芦原会館 帯広支部

新国際空手道連盟芦原会館
帯広支部
 
 劇画「空手バカ一代」の登場人物として知られる先代・芦原英幸。“ケンカ十段”の異名を取った伝説的な空手家が単身四国に渡り、1980年9月に極真会館から独立して創設したのが「新国際空手道連盟 芦原会館」です。故・芦原英幸は初代館長として、従来の空手にプラスしてサバキ理論(力技ではなく、手足の連動と円運動によって相手を制する技)を生み出し、誰にでもできる空手の普及に努めてまいりました。現在は初代の長男である芦原英典館長が遺志を引き継ぎ、日本のみならず、世界各地に道場を運営するに至っております。
国内に約160、海外に約170の支部があります。
 
 先代の芦原英幸先生によって体系化された独自の技術「サバキ」は空手界ばかりではなく、海外の軍事組織や警察関係者からも高い評価を得ています。
 現在、直接打撃制空手界は競技(大会、試合)化が浸透しマスコミにも度々取り上げられていますが、芦原会館は公式には大会を行わず、宣伝活動もほとんど行っていません。にもかかわらず発展しているのは安全で合理的に誰でも習得できる稽古体系、生涯を通して修行できる独自の技術が確立しているからです。
 
帯広支部では、入会、見学等大歓迎です。
見学につきましては、事前にご連絡等は必要御座いません。
 
場所:帯広市西4条南13丁目1番地 とかちプラザ5階
稽古日時:毎週水曜日・土曜日 19:00〜21:00
 
イメージ 1
 

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事