ここから本文です

ドクター差別と選ばれし者たち

書庫全体表示

 1月30日付のブログ記事「ドクター差別がミソジニスト?」でもハッキリと否定しましたが、ドクター差別をはじめ「反対派」は、決して、「ミソジニスト」ではありません。まあ、なかには何人かいるかも知れませんが、その確率は、一般男性の場合と変わるものではないでしょう。「ミソジニストだから、女性専用車に反対、あるいは、女性専用車にわざわざ乗り込む」なんてことはありません。

 なぜ、断言できるのでしょう? それは、私らは、「女性専用車に象徴される男性差別の元凶は、女性ではなく、男性だと知っている」からです。だから、女性を嫌いである(=ミソジニストである)必要はないのです。

 その「男性」とは、いわゆる「バカ・マッチョ」です。リーダー的地位にある男性が、その権力や権限を使って、ワガママ女性のワガママな要求に応じてしまうから、「男性差別」が生じるのです。「女性専用車」もそう、「クオータ制」もそう、「女性割引」も「レディース・デー」もそうです。

 もちろん、ワガママな要求をする女性も女性なのですが、それだけでは「男性差別」は生まれません。「女性専用車」を見れば、一目瞭然です。権限のある「バカ・マッチョ」の鉄道会社が、女性乗客の「自分さえ痴漢に遭わなければいい」とか、「男と一緒に乗りたくない」などのワガママな要求に応じるから、「女性専用車」なんてのが導入されたわけです(注:と言っても、「男性差別」をする権限はないので、「女性専用」でもないのに「女性専用(車)」などとウソをついたり、問い質されると「任意(の協力)」なんて言って誤魔化している)。

 「クオータ制」も、そうです。「結果の悪平等」を叫ぶ女性団体は、本来、叫ぶ以外、何もできませんが、権力や権限のある「バカ・マッチョ」な議員や役人が、そのバカげた要求に応じてしまうから、「クオータ制(=女性へのえこひいき)」なんてのが導入されたわけです。「女性だから、採用・登用する」は、裏を返せば、「男性だから、採用・登用しない」という男性差別であるにもかかわらず、です。

 コンビニや飲食店での「女性割引」や「レディース・デー」も、権限のある「バカ・マッチョ」なオーナーや店長のせいで引き起こされる「男性差別」です。「営業の自由」なんてほざきますが、「だから、差別をしていい」なんてことは(絶対に)ありません。以前、「文句があるなら来るな! 俺の店だ」なんてタンカを切る(喫茶店の)オーナーがいましたが、「バカに権力を持たせてはいけない」の見本と言えるでしょう。

 まあ、「バカ・マッチョ」は、「女性に気に入られたい」のでしょうが、女性は「上手」です。口先では「アリガトウ」なんて言いながら、陰で舌を出していることでしょう。ホント、「バカ」ですね。


この記事に

  • 顔アイコン

    もりやんさんの動画のコメント欄によく書き込んでいる
    一部の賛成派が、「反対派はモテない」などと意見
    していますが、あのような方々はバカマッチョですね。
    モテるために活動しているのではなく、正義のための
    利他的行動であることを理解できていないようです。

    [ TSCG ]

    2018/2/12(月) 午前 0:29

    返信する
  • 顔アイコン

    善良なる男性は女性の団結力を参考にして
    頂いて男性差別をする組織などに
    抗議や不買い運動などをして
    決して差別企業の言いなりにならない事を
    思い知らせるべきだと思います。

    [ もりやん ]

    2018/2/12(月) 午前 8:26

    返信する
  • 顔アイコン

    >男性差別の元凶は、女性ではなく、男性。
    >その「男性」とは、いわゆる「バカ・マッチョ」です。リーダー的地位にある男性が、その権力や権限を使って、ワガママ女性のワガママな要求に応じてしまうから、「男性差別」が生じるのです。
    >もちろん、ワガママな要求をする女性も女性。

    ・・・・・ おっしゃる通りだと私も思っています。2015年12月に閣議決定された「第四次男女共同参画基本計画」、遡って2013年3月の「男女共同参画の視点からの防災復興の取組み指針(案)の提示」、2012年10月の「防災基本計画の修正」、その背後には、「女性の自己中心性」と、その「ワガママな要求に応じてしまうバカマッチョ」の存在があると、私も強く感じてきました。バカマッチョと自己本位の女たちは男性の危機や困難には配慮しないと言っても決して過言ではないのです。男性の人権は、著しく軽視、或いは無視されています。「第四次計画」の「健康支援」ならば、「いのちの危機」は明らかに男性で顕著な現実があるのに、題名も内容も「生涯を通じた『女性』の健康支援」のままで、閣議決定がなされてしまったのです。

    [ 翠流 ]

    2018/2/12(月) 午前 10:08

    返信する
  • 顔アイコン

    【追伸】 ところで「指針(案)」の件につきましては、ドクター差別さんにも大変お世話になりました。お蔭様で「指針(案)」はずいぶん改善されました。しかし「解説事例集」は、ひどい男性差別のままで、結局それが、そのまま「熊本地震」でも、内閣府男女共同参画局が発するメッセージとして、HPに使われたのです。全くひどい話だと、私は今も思い続けています。「はじめに女性優遇の結論ありき」の女たち、そしてその要求に応じてしまう「バカマッチョ」の男たち。彼女ら彼らが「内閣府男女共同参画局」という国家権力を手にして、「男女共同参画」とは名ばかりの、自己本位のフェミニズム運動を、今日も展開し続けているのです。

    [ 翠流 ]

    2018/2/12(月) 午前 10:10

    返信する
  • 顔アイコン

    TSCGさん

    >「反対派はモテない」などと意見していますが、あのような方々はバカマッチョ

    「暇人」なんてのもありますね。

    >モテるために活動しているのではなく、正義のための利他的行動であることを理解できていない

    全くです。ゲスい連中は、私らが「高尚な活動(=利他的活動)」をしている、なんてツユにも思わないんですね。

    ドクター差別

    2018/2/12(月) 午後 1:59

    返信する
  • 顔アイコン

    もりやんさん

    >抗議や不買い運動などをして決して差別企業の言いなりにならない

    その通りです。ただ、電車は「乗らない(で済む)」という選択肢がないので、「不買い運動」がしにくいわけですが、幸い(?)、鉄道会社は「(女性専用車には)男性も乗れる」と主張していますので、「はい、わかりました。乗ります」となりますね。

    ドクター差別

    2018/2/12(月) 午後 2:03

    返信する
  • 顔アイコン

    翠流さん

    >「女性の自己中心性」と、その「ワガママな要求に応じてしまうバカマッチョ」の存在

    この2つが合体して、「男性差別」」が出来上がるわけですね。

    >男性の人権は、著しく軽視、或いは無視

    上(=国)が上なら、下も下、鉄道会社は、女性乗客の安心・安全の確保には熱心ですが、男性乗客の安心・安全には全く興味がないようです(怒)

    >「指針(案)」はずいぶん改善されました。しかし「解説事例集」は、ひどい男性差別のまま

    これは、役人がよく使う手ですね。公の文書には「差別的なこと」は書けないので、実施する際の手引書で「女性優遇」をするわけです。

    ドクター差別

    2018/2/12(月) 午後 2:09

    返信する
  • 顔アイコン

    女性らによる「男ってバカね・・・」とかいう差別的発言を聞いたことがありますが、この意味では当たっていると思います。
    >「女性割引」も「レディース・デー」も・・・
    コンビニや飲食店では、トイレ差別(女性専用+男女兼用)が男性差別で最も醜いと思います。最近は新装オープンした店舗がそのように改悪されているのを見かけるのでもううんざりです。そういうコンビニには自ずといかなくなりました。

    [ ソックス猫 ]

    2018/2/12(月) 午後 8:52

    返信する
  • 顔アイコン

    ソックス猫さん

    >「男ってバカね・・・」

    「バカ・マッチョ」や「似非フェミ」は、たしかに「バカ」ですが、私ら「選ばれし者たち」は違いますね。

    >トイレ差別(女性専用+男女兼用)が男性差別で最も醜い

    東急は、鉄道だけでなく、ヒカリエやスーパーまで、一環して「女性優遇(=男性冷遇)」を貫いています。それが「東急クオリティー」ですね(苦笑)

    ドクター差別

    2018/2/12(月) 午後 10:06

    返信する
  • 顔アイコン

    ソックス猫 様
    トイレの男性差別の件、お気持ち大変よくわかります。トイレは人間の尊厳に関わる場所です。もうはっきり書いてしまいますが、やむなく大便をしてドアを開けたら、そこに女性が立っていたなんて、本当に死ぬ思いですよね。しかも女性は専用トイレを含めて二つトイレを使えるのに、男性は共用トイレ一つしか使えない。本当にひどい男性差別だと思います。関連して、実はつい最近のことなのですが、私の居住地のローソン3店舗のトイレまでもが男性差別型になっていた。私は非常にショックを受け、とても放置できないので、店長・オーナー・スーパーバイザーさんと交渉して、3店舗とも男女平等のトイレに変えていただきました。障害者対応のトイレには障害者マークもついています。しかし拡大を続けるセブンイレブンには、私が疲弊して行動を起こせなくなっています。数年前までは取組んでいて50%の達成率だったのですが・・・。全国の同志に「たたかい」をお願いしたいですね。

    [ 翠流 ]

    2018/2/12(月) 午後 11:51

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事