鯖江市民

すべて表示

県道上河内北中線の開通

県道上河内北中線の開通式 平成14年から県単事業でスタートした県道が開通した。ラポーゼ河和田の開設により県道の拡幅が要望されていた。バイパス機能として開通したものだ。田んぼの真ん中を走る大きな道路である。私はその沿線で畑をしているが春は本当に奇麗である。日本の原風景が小さいながらも感じられるところである。水は綺麗で豊富。山は近くにある。ラポーゼ河和田のフィールドとして生かすと新しいものが出来そうな気がする。当面畑を成功させることかな。

その他の最新記事

すべて表示

原子力発電所の温排水

2012/9/19(水) 午後 1:36

原子力発電所の温排水                   2012.9.18 理解できないでいる。原子力発電所では温排水が問題になるが火力発電所では温排水が問題にならない。要は構造上温排水が必要ないということになるのであろう ...すべて表示すべて表示

桜散る

2012/4/23(月) 午後 10:20

桜散る 低気圧が通り、桜が舞った。 4年ほど前からだろうか、春の嵐が吹き荒れる。 桜の花が散った木々には新緑の葉が見える。 花を咲かせるために芽を出すのを我慢してきたようにも見える。 自然の営みとは不思議なもの ...すべて表示すべて表示

放射能

2012/4/21(土) 午後 8:25

放射能 最初の県議選の時に不思議な人物が応援に来てくれた。その名をゴアッチャ君と言い、ひげを蓄えた茫洋とした風貌の持ち主であった。しかし 彼には不思議な力があり、よく未来を言い当てた。その彼が原子力発電で事故が起きた時にEMを入れれば ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事