ここから本文です

ドクター差別と選ばれし者たち

書庫全体表示

やることがイッパイ

 東洋経済オンラインには、鉄道オタクがいるのか、「鉄道最前線」というコーナーがあり、これまで何度か、「女性専用車両」に直接的又は間接的に関連する記事が掲載されています。

「女性専用車両」、関東と関西でまったく違う 出張の時に間違えたこと、ありませんか(2016年03月12日)

「痴漢冤罪」は鉄道会社と弁護士が組めば減る 鉄道業界だけでは「無実の人」は救えない(2017年05月29日)

 今回、「女性専用車両に反対する会」の代表のところに記者さんから、「女性専用車両の中で何が起こっているのか?」を中心に記事を書きたいのでインタビューをお願いしたい、との連絡があったそうです(注:「女性専用車両」をネットで検索すると、そのネーミングから、「女性専用車両に反対する会」が上位にランクされる)。しかし、その記者さんが横浜市在住ということで、同じ「横浜市在住」の私・ドクター差別(=差別ネットワーク代表)に「おはち」が回ってきましたので、快諾しました。インタビュー場所は、横浜そごうの9Fにある喫茶店です。

 最初から、「女性専用車両の中で何が起こっているのか?」を中心の記事だと聞いていたので、私らの活動、「任意確認乗車」については、あまり取り上げられないだろうと知りつつ、(この手の話は)話せば長くなる、6時半から8時ギリギリまで(注:お店自体が8時に閉店、てか、その階自体が8時で利用できなくなる)、話込んでしまいました(苦笑)

イメージ 1
横浜そごう9Fの見取り図、トイレの数が「おかしい」ですね

 要するに、「女性専用車」内で化粧をする女性、女性同士のトラブルなど、そういう話が中心でしょう。ですから、たぶん、「女性専用車」に(わざわざ)乗り込む男性(=私ら)のことは、ほとんど取り上げられないかも知れません。1時間半しゃべっても、使われるのは、ほんの「数行」の可能性があります。

 そうと承知しつつ、「女性専用(車)」というウソ、「痴漢対策」というウソ、「連帯責任論」の誤り、「法律論と契約論」、「男性対策」という現実、「痴漢被害の減る痴漢対策」などについて話をしました。とくに、「なぜ、(わざわざ)乗車するのか?」については、「他の男性が自分の乗りたい車両に自由に乗れるようにするため」だということを強調しておきました(注:いわゆる「利他主義」である)。

 記者さんから、私に「冤罪問題については活動されないのか?」との質問がありましたが、「(やらないわけではないが)女性専用車で、今のところ、手一杯(で難しい)」とお答えしました。と言うか、今でも、ある意味、「分業制」で、「女性専用車」に乗車することがメインの人もいれば、「トイレ」の男性差別問題に熱心な人もいれば、「女性割引(=レディースデー)」に敏感な人もいれば、人それぞれです。

 そもそも、「ドクター差別に(男性差別の問題なら)何でもやってくれ」というのは、物理的に、無理な相談です。てか、何でもやったら、それこそ、活動が散漫になります。「虻蜂取らず」になってしまいます。

 みんなで、分担すればいい、それぞれが自分のできることをやればいいのです。それが「ボランタリー活動」の基本です。「ドクターさん、○○もやってください」と言われますが、(責任感があればあるほど)中途半端なことはできませんので、(頼られるのは)ありがたいことではありますが、(丁寧に)お断りしています。

 なお、記事の掲載は、1週間から10日後くらいだそうです。


この記事に

  • 顔アイコン

    自分の出来る範囲で自己責任で
    自由にすれば良いと思います。
    任意確認乗車は物理的に簡単に出来る
    人権運動だと思います。
    ちなみに記者さんも自分で
    任意確認乗車をすればリアルな記事が
    書けますよ。
    特に関西在住の記者さんは{苦笑い}

    [ もりやん ]

    2017/7/17(月) 午前 8:51

    返信する
  • 顔アイコン

    もりやんさん

    >自分の出来る範囲で自己責任で自由にすれば良い

    その通りです。たとえば、「顔バレ」したくない一般の方とは違う形で、私の場合、世間に知れれば知れるほど、別の意味でのリスクを背負ってやっております。これは、もりやんさんもそうでしょう。

    >任意確認乗車は物理的に簡単に出来る人権運動

    そうですね、「乗ればいいだけ」です。しかし、それに不快感や危険が伴う、異常ですね。

    >記者さんも自分で任意確認乗車をすれば

    言い忘れましたが、今回の記者さんは「女性」でした。

    ドクター差別

    2017/7/17(月) 午後 1:02

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事