Mi corazón

Poco a poco *:;,.★ 〜☆・:.,;*大きな輪・話・和にな〜〜れ*;,.:・☆〜★.,;*

冬の星座めぐりの旅へ・・・・

キンと冷たい空気の中 
冬の夜空は空気が澄んでいるのでとっても綺麗
キラキラと光る色とりどりの明るい星たちが暗い夜空を彩っていますね

ご一緒に 華やかな冬の星座たちに会いに行きましょう
イメージ 2
                                         2月15日 午後8時30分那覇の南の空    ステラナビゲータより


冬の星座といえば・・・・・ 
最初に思い出すのは冬の代表的な星座 オリオン座でしょう
イメージ 1
                                                        ステラナビゲータより
明るい1等星2つ それよりも少し暗い2等星5つで
整った形のお星さまの並びは明るい街中でも見つけ易い星座ですね
日本ではこの形から 
和楽器の鼓に似ているので『鼓星つづみぼし』と呼ばれていますよ
オリオンの右脇に光る赤いお星さまは 巨人の脇の下という意味のベテルギウス
オリオンの左足に光る青白いお星さまが 巨人の左足という意味のリゲル
赤と白の対比が美しいこの二つのお星さまは赤旗の源氏と平白旗の平家に例えられ それぞれ源氏星 平家星と呼ばれることもありますよ



イメージ 3
                                                        ステラナビゲータより
オリオンから少し眼を左下へ移してみましょう
ギラギラと白く明るく光るお星さまが見えますね
これはおおいぬ座の鼻先に光る 焼き焦がすものという意味のシリウス
中国では『天狼 てんろう』という名前
白く明るく輝くお星さまに雪原を歩く狼の目を重ねたのでしょうか?

さて おおいぬ座の左上にもとても明るく光るお星さまがありますよ
犬の先駆けという意味のプロキオン
名前の通り おおいぬ座よりも先に昇るこいぬ座ですね

さて この二匹の犬のシリウスとプロキオンは
古代エジプトではとても重要な役割を持ったお星さまでした
観測によって 日の出前の東の空にシリウスが見え始めると
ナイルの氾濫の時期だと人々は知りました
そして それよりも少し早く見え始めるこいぬ座のプロキオンは ナイルの氾濫の時期が近づいていることを示していたのです
『エジプトはナイルの賜物』といわれるように
ナイルの氾濫は決して不吉なことでなく 上流から肥沃な土を運んできて
農業が栄え人々の生活も潤していったのでした

さて今まで出てきた明るいお星さま
オリオン座のベテルギウス おおいぬ座のシリウス そしてこいぬ座のプロキオン
この明るい一等星3つを結ぶと夜空に大きな三角形が現れてきますね
イメージ 4
この三角形を冬の大三角と呼んでいます                   ステラナビゲータより

さてこいぬ座からまたさらに右上を眺めると・・・・
とっても仲良しの兄弟の星座 ふたご座が見つかりますよ
イメージ 5
                                                                    ステラナビゲータより

先に昇るお兄さんのカストルは2等星 後から昇る弟のポルックスが1等星
助け合って暮らしていたこの兄弟
カストルは人間 ポルックスは大神ゼウスの血を引いていて不死身でした
あるとき兄弟のいとこと争いになり 兄カストルは矢に当たって死んでしまいます
弟ボルックスは兄の敵を討ちますが悲しみは癒えません
ゼウスはポルックスを天に上げ神にしようとしましたが
ポルックスは兄と一緒でないと嫌だと受け入れず『自分も死なせて』と頼みました
兄弟愛に心動かされたゼウスはポルックスの不死身の力を兄と分かち
1日おきに天上界と人間界で兄弟が一緒に暮らせるようにしました
やがて仲良しの兄弟は空にあがってふたご座となったということです


ふたご座の右上には五角形の形の星の並びが見えていますよ
イメージ 6
                                                       ステラナビゲータより 五角形の並びのお星さまはぎょしゃ座です  
その中で明るく輝くお星さまは一等星のカペラです
このカペラは小さなメス山羊という意味
ほら 星座絵を見てみると御者が可愛らしい子山羊を抱きかかえていますね

そしてぎょしゃ座の右下 オリオン座の右上にはおうし座が見えています
V字の並びのヒアデス星団 その中に赤く光るお星さまが見えています
このお星さまはおうし座の一等星アルデバラン ちょうどおうしの右目の位置です
ヒアデス星団はおうしの顔の部分
でも沖縄ではおうしの角までを顔として『ウマノチラー馬の顔』と呼んでいますよ
そしておうしの肩の部分にごちゃごちゃとしたお星さまの塊が見えます
枕草子の中でも星はすばる と謳われた日本名すばる プレアデス星団です
ごちゃごちゃ星と呼ばれることも・・・・
すばるは明るいので
肉眼でも5つくらい 暗い空で眼の良い人なら7つくらいのお星さまが集まっている様子が見えると思いますよ

そしてオリオンのベテルギウスを中心とするようにぐるっと囲んだ
明るい1等星 リゲル シリウス プロキオン ポルックス カペラ アルデバラン
この6つのお星様を繋ぐと・・・・・・
イメージ 7
                                                       ステラナビゲータより 
冬の夜空に大きなダイヤモンドが浮かび上がりましたよ
そして シリウスの下のほう 空の低い位置に明るいお星さまが見えています
このお星様を観ると寿命が延びるとも言われている縁起の良いお星さま
南極老人星とも呼ばれるカノープスが見えてます
緯度の低い沖縄では10度以上の高さになり 街中からも見ることができるんですよシリウスについで全天で2番目に明るいカノープス
沖縄が長寿県なのは このカノープスがよく見えるからなのでしょうか?


2月4日には立春となり暦の上では春となりますが 

2月は1年で一番寒い時期 
でも夜空は空気が澄んで一番綺麗な時期だと思います

どうぞ暖かくして 色とりどりの冬の星座たちを楽しんでみてくださいね




その他の最新記事

すべて表示

七草

2018/1/7(日) 午後 10:14

早いもので今日は7日 七草の日ですね 毎年恒例の七草粥を土鍋でコトコトと炊きました 蕪の甘酢漬けを添えて・・・・・ 相変わらずカラフルな色合いの七草粥です・・・・ 今年は1日と4日5日がお休みだったい ...すべて表示すべて表示

今年最初の大きな満月

2018/1/2(火) 午後 10:16

1月2日  綺麗に晴れた夜空に浮ぶまんまる大きなお月様 一番地球に近づくのは6時49分     その時の地球との距離は35.66Kmだとか(地心距離) 沖縄では日付けが変わってすぐに南中をむかえました 天頂にある ...すべて表示すべて表示

年末は昼間は晴れていても日没後はなぜか雲がモクモクと押し寄せてきて お月様に会えない日が続いていました 年の瀬も押し迫った12月29日 ようやく雲のない夜空のお月様に会えました 最近お気に入りのラプトル60+クリップア ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事