ここから本文です

ドクター差別と選ばれし者たち

書庫全体表示

 1月11日、遅ればせながら、今年最初の「任意確認乗車」です。新春のお題は、「こちらから声掛けする」です。さて、どうなりますやら(笑)

 東急パスを買って、ホームへ。

イメージ 1
まだ暗いですね

 (タキタさんとの)待ち合わせまで時間があるので、一旦、横浜に行って、そのまま横浜市営には行かず、渋谷方面行きの乗り換え、何もなければ、学芸大学で折り返す予定です。

 しかし、最初からつまずいてしまいました。大倉山駅で、乗車の際、こちらから(車掌に)声掛けするつもりが、ちょっとの隙を突かれて、車掌に声掛けされてしまいました。直ぐ発車なので、問い質すことは控えました。

 横浜駅に着いたので、車掌を問い質しました。すると、何と、「乗れない」と返答しました。

 (みなとみらい線となり)直ぐに発車したので、ホームにいる若い駅員に、車掌に「乗れない」と言われた、と抗議しました。ところが、その駅員も、「乗れなくはない」と、奥歯にモノが挟まったような答え。これ、「賛成派」がよく言う、「乗れなくはない(けど、普通は乗らない)」ということでしょう。大きな声で、「任意周知」をしました。

 若い駅員を尻目に、堂々と乗車しました。菊名を過ぎたあたりで、対面に座っているオバサンが何か言いたそうです。録音の準備をして、「はあ〜?」という感じをしたら、ステッカーを指差し、声掛けしてきました。

 「知らないと思って」なんて言うので、「(「男性が乗れる」と)知らないのは、あなたでしょ。駅員に聞いたら?」と言うと、私に(駅員に)聞きなさいと。はあ〜? よくあるパターンですが、なぜ、「男性も乗れる」と知ってる私が駅員に聞かないといけないのでしょう???

 私「一緒に降りて聞こう」、オバサン「いや、わざわざ降りない」、私とオバサン「やっぱ、一緒に降りよう」、二転三転し、結局、日吉で一緒に降りることにしました。ところが、発車時刻が迫っていて、オバサンが降りたらドアが閉まってしまいました。

 その後も、私が乗っているだけで、オバアサンが文句を言ったり、少し前にドンと足を鳴らした情緒不安定そうな(マスクをした)女もいたので、武蔵小杉で降りて、近くにいた(交代した)運転士に抗議しました。鉄道会社が「男性も乗れる」と言わないから、女性乗客が暴言吐いたり、暴力を振るう、と言ったら、「暴力を振るわれたら、通報ボタンを押して」なんて言いました。

 それ、事後処理です。女性乗客が暴力を振るわないように、なぜ、事前に対策を講じないのでしょう? 「対策」と言っても、単に本当のこと言えばいいだけ、「男性も乗れる」と言えばいいだけです。なぜ、言わないのでしょう???

 (武蔵小杉で)横浜方面行きのホームへ、停まっている各停に乗車しました。女性車掌がこれみよがしに案内アナウンスをしましたが、元住吉で、男性車掌に交代してしまいました。しつこくしたら、声掛けしたのに、残念。

 横浜市営地下鉄に移動しました。時間に余裕がなくなってきたので、改札で駅員への声掛けは取りやめ、来た電車に飛び乗りました。車内でオジサンが通過、男性も2人乗っています。斜め対面に(オジサンに見える)オバサンが座っていて、ステッカーを指差し、私に「女性専用車」と言っているようです。

イメージ 2
見た目なら、「男性」に見えたんですけど?

 この車両、ホント、何のためにあるのでしょう???

 それ以外は何事もなく、湘南台へ。小田急線に移動し、タキタさんと合流しました。いつもは、私の方が早いのですが(と言っても、タキタさんは早く来て、喫茶店で時間調整しているらしい)、今日は、私がギリギリでした。

イメージ 3
いつも7:58発の急行です

 急行がやって来ました。あちらから声掛けしそうな雰囲気だったので、(今度は)間髪を入れず、こちらから声掛けしました。すると、「乗れるとは言えない」ですと! なぜ、本当のことが言えないのでしょう????

 (車掌に)声掛けして乗ると、後が「大人しい」ようです。何事もなく、中央林間へ。

 田園都市線に移動、ここでも、こちらから乗務員(業務の終わった運転士か?)に声掛けしました。頼りなさそうに、しかし、「乗れない」との仰天発言がありました。別のドアから入って座っているタキタさんを指差し、「なら、あの人は?」と聞くと、「これから声掛けする」とのことでした。すばらしい「連係プレー」となりました。

 乗った時はガラガラでしたが、途中でひどい遅れが生じ、車内は混雑していました。しかし、私らは座っていたので、ただ「待つのみ」でした。

 いつもの喫茶店で、タキタさんと情報交換していると、タッチさんから連絡がありました。普通の人は、「複数以上」で乗りたがりますが、タッチさんは単独行動が得意だそうです。しかし、小田急線で車掌に腕を掴まれたとのことでした。こういうことが(たまに)あるので、できれば複数(以上)で行動した方がいいかも知れません。

 タキタさん、タッチさんとお別れし、私はみなとみらいに向かいました。チラシの印刷のためです。ところが、途中で電話を入れたら、珍しく、予約が(午後)3時までいっぱいだそうです。仕方がないので、チラシ印刷は後日ということで、帰りました。タキタさん、タッチさん、お疲れ様でした。


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事