鯖蛇寝得呪憂 のうみそぱーぷるん 〜紫色の欲望

鯖世傘晴の初代ブログがこちらに移転になりました

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全21ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

移転しました

こちらの私・鯖世傘晴のブログ
以下に移設しました。

Twitterの履歴は全てこちら・緑の方

普通の文章のはこちら・赤紫の方

に整理し直しました。ご面倒おかけしますが、ご了承ください

鯖世傘晴

この記事に

開く コメント(0)

深夜テレビ探検隊

<「火の粉」>(フジテレビ)

ユースケ・サンタマリア、マッサージチェアで恐怖の尋問!

狂気の「反省文を書けーー!!」

 

昼ドラでおなじみだった東海テレビによる「オトナの土ドラ」第1弾。一家連続殺人事件の容疑がありながら無罪になった武内(ユースケ・サンタマリア)は、やはり本当は殺していた。おまけにそのことを、無罪を下した張本人の梶間勲(伊武雅刀)が真っ先に知り、すっかり怯えている。更に、新たな殺人による死体も目撃。これにより、武内や梶間家の周辺で死亡もしくは失踪してきた、6人+犬1匹も武内が殺しているかもしれないことに…。

 

第7話では、いきなり武内が梶間家にマッサージチェアをプレゼントする所から始まる。真実を知らない長男・俊郎らは、邪魔に思って、奥の部屋に移動させてしまう。武内の、厚意を無下にされると逆上する性格を知っている勲は「早く居間に戻せ」と焦る。しかし、すぐ武内が家に来てしまう…!よりにもよって奥の部屋で電源をつながず物置化しているマッサージチェア…!確かにマッサージチェアあるあるだが…、怖いけど笑ってしまう展開。

 

次の日、海外旅行に行くという武内。真実を知る勲と嫁・雪見(優香)は今しかないと、他の家族に真実を告げ、夜逃げしようと企てる…が、武内を信じている俊郎や、勲の妻・尋恵(朝加真由美)には信じてもらえず、家族内が再びバラバラに。

 

これは武内の罠で、実は海外なんかには行っておらず、梶間家に乱入した武内は、一人一人例の奥の部屋に呼び、マッサージチェアでカウンセリング的なことをはじめる。尋恵、俊郎と、各自の悪い所を的確に指摘し、良い家族でいないと、また家族全員を殺さないといけなくなると脅す。尋問が終わる度に憔悴して帰ってくる面々。怖いけど、まるでコントだ。

 

更に次の雪見は、武内に反論したため、武内は「どうしてわからないんだ!」と逆上し、しまいには自分の考えが伝わらないため、「反省文を書けーー!!」と叫ぶ。反省文…?! ()

 

梶間家を教育すると宣言した武内。もはや恐怖政治だ。翌朝もいつの間にか合鍵を作って入り込み「お皿が古くなっていました」と言って、一枚一枚皿を割りながら捨てる武内…ひえ〜。更に武内はマッサージチェアに座りながら、雪見の反省文の朗読を聞く。

「よく出来ました。と言いたいところですが、100点満点中4点です。家族をもう一人忘れていませんか…?

 

最終話もどうなるのか大変気になるところだが、東海テレビが「牡丹と薔薇」など中島丈博作品で培った、ハードで重厚なストーリー展開の上に、惜しげもなく強烈なネタ(ギャグ?)をぶっこんでいくスタイルが本当に上手く炸裂している。みなさんにもネタに対してツッコミながら視聴することをお薦めしたい。

 

 (フジテレビ 514()11:40放送)

鯖世 傘晴

掲載作品

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

深夜テレビ探検隊
<「火の粉」>(フジテレビ)
昼ドラを半世紀制作してきた東海テレビの真骨頂、
ドロドロ愛憎劇をはらんだ本格社会派サスペンス!!
 
52年間平日お昼に放送してきた東海テレビのドラマ枠が、土曜深夜の「オトナの土ドラ」として生まれ変わって、その第1弾である。元裁判官の家の隣に、自らが無罪判決を下した男が引っ越してきてから始まる、不吉な騒動を描く。
 
主役のユースケ・サンタマリアはその無罪放免になった武内さん役である。一家連続殺人事件の被疑者として死刑を求刑されていた。もしかしたら武内さんは実は殺しているのでは、という疑念を持ちながら、でも義理の父・勲(伊武雅刀)が下した判決を信じて接する嫁・梶間雪見(優香)の目線で物語は進む。
 
昼ドラの東海テレビの作風は、時間帯の変わった今作でも顕在。武内さんは趣味で、大掛かりな機材で炙りながら“バウムクーヘン”を作るのだが、これがなんとも見た目のインパクトが絶大で、劇中にバウムクーヘンが出てくるだけでも可笑しくなってしまう。これは「新・牡丹と薔薇」等のハードギャグドロドロ劇を制作してきた東海テレビのことだから、絶対狙っているだろう。
 
第1話では、梶間家には感謝してもしきれない武内さんは、義母の介護に疲れる勲の妻・尋恵(朝加真由美) をねぎらい、しまいには家に上がり込んで、介護の手伝いまでし出す。しかしそのラストで、勲の母は食事を喉に詰まらせて死亡。第2話でも、尋恵をいびっていた小姑(大島蓉子)が失踪。ドラ息子・俊郎(大倉孝二)が仕事をクビにされ、色々トラブルになった会社社長も失踪してトラブルが解決。明らかに怪しいが、親切にされた家族は武内さんへの親しみを深めていく。
 
この武内さんの、梶間家への「尽くしてあげたい」という愛は凄まじく、嫁の雪見は、次第に武内さんが犯罪者かも知れないという疑念を超え、家族に尽くし愛されるという立場を奪っている武内さんに対し、嫉妬の思いにかられ始める。更に武内さんのこの愛がいつ憎しみに変わるかわからない。例の一家連続殺人もそういった経緯があることが示唆されている。この構図は東海テレビが昼ドラで得意としてきた、三角関係のドロドロ愛憎劇の構図と見事に重なる。昼ドラファンはもちろん楽しめるが、家に居なくて昼ドラを見てこられなかった方には新鮮な面白さに映るのではないだろうか。
 
 (フジテレビ 49()11:40放送)
鯖世 傘晴

掲載作品

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

深夜テレビ探検隊
<「創刊!読むスポーツ ヨムスポ」>(テレビ東京)
知られざるスポーツ古書の世界!マラソン五輪で長靴で走って4位になった男!?
 
 人知れず埋もれたスポーツ本をタレントたちが熟読し、そこから得られたうんちくを披露する新番組。328日までの全3回限定。オードリー・若林正恭と狩野恵理アナウンサーがMC。今回はアンタッチャブル・柴田英嗣と、ラバーガール・大水洋介のプレゼン対決で、テーマは「スポーツ古書」。
 
 柴田のプレゼンで紹介されたのは、1992年にベースボール・マガジン社から刊行された「近代陸上競技の歴史」というちゃんとした感じの本。そこに、なんとマラソン五輪大会(男子)で、長靴で走って4位になった選手がいるという、にわかには信じられない情報が掲載されているのだ。
時は1904年、モントリオール五輪でのこと。キューバ代表、フェリックス・カルバハル選手は貧乏だったらしく、会場までの道のりも友人から集めたお金でなんとか渡った。残りのお金で靴も買わないといけなかったのに、つい気持ちが舞い上がってしまって、現地で全部お金を使い果たしてしまったらしい。それで元々履いていた長靴で仕方なく競技に出場したのだ。これで4位に入ったからスゴイ。おまけに、お金が足りなくなったのは靴だけではなく、食事もそうだったようで、本番前々日から食事もしていなかった。お腹の空いた彼は、なんと競技本番中、コース道端の木に生えたリンゴ2個を立ち止まって食べたというから驚きだ。更にその後、こむら返りを起こしたとも記されており、これで4位だから、準備万端だったら優勝も夢ではなかっただろう。今では考えられない珍事だ。
 
その他には、
・巨人軍元寮長の著書にあった、選手のアソコの形状と野球の才能の関係性に関する記述
・謎競技「ゴルフボウリング」
・勝手に試合の観客の写真を載せて、写っている人に連絡をくださいと呼びかける、サッカーマガジンの「あなたです!」という珍企画
などを紹介。スポーツ好きでない私でも楽しめた。3回で終わってしまうのは少々勿体無い。尚、公式サイトで最新回をネットで無料配信するキャンペーンも実施中。
 
 (テレビ東京 314()深夜1:00放送)
鯖世 傘晴

掲載作品

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

昨日ようやく映画「仮面ライダー1号」を観に行くことができました!
ブログに書くのは久しぶりでしたし、Twitterでも良かったのですが、
ご覧のとおり長くなりそうだったので、こちらが良いだろうと。

以下ネタバレだらけ

いきなりタイ・バンコクから始まって不意打ちw
まあ最初のTVの頃から、1号が海外で戦うということはよく出てきますが。
更に大天空寺でのカラオケ大会も不意打ちw
ここの構成と発想の良さが、やはり脚本・井上敏樹氏のスゴさですね。
でも仙人・竹中直人の芸風を活かすには最適だったかもしれないですねw

そしてノバショッカーが企業風のことをやって日本を征服しようとするのが、
全然そういうことをしてくるって知らなかったですし、すごい面白かったです。
人間状態の戦闘員を前に入社式みたいなことしたり、
日本全土を停電させて、日本(総理大臣が紅林刑事こと横光克彦!!)と
電力に関して取引したり。
これも「シャンゼリオン」で
都知事になってから東京都を独立国家にして皇帝に即位する敵を描いた
白倉&井上コンビならではの面白さでしょう。

しかし、この点については、発想の面白さというだけでなく、
メインテーマとも相性が良いネタでもあったと思います。

メインテーマは、(一応私見と断っておきますが、言わずもがなかな?)
命の大切さ、命とは何か、といったことと、
本郷猛=藤岡弘、の生き様そのものだったかと思いますが、

昨今の便利な世の中、(もっと言うと商業化されすぎた世の中)に迎合しすぎて、
もっと大事なもの忘れてるんじゃないか?
って観点が双方(メインテーマと停電作戦)ともあるのですよね。

私も病気になって、社会的弱者にもなって、そういう部分は痛感している部分があるので
よくわかります。まあ辛いことをやりたくないのは私もバリバリそうなんですけどもw

そして、間のおやっさんの孫娘・麻由と本郷猛のやりとりが
恋人のようでもあり、当然親子のようでもあるんですが、
3年前に本郷が麻由が一人前になったとして、彼女を置いて
海外に戦いに行ったのを、麻由は根に持っているんですが、
これが一般人の"仕事と家庭どっちを大切にするのか問題"を彷彿とさせます。

でもそれも、命の大切さ、命とは何か、ってことと関係ありますし、
本郷も必ずしも完璧にできてないという意味で、
逆にテーマの深さに説得力が出ているのではないでしょうか。

後半は、命と藤岡弘、といったメインテーマに関する構成、演出は
どんどん研ぎ澄まされていった印象で、
特に本郷が炎の中から生き返るシーンは思わず泣いてしまいました。

最後に忘れてはいけないのが、
「仮面ライダーゴースト」のタケル、アカリ、御成もTV以上に良い芝居をしていました。
番組のテーマとも沿っていたのも良かったでしょうね。
TVの福田卓郎氏による「トリック」的な個性的なキャラクター設定が
井上敏樹氏の作風にも合っていた所もあるかもしれません。

最初は「シャンゼリオン」コンビで「仮面ライダー1号」って
水と油のようで大丈夫なのかな、なんて思う部分もあったのですが、
今回は上手い具合に中和されて、それだから上手くいった部分もあるでしょうね。

藤岡弘、自身、この御歳であの体、あの凄さってのは目を見張るものがありますが、
そういった魅力を、アクションでも、変身後のボディでも、ストーリーでも
上手いこと落とし込んだのでは、と思います。
当時のTVでは叶わなかった、藤岡弘単独主演を今回やろうという企画意図もありますが、
東映は藤岡さんに対していい恩返しができたのではないでしょうか。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全21ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事