返し。


こうして歩くわくわく感。
このウインドウを背に待つ時間。

これが好きで。


地下鉄から上がって来るかな。
三越から横断歩道を渡って来るかな。


通り過ぎて行く人並みの中を探しながら
またミキモトまで歩けば。


な〜んだ。早く来てブラブラしていたって?

同じことしていたんだね。



クリスマスまでは「待」をテーマの【銀座和光】Window Display.

あなたは何を、誰を待ちますか?




また銀座で会いましょう。

日比谷公園にて

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

霞ヶ関を背にして
祝田橋の門から一歩入れば都心の森。

この森にはテニスコート、バラ園、野外音楽堂、池などと
幾つかのレストランが点在しています。


花を見る人、写真を撮る人。
話し声など聞こえずボールを打つ音が時おりするだけで
みなさん、顔も足音も穏やかな散策でした。

それはこの公園が持つ独特の雰囲気だからでしょうか。
通り過ぎなくて良かったと思う寄り道でした。


道なりに歩いてうっそうとした木々の下
バゲットにチーズとハムを持って、ベンチで赤ワインを開ければ
ここはブローニュの森?。。。なんて。
自然の中で食べるのは最高の贅沢ですね。

寒くなる前、今のうちに
都心ならではの一日を過ごしてみませんか。


東に帝国ホテル、西に官庁街をひかえる日比谷公園は
これから紅葉黄葉が見頃です。



モミジが赤くなった頃にもう一度行って
松本楼のテラスでお茶してきますね。

都会の絶景

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

銀座線で【銀座】に行く途中、急に思い立って【赤坂見附】で降りて

丸ノ内線に乗り換え【国会議事堂前】で下車。

「国会の中は荒れているけれど、周りはそろそろ紅葉日和かもしれない。」と思って。


国会議事堂から桜田門、祝田橋へ
内堀通りを皇居を眺めながら行ったり来たり。

もう八割の紅葉でしょうか。



日比谷に向かう少し手前からお堀を越して見えるのは、レトロな日比谷通り。
緑から黄葉に変わる様(さま)は、言葉が出ないほどです。

帝劇がみえるでしょう?
向こう隣りは東京会館、その向こうの白い建物は明治生命。

後ろのビルに比べたら小さいけれど
必見です。

日比谷通りはこんなクラシックな建物が並んでいますね。


トレンチコートを羽織って、冷たい風に吹かれて気持ちはいいのですが
低い日差しが肌にも目にも痛い晩秋。

でも、やっぱり直前のコース変更正解でした。


しばらく歩けば東京駅を望む銀杏並木と、皇居外苑の【和田倉噴水公園】

今生天皇の皇太子ご成婚記念に造られ
噴水は平成七年の皇太子ご成婚に造られました。


こんなに暖かいお昼休み。
日だまりに座っていると、都会に居ることを忘れてしまいそうでした。
近くで働く方達にも憩いの場なんですね。

お弁当が美味しそうだったな〜
隣りをちらちら見ながら持ってくれば良かったと、ちょっと後悔。


噴水の向こうに見える、屋根がカーブした建物は【和田倉噴水公園レストラン】
ランチビュッフェでお一人様2400円也。
ここのビュッフェは他とは違う上品さがあるとか。

行きたいな〜
でも、並ぶの苦手だし。。。

お腹が空くと頭は食べることばかり(^^)

紅葉情報が最後は食べることで締めくくることになってしまいました(笑)



都心を歩くと言うと、ビルばかりでごみごみしたイメージがありますが
ここは視界も広がって、晴れた日には本当に気持ち良いです。
私の好きなエリアです。


次は日比谷公園、銀座と続きますね。

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事