ここから本文です

ドクター差別と選ばれし者たち

書庫全体表示

 痴漢に遭っても声を出せない女性がいる? だから、どうだと言うのか? だから、「何の関係もない男性を排除していい」とでも言うのか? だから、「女性専用車が必要」とでも言うのか?

 そもそも、「犯罪に遭っても声を出せない(ほど、か弱い)」なんてのは、(大の大人なら)自慢にならない話で、差別(=男性排除)をする言い訳にもならない。そんなことだと、(座間のような)悲惨な目、海外で悲惨な目に遭う可能性が高くなる。そうでなくても、世の中には(少なからず)悪い奴がいるのだから、しかも、どこにでもいるのだから、他人に頼らず、「女性専用車」に頼らず、自衛するのは当然である。

 ところで、「痴漢に遭っても声を出せない女性がいる」というのを「女性専用車」が必要な理由にするのなら、その「痴漢」をでっち上げて、示談金を巻き上げようとする女性は、どうするのか? 「か弱い女性」のために「女性専用車」が必要なら、「痴漢にでっち上げられる男性」のためには、何をしてくれると言うのか? 「男性専用車」なんて、ありません。

 この時点で、「女性専用車があって、男性専用車がない」という時点で、(男性)差別であるのは明々白々である。女性が権利を主張するなら、男性の権利も保障するような形で主張すべきである。痴漢でっち上げする女を無視し、「痴漢に遭っても声を出せない女性がいる」なんて言い訳しているようでは、「自分勝手(=自分たちのことしか考えていない)」と言われても仕方あるまい。

 ところが、話は、そこで終わらない。なぜなら、そもそも、「女性専用」にしろ、「男性専用」にしろ、一般旅客車両を「専用車両」になんてできないからである。なら、今ある「女性専用車」は、何なのか? 「女性専用車」という名の誰でも乗れる車両に過ぎない。つまり、「女性専用(車)」、「Women Only」などという(ステッカーの)表記は、真っ赤なウソなのである。

 もし、本気で「女性専用車」をつくりたかったら、特別旅客車両の1つである「貸切車両」にするしかない。これなら、「女性だけ乗る車両」はもちろん、「男性だけ乗る車両」を設けることは可能である(注:もう1つの特別旅客車両である「グリーン車」は、属性による差別はできない)。しかし、料金体系が違うし、誰が代表して申し込むのか、を考えると、実際には、とてもとても通勤電車のなかに毎日毎日、「貸切車両」はつくれないだろう。

 もう1つ、「女性専用車」、「男性専用車」をつくる方法がある。それは、列車全体を「男女別」にする方法である(注:家族連れやカップル等のために、一部、「男女共用車両」を残してもいい)。これとて、国民のコンセンサスのいる話、運送契約を改定する必要があるが、「差別」ではなく、「区別」である分、現実味はあるだろう。

 結局、最も現実的なのは、混雑緩和をしたり、車内に防犯カメラを設置したりして、痴漢や痴漢でっち上げを防ぐ方法である。また、自分自身で、犯罪に遭わないようにする、それしかない。「他人を排除して、自分は楽をしよう(=自衛をしない)」なんてのは、バカげた発想である。


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事