ここから本文です

ドクター差別と選ばれし者たち

書庫全体表示

 「賛成派」にしてはマトモなコメントがあったので、返答しました。と言っても、(誹謗・中傷、皮肉がないだけで)知識不足や勘違いがあります。「男性専用車(両)」の導入を求めるのは、所詮、「賛成派」の理屈(注:「女性専用車(両)」を容認する前提で、「男性専用車(両)」の導入を論じている)です。それに「反対派」の「男性専用車(両)賛成派」は、早く、気づいていただきたいものです。

声掛けは許さない(有楽町線編)

女性専用車両が男性差別を助長しているものとして、

 「女性専用車」の最大の問題点は、ウソをついていることです。あなたも勘違いされているかも知れませんが、日本には「女性専用(の)車両」は存在しません。存在するのは、「女性専用車」という名の誰でも乗れる車両です。この意味では、「男性差別」ではありません。

 ただし、ウソの上塗りの執拗な声掛け・アナウンスのせいで、事実上、男性が乗れない、非常に乗りにくくなっているわけで、結果的に「男性差別」となっている、とは言えるでしょう。

男性専用車両も設けられたとします。

 万が一、設けられたとしても、「女性専用車」と同様、「男性専用車」という名の誰でも乗れる車両です。

あなたは女性専用車両乗り続け、

 「男性専用車」が設けられることは(ほぼ)ないでしょうが、それこそ万が一設けられたとしたら、わざわざ、時間と労力とお金を掛けて「女性専用車」には乗らないでしょう。ただし、利便性や(前方や後方の景色を見たいなど)その他の理由があれば、「わざわざ、乗らない」なんてことはしないでしょう。

抗議を続けられますか?

 勘違いされているようですが、私が「女性専用車」に乗るのは、「抗議のため」ではございません。鉄道会社が「男性も乗れます」と言うから乗っているだけ、「任意性」が担保されているかどうかを確認するために乗車しているだけです。

また、男性と女性の乗る車両を完全に隔離するという意見に対してはどのような考えをお持ちですか?

 鉄道会社が「痴漢対策」(及び「痴漢冤罪対策」)を最重要課題と位置づけ、なおかつ、国民のコンセンサスを得られれば、その旨を「旅客営業規則」にキチンと明記し、実施すればいいでしょう。ただし、イスラム圏の国々やインドのように宗教上の理由もなく、公共交通を「男女別」にすることについては、当然、異論が噴出するでしょう。


この記事に

  • 顔アイコン

    冤罪が出ようが自殺者が出ようが、鉄道会社は<男の意見など眼中にない>って、みんな学習してるはずですがね。
    みんなが願えば作ってくれるって信じても無駄。
    鉄道会社は、共産党だと思った方が無難かな。

    [ さんちゃ ]

    2017/8/2(水) 午後 6:09

    返信する
  • 顔アイコン

    ドクター差別 様
    女性専用車両の試験的導入が行われたのが2000年12月(Wikipedia:日本の女性専用車両)。従って、「一般市民の意識」からすれば、「女性専用車両があって男性専用車両のない時代」が、今年で17年となります。この間、女性専用車両は、日本の社会の「女性優遇是認と拡大」「女性専用化社会の是認と拡大」つまりは「男性差別の是認と拡大」に、非常に大きな役割を果たしてしまった、と私は感じていますが、ドクター差別さんは、この件について、どのようにお考えになりますか?

    [ 翠流 ]

    2017/8/3(木) 午前 1:48

    返信する
  • 顔アイコン

    翠流さん

    >「女性専用車両があって男性専用車両のない時代」が、今年で17年

    「女性専用車両」と「他の女性優遇策」との大きな違いは、「女性専用車両」は存在しないが「他の女性優遇策」は存在する、というところです。

    ただし、「女性専用車両」が存在する、という勘違いが、「他の女性優遇策」の正当化・具現化に影響したことは間違いないでしょう。

    ドクター差別

    2017/8/3(木) 午前 2:20

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事