鯖蛇寝得呪憂 のうみそぱーぷるん 〜紫色の欲望

鯖世傘晴の初代ブログがこちらに移転になりました

東映ネタ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

昨日ようやく映画「仮面ライダー1号」を観に行くことができました!
ブログに書くのは久しぶりでしたし、Twitterでも良かったのですが、
ご覧のとおり長くなりそうだったので、こちらが良いだろうと。

以下ネタバレだらけ

いきなりタイ・バンコクから始まって不意打ちw
まあ最初のTVの頃から、1号が海外で戦うということはよく出てきますが。
更に大天空寺でのカラオケ大会も不意打ちw
ここの構成と発想の良さが、やはり脚本・井上敏樹氏のスゴさですね。
でも仙人・竹中直人の芸風を活かすには最適だったかもしれないですねw

そしてノバショッカーが企業風のことをやって日本を征服しようとするのが、
全然そういうことをしてくるって知らなかったですし、すごい面白かったです。
人間状態の戦闘員を前に入社式みたいなことしたり、
日本全土を停電させて、日本(総理大臣が紅林刑事こと横光克彦!!)と
電力に関して取引したり。
これも「シャンゼリオン」で
都知事になってから東京都を独立国家にして皇帝に即位する敵を描いた
白倉&井上コンビならではの面白さでしょう。

しかし、この点については、発想の面白さというだけでなく、
メインテーマとも相性が良いネタでもあったと思います。

メインテーマは、(一応私見と断っておきますが、言わずもがなかな?)
命の大切さ、命とは何か、といったことと、
本郷猛=藤岡弘、の生き様そのものだったかと思いますが、

昨今の便利な世の中、(もっと言うと商業化されすぎた世の中)に迎合しすぎて、
もっと大事なもの忘れてるんじゃないか?
って観点が双方(メインテーマと停電作戦)ともあるのですよね。

私も病気になって、社会的弱者にもなって、そういう部分は痛感している部分があるので
よくわかります。まあ辛いことをやりたくないのは私もバリバリそうなんですけどもw

そして、間のおやっさんの孫娘・麻由と本郷猛のやりとりが
恋人のようでもあり、当然親子のようでもあるんですが、
3年前に本郷が麻由が一人前になったとして、彼女を置いて
海外に戦いに行ったのを、麻由は根に持っているんですが、
これが一般人の"仕事と家庭どっちを大切にするのか問題"を彷彿とさせます。

でもそれも、命の大切さ、命とは何か、ってことと関係ありますし、
本郷も必ずしも完璧にできてないという意味で、
逆にテーマの深さに説得力が出ているのではないでしょうか。

後半は、命と藤岡弘、といったメインテーマに関する構成、演出は
どんどん研ぎ澄まされていった印象で、
特に本郷が炎の中から生き返るシーンは思わず泣いてしまいました。

最後に忘れてはいけないのが、
「仮面ライダーゴースト」のタケル、アカリ、御成もTV以上に良い芝居をしていました。
番組のテーマとも沿っていたのも良かったでしょうね。
TVの福田卓郎氏による「トリック」的な個性的なキャラクター設定が
井上敏樹氏の作風にも合っていた所もあるかもしれません。

最初は「シャンゼリオン」コンビで「仮面ライダー1号」って
水と油のようで大丈夫なのかな、なんて思う部分もあったのですが、
今回は上手い具合に中和されて、それだから上手くいった部分もあるでしょうね。

藤岡弘、自身、この御歳であの体、あの凄さってのは目を見張るものがありますが、
そういった魅力を、アクションでも、変身後のボディでも、ストーリーでも
上手いこと落とし込んだのでは、と思います。
当時のTVでは叶わなかった、藤岡弘単独主演を今回やろうという企画意図もありますが、
東映は藤岡さんに対していい恩返しができたのではないでしょうか。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
前回、アストロスイッチの収納法として
ザ・ダイソーのおりがみケースを紹介しましたが、
1ケースにつきスイッチ10個ということで、
今は大丈夫ですが、今後増える、という訳で、

気が早いですが、
そのおりがみケースを入れるケース(爆)を
またもやザ・ダイソーで調達しました。

よく見かけるような取っ手のあるケースですが。
でも意外と16.5cm幅のおりがみケースが入るものを探すのに
苦労しました。

これは4ケース入ります。

写真は今日発売の「アストロスイッチセット01」と…。
でも、No.8のチェーンソースイッチが、
配置的にちょうど、取っ手を納める窪みのところにあたってしまい、
スイッチを半開きにした状態でしか、入りませんでした。
な〜む〜

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

今年のはじめの方に
私のオ―メダル収納法」や「私のレンジャーキー収納法」とかいう
記事も書きましたが、今回はそのアストロスイッチ版です。


結局オ―メダルもレンジャーキーも劇中準拠の収納商品が
ラインナップされていますが、まあ一応…。
(レンジャーキーBOXは10月発売でまだ先ですが)


「フォーゼ」も年末あたりに「DXアストロスイッチカバン」という
劇中にも登場予定のが発売されます。

ただこちらは「オーメダルホルダー」と違って、
劇中の18個収納ではなく、10個収納だそうです。


おまけに定価3000円くらいするので、
これは1個くらいしか買う気になれない…
(てか私はホルダーも1個しか買っていませんが…)

という訳で、代用品を探しました。
今回も当たり前のように、ザ・ダイソーで探しましたが、
メダルと違って立体感があるので、
むしろ良さそうなのは、結構いろいろありました。

しかし、実際いろいろ買って試してみると、
サイズと個数とかが、いい感じなのは結構少なかったです。
(劇中登場のものが40個、レジェンドライダースイッチが20個みたいなので、
その素数の個数の収納がいいですよね…)
特に、変な半端なスペースが出来てしまうのは、まあ微妙ですし。


結論から書きますと、(てか写真をもう出していますが…)
本来は折り紙を入れるケースの

「ザ ケース おりがみケース」です。

宣伝文句には、「取っ手が付いて持ち運びが便利」
「取り出しやすい」「約400枚入ります」
「15×15cmの折り紙がピッタリ納まります」
とか書いてありました…。

ほぼ同じような商品で、
不透明のピンクや黄色のもあったのですが、
ここはやはり、(ちょい乳白色の)透明をチョイスしました。

実は、最初はスイッチ収納じゃない用途でたまたま買っていたのですが、
いろいろ試行錯誤しているうちに、
家にあったコイツがいい感じなことに気づいた、という感じです。

その後、今後の為を考えて、複数個買いに行ったら
すごく大量に余っていて良かったです(爆)。


ちなみに、写真を見れば一目瞭然ですが、
スイッチは寝かせる形で5個×2段で計10個入ります。


しかし、そのまま入れただけでは、持ち運んだときに
スイッチが散乱してしまうので、
工作用紙でつくった仕切りを入れています。

仕切りの表面は、こちらも「ザ・ダイソー」で調達した、
「貼れるシート ホログラム柄」(345mm×450mm)を貼っております。

ウラの台紙が方眼になっているので、使いやすいです。


ちなみに、佳作だったのは、
商品名の記録を残しておかなくてスミマセンですが、
市販のCDをケースのまま5枚重ねて収納できるケースです。
こちらも同様に寝かせた状態で5×2=10個入るのですが、
(折り紙ケースに比べると、)無駄に厚みがあって、少しかさ張りました。

あともう1個、「ストレージボックスNo.2」というのも悪くなかったです。
縦に立たせて、前後4×2=8個入ります。
ただ、個人的に、ナンバーのラベルが見たかった気がして、
路線変更。

ただ、どちらも仕切りみたいなのは、あったほうがいいでしょう。


では今回はこんなところで…

この記事に

開く コメント(0)

もう9月ですね。

今回は10月の新番組ではなく、8〜9月に始まったドラマについてちょっと…。

地上波で今月はじまったドラマと言えば、
もうズバリ、東映「仮面ライダーフォーゼ」と
東海テレビ&泉放送制作「毒姫とわたし」くらいしかない訳ですが。

まあ「フォーゼ」は、非常にハマった「オーズ」の後で、
メインスタッフも、私が作風をよく知っているのは塚田Pくらいなので
最初からちょっと一歩退いて見ている感じですね。
それこそ昨日はじまったばかりですし。

ちなみに、ライダーのデザインは、
最初発表された時は、さすがに「なんぢゃこりゃあ゛…
てかスカイゼルやん」状態でしたが、
もうふた月経って、普通に格好よく見えてたので、
そこはプラスにもマイナスにもなってない感じです。

「ダブル」なんかよりは、ふざけた感じになるのかな〜
とは予想している(た)のですが。

とはいえ、笑いどころやテンポの良さとかが散りばめられていて、
普通に好印象です。

まあ、今のところヒロインのユウキ以外、あまり良い印象のない
後の仮面ライダー部になるっぽいレギュラーの面々が
今後どう仲間になっていくのかは、見所かな、と思います。

でも、個性の強すぎる人たちの集まり、という意味では
平成ライダーの王道かもしれませんね。
最近だと、ダブルやオーズは、余り悪い・ひねくれた性格のキャラは
いませんでしたが。
まあオーズは地味だけど結構変な奴ばかりでしたけど。

ただ、オーズは私のよく作風を知っているスタッフと
興味のあるテーマで、
ダブルは、私の基本的に好きな事件ものの体裁だったので、
フォーゼは今のところ、
個人的な趣味にフィットする部分は少ないかもしれません。
暴走ギャグとかに持ってきてもらえれば、良いのだけれど。


↓つづく

この記事に

開く コメント(0)

さて、後編は、CSの時代劇の話…


時代劇専門チャンネルで、
1972年にフジテレビと東映が土曜20時にやってた
「お祭り銀次捕物帳」が11:00,23:00で放送開始。
あおい輝彦主演で、そこまでは知っていたのですが、
こいつが、太鼓のバチで、殺陣をするというか敵をやっつける、
というトンデモ系時代劇でした。(相手は日本刀なのによぅ)


てか、響鬼紅よりも23年も早い…! でも知らなかった…。


おまけに全体のノリ、というか
テーマ曲が、なんとも70年代独特の朗らかな雰囲気…
今からすると、かなり前衛的な感じです。
1,2話の脚本が佐々木守なんですが、確かにそんな感じの作品。
でも三船プロ「江戸の牙」(1980)みたいに
前衛的でかつかっこいい感じではなく、余りかっこよくはない…。


オープニングの歌詞の
「待ってましたは、若い人〜 待っておくれはお年寄りィ〜」
てのがなんとも…。


 



それと、8:00,20:00の「暴れん坊将軍II」ですが、
この間9/2の放送で、彗星が出てきていて、びっくり!!
(#129「夜空燃ゆ!呪いのほうき星」)


現在テレビ朝日でも10:30に再放送されている、パートIXの
彗星が八王子に堕ちる話(#19「江戸崩壊の危機!すい星激突の恐怖」)が、
何度か再放送されて強烈な印象で記憶に残っていますが、
パートIIでも、彗星が出てきていたとは…。


ただし、こちらは流れ星としての登場(?)なので、
IXと違い、大スペクタクルな話ではないですが、
青白いでかい流れ星の彗星を見て
(これも結構インパクトあり…宇宙のシーンも少し)、
町の人たちが「天変地異だ!!」と言って
屋根から何人もころげ落ちたり(爆)
買占めや、不審火など、平和が乱されるというお話。


で、これは史実にそうあった的な解説があったので、
おそらくIXも元は同じ話なんでしょうな。


IX版は、テレ朝で9/15(木)に放送予定ですが、
こちらは1999年放送ということで、
恐怖の大王や、映画の「アルマゲドン」を意識していると思われます。


映画「アルマゲドン」は何故か中学の時、学校で観たのですが、
アレはくすぶっているアメリカ人たちが、命を賭けて地球を救うという、
言ってしまえば、ベタなサクセスストーリーおよび、
アメリカ的ナショナリズム炸裂な内容で、
感動をいかにも煽るようなつくりでしたが、


「暴れん坊将軍IX」は、
やはり江戸時代のお話なので当然なのかもしれませんが、
吉宗が趣味の望遠鏡で、落下してくる隕石を見つけて、
笹野高史演じる、頭は冴えるがうだつの上がらない天文学者が
隕石の落下場所を必死で計算して(結果、そこが八王子なのですが)
それで真っ先に住人を避難させて、
堕ちたけどセーフ…という、
なんともクレバーで静的な描写が、
ものすごい、先の「アルマゲドン」と対照的(挑戦的!?)で、
好感が持てるストーリーになっていました。


おまけに、騒動を利用して番組定番のお偉いさんが悪事を働いたり、
それを吉宗が成敗したり、というのもありますし、
隕石落下の低予算特撮も超インパクト大
(ちょっと同じ阿部Pの「ダイナマン」のスーパーダイナマイトっぽい)。


良かったら、関東にお住まいの方は見て下さいませ。
(東映公式…
 http://tvarc.toei.co.jp/tv/user/program/browse3.asp?Command=Old&StrNum=19&SID=7)

この記事に

開く コメント(0)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事