鯖蛇寝得呪憂 のうみそぱーぷるん 〜紫色の欲望

鯖世傘晴の初代ブログがこちらに移転になりました

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

深夜テレビ探検隊

<「NONFIX『エロスの行方・消えゆく秘宝館』」>(フジテレビ)

2015年には残りたった1館の「秘宝館」!その歴史と現在に迫る、深夜ならではのドキュメンタリー 

 温泉地などによくあった、あの「秘宝館」についてのドキュメンタリー番組である。実は、2014年初頭に現存した3つの秘宝館の内、嬉野武雄観光秘宝館が3月末に閉館、鬼怒川秘宝殿が1231(この記事の掲載時僅か3日後!)に閉館し、とうとう熱海秘宝館だけになってしまう。正に今放送するにふさわしい題材なのである。
 

番組では、もう少し浅い時間帯では絶対モザイクがかかるであろう、男性器的なオブジェも無修正で放送する、少し刺激的な内容(但し性交を描写した部分にはボカシ)。演出は秘宝館を題材にしたDVDを多く手掛ける村上賢司、制作会社はドラマ等を多く手がけるドリマックス。各秘宝館の展示物の紹介には、「秘宝館の女神」として女優の麻生久美子がナレーションを務めた。

 
 冒頭では、秘宝館に現在ハマっている18歳の女性が登場する。彼女の話によると、元々遊園地が好きだったが、大人になって行くと意外とつまらなく思う反面、18歳の現在だと秘宝館は新しい感覚で刺激的で楽しいのだという。その時の写真を友達に見せると、友達も結構テンションを上げて見てくれるらしい。
 
 そして番組は、秘宝館を研究する、北海道大学特任助教の妙木忍氏に話を聞く。またしても女性である。彼女によると、秘宝館の始まりは197210月に誕生した元祖国際秘宝館伊勢館。その後、温泉地を中心に一時は20を超える秘宝館が存在した。
 
 しかし、90年代から秘宝館は減少を続ける。今年3月に閉館した嬉野武雄観光秘宝館の管理責任者の話によると、5年前に規制などが原因で館内のアダルトグッズを廃止した時から赤字に転落してしまったと言う。売上は40%程になったと言う。おまけに展示の内容上、電気代が月20万円もかかる等、経費がかさむ。
 
 秘宝館が衰退した理由は何か。数多くの秘宝館を手掛けた川島和人氏に聞くと、やはりアダルトビデオの台頭を、前出の妙木氏は、集団で場を消費する文化が少なくなったことを挙げた。両氏とも文化的な変遷に拠るものだとしている。
 
 最初は題材の突飛さに惹かれて視聴したものの、内容は柔らかく面白みのある語り口ながら、秘宝館への愛に溢れ、しっかり秘宝館とは何かを知ることが出来、文化とは何かを考えさせる内容であった。(フジテレビ1217日深夜2:293:29放送)
 
鯖世 傘晴

掲載作品

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

深夜テレビ探検隊
<「ネリさまぁ〜ずseason2」>(日本テレビ)
アンジャッシュ児嶋vs渡部、宿命の対決! 渡部のブリーフ一丁ギャグに一同騒然!!
 毎回ハードなお笑い企画を繰り広げているこの番組だが、214日の放送では、アンジャッシュ児嶋が、最近グルメや高校野球の応援ばかりやっている相方・渡部に「笑いをもっとやれ!!」と喧嘩腰で登場し、児嶋vs渡部の、リーダーと罰ゲームをかけたお笑い対決を開催。確かに個人的にも渡部の文化人風のキャラが少し気になっていたので、これは面白そうだ。
 
しかし、これには渡部からも反論が。
「本当はお笑いをやりたいんですけど、もう児嶋がこんなこと(スベリキャラ)になっちゃって、ネタも全然ウケなくなっちゃって。俺ら帰る所ないんですよ。」
というマジメな悩みで、大竹からも「お前のせいじゃないか!」と言われて、分の悪い児嶋。
 
問題の罰ゲームは互いがやりたくないことをやらせるということで、児島の希望で、渡部が負けた場合はブリーフ一丁で、ぼんちおさむのおなじみ衝撃ギャグ「おさむちゃんです!」ならぬ「わたべちゃんです!」を披露するということに。確かに渡部のその姿は見てみたい。
 
しかし、第1対決の「手押し車ポカポカBB弾対決」では児島が敗北。そして第2対決は、ドSキャラの「トラブルガール」こと愛菜が登場し、滅多に笑わない彼女を笑わせる対決だ。
 
 先攻は児嶋。意外にもキレキレな芸で、さまぁ〜ずには好評。
三村「(同じように)キレキレの渡部が見られるのかな?」
大竹「(そしたら渡部が)もしかして仕事が減るんじゃねえか?」
と後攻の渡部にプレッシャーをかける。
 
 すると、渡部は何を思ったのか、何とブリーフ一丁で
「わ〜、わ〜!! わた〜!わた〜!!
とのたうち回り、罰ゲームでやるはずの「わたべちゃんです!」をやり始めたではないか!
 
特にステージの溝に収まって腰を浮かす渡部の姿に、三村は「名シーン!」「あの渡部いたんだね。」と、もはや感動の域。ちなみに勝負は、愛菜の手紙によるジャッジで、まさかのドローだった。
 
 最近は児嶋ばかりバラエティ番組でイジられているが、しっかり者でお笑いを諦め気味の渡部も、こういうイジり方をすると最高に面白くなることがわかった。互いに言いたいことがある、微妙な仲のアンジャッシュ。今後も二人で対決したら、いいものが見られるのではないだろうか。要注目だ。
(日本テレビ 214()深夜1:20放送)
鯖世 傘晴

掲載作品



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事