みち駅くるま旅

車中泊&旅の写真メモ(道の駅をメインにアップして居ます)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全654ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

寶珠山・蓮秀院・高山寺(真言宗豊山派)・

三重塔(長野県宝)
イメージ 1

三重塔角度を変えて
イメージ 2

観音堂
イメージ 3

観音堂内 仏像絵額
イメージ 4

天井画と仏像絵額
イメージ 5

天井画をアップで
イメージ 6

館音像
イメージ 7

経堂?・地蔵堂? 👈(未確認<m(__)m>)
イメージ 8

石仏が並びます
イメージ 9
    Photo 2016.05

「高山寺」を散策

『このお寺の境内からは北アルプスの峰々が一望できる 歴史的には808年に坂上田村麻呂が観音堂を創建のがはじまりという真言宗の名刹で 最盛期は末寺18ケ寺を持ち、七堂伽藍を誇っていたという 現在も県内では稀な七堂伽藍がそろった寺で、信濃三十三番札所の結願寺として多くの参拝者が訪れる。1195年に源頼朝が建てた三重塔が江戸中期に再建されて立派な姿をみせている』と有ります

三重塔は 老朽化した塔を江戸時代の1694年から5年の歳月をかけ、木食山居故信上人(1655〜1724)によって修造再建されたもので さらにその後 柿葺屋根の葺替が3回実施され 大正11年(1922)に銅板葺に、平成元年に昭和大修理を行い現在に至る 長野県宝に指定され高さは17m

※ 本尊:聖観世音菩薩
天井画は住職が作成して居るとの事

◆写真枚数が多いので3回に分けてアップしています(2/3)・・・

〒381-3301長野県上水内郡小川村稲丘7119
「2016年05月の旅の写真メモです 現時点での詳細データーは各自で御確認ください」

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

寶珠山・蓮秀院・高山寺(真言宗豊山派)・

街道側から三重塔 手前に山門
イメージ 1

山門には「蓮秀院」
イメージ 2

本堂
イメージ 3

観音像
イメージ 4

手入のれされた境内
イメージ 5

花も綺麗に咲いて・・・
イメージ 6

鐘楼遠景
イメージ 7

鐘楼をアップで
イメージ 8

鐘楼天井画
イメージ 9
    Photo 2016.05

「いろは堂・長野本店」を後に 道の駅「おがわ」へ向かう途中 予定には無かったのですが道路から見えた三重の塔が気に成り「高山寺」へ立ち寄り

『このお寺の境内からは北アルプスの峰々が一望できる 歴史的には808年に坂上田村麻呂が観音堂を創建のがはじまりという真言宗の名刹で 最盛期は末寺18ケ寺を持ち、七堂伽藍を誇っていたという 現在も県内では稀な七堂伽藍がそろった寺で、信濃三十三番札所の結願寺として多くの参拝者が訪れる。1195年に源頼朝が建てた三重塔が江戸中期に再建されて立派な姿をみせている』と有ります

三重塔は 老朽化した塔を江戸時代の1694年から5年の歳月をかけ、木食山居故信上人(1655〜1724)によって修造再建されたもので さらにその後 柿葺屋根の葺替が3回実施され 大正11年(1922)に銅板葺に、平成元年に昭和大修理を行い現在に至る 長野県宝に指定され高さは17m

※ 高山寺鐘楼門−天明6年−一間一戸、入母屋、銅板葺、四脚楼門−小川村指定文化財

本尊:聖観世音菩薩
天井画は住職が作成して居るとの事

◆写真枚数が多いので3回に分けてアップします・・・

〒381-3301長野県上水内郡小川村稲丘7119
「2016年05月の旅の写真メモです 現時点での詳細データーは各自で御確認ください」

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

いろは堂・長野本店


道路サイドから駐車場
イメージ 1

店舗
イメージ 2

小上がり 👈(店内の囲炉裏席が満席なのでこちらを利用)
イメージ 3

店内は賑わっています
イメージ 4

お店の案内
イメージ 5

裏はメニュー
イメージ 6

四つオーダーしたら一つおまけ・・(^^♪
イメージ 7

おやつ用に購入した二つ
イメージ 8
    Photo 2016.05

「奥裾花ダム」から戻る途中 鬼無里・旅の駅の隣に有る いろは堂・長野本店へ立ち寄り

こちらで「おやき」を 注文したものにプラスしておまけまで頂きました 平日でしたが店内はお客さんでほぼ満席! 美味しかったので車内でのおやつ用に2ヶ買い足しです・・・(^^♪

『市街地から少々距離がございますが、国道406号線のトンネルを抜けると景観が一変し、北アルプスの美しい展望がお楽しみいただけます。囲炉裏ばたのお座席のほか、小上がりが2つございます。お茶と焼きたての「おやき」で、ごゆっくりおくつろぎください』と有ります

〒381-4301 長野県長野市鬼無里1687-1
「2016年05月の旅の写真メモです 現時点での詳細データーは各自で御確認ください」

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

奥裾花ダム

ダム管理事務所 
イメージ 1

奥裾花ダムの事務所名は「裾花ダム管理事務所・管理第二課」
イメージ 2

ダム石碑
イメージ 3

ダム提体下流側(放流して居ます)
イメージ 4

天端は雨で立ち入り禁止
イメージ 5

ダム提体湖水側
イメージ 6

湖水には鉄橋も 👈(奥裾花大橋)
イメージ 7

ダム放流遠景
イメージ 8

アップして見ました
イメージ 9

ダムカード
イメージ 10
    Photo 2016.05

鬼無里・旅の駅でトイレ休憩の後「奥裾花ダム」へ

此処まで来てもまだ雨が降り続いて居ます  途中道路通行止めの案内が有ったので ダム事務所へTEL入れて通行可能を確認する ダムは今日から放流開始 天端は雨の為 立ち入り禁止・・・

『奥裾花ダム(昭和54年完成)は、昭和24年9月の300mm/24hという大雨により、県庁付近の堤防が決壊し長野駅まで水が及んだ大水害を機に抜本的な治水対策として建設されたもの 奥裾花ダムの上流にある奥裾花自然園は日本最大のミズバショウの自生地であり、春は多くの観光客が訪れる。秋は紅葉が美しい。地元では環境保護のため、入園料として大人(中学生以上)410円(4/29〜5/31)200円(6/1〜10/31)を徴収している。収益金は全額、奥裾花自然園の整備に充てられている』と有ります

【ダム名】 奥裾花ダム
【形式】 重力式コンクリートダム 
【河川名・水系名】 信濃川水系裾花川
【目的】 F(洪水調整)W(上水道)P(発電)
【所在地】 (左岸)長野県長野市鬼無里 
【堤高】 59.0m
【堤頂長】 170.0m
【ダム湖】 奥裾花ダム湖
【着工年/完成年】 1972年/1980年
【事業者】 長野県企業局
◆ダムカードは「裾花ダム管理事務所管理第二課(奥裾花ダム)」で 9:00〜17:00(土、日、祝日を含む・但し11月上旬〜4月下旬は配布休止)
◆「ダムカード一覧」はホームページにて紹介して居ます お時間が有りました こちらよりお立ち寄りくださいホームページ表紙一覧の「ダムカード」をクリックしてお進みください 訪問済みダムカード一覧に成ります←クリック
〒381-4301 長野県長野市 鬼無里16943-4 (裾花ダム管理事務所管理第二課・026-256-2937)
「2016年05月の旅の写真メモです 現時点での詳細データーは各自で御確認ください」

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

鬼無里・旅の駅

駅標識
イメージ 1

記録として自車入れて
イメージ 2

駐車場から駅建物遠景
イメージ 3
    Photo 2016.05

「湯の瀬ダム」から「奥裾花ダム」へ向かう途中 旅の駅「鬼無里」へ立ち寄り

◆トイレの写真撮り忘れ・・・<m(__)m> トイレは駐車場と道路を挟んで反対側に有ります

旅の駅「鬼無里」でトイレ休憩 お蕎麦屋さんも有ると言う事ですが今回はトイレ休憩のみ(笑) 隣に有る「いろは堂」は帰りに寄ることに

〒381-4301 長野県長野市鬼無里1690
「2016年05月の旅の写真メモです 現時点での詳細データーは各自で御確認ください」

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全654ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事