ここから本文です

ドクター差別と選ばれし者たち

書庫全体表示

 「田中忠司」という(HNの)方ですが、ネット上のやり取り(=私・ドクター差別の説明)では納得していただけなかったようで、動画までおつくりになって、その疑問を投げかけていらっしゃいます。その執念には、とにかく、脱帽です。

ドクター差別さん「女性専用車両と男性専用車両の数が同じ場合でも差別になる」 本当にそうなのか?【女性専用車両問題】

 なかなか、ご理解いただけないようですが、「ふじゆうげん代表」さんがおっしゃっている通り、たとえ「区別」でも、「差別する意図によってつくられた区別(=segregation)」は、欧米先進国の基準では「差別」になります(注:日本も先進国の一員で、同じ価値観を共有している)。たとえば、白人が「白人専用プール」をつくり、「黒人は黒人専用プールに入ればいい」となれば、一見、「区別」に見えますが、実際は「差別」になります。

 また、電車(=公共交通)の場合、「(一般旅客車両には)運賃さえ支払えば、誰でも乗れる」というのが規則(=大原則)です。ですから、もし性別で乗れない「専用車両」があったら、「女性専用車両と男性専用車両で差別を相殺する」とはならず、「女性専用車両と男性専用車両という2つの差別が存在する」となります。

 一方、「痴漢対策」や「痴漢でっち上げ対策」という大義名分で、列車全体を「男女別」にした場合は、「差別する意図のよってつくられた区別(=segregation)」にはならず、国民(=利用者)のコンセンサスを得られれば、導入される可能性はあります。ただし、「トイレや銭湯、更衣室でもないのに、痴漢対策や痴漢でっち上げ対策を最優先して(安易に)男女別にしていいのか?」という異論が出てくるでしょうし、「自分には痴漢対策や痴漢でっち上げ対策は必要ない。利便性が損なわれる方が重大」と考える人も(当然)いるでしょう。

 なお、動画に(イチイチ)ツッコミを入れるのは手間なので、「ふじゆうげん代表」さんのコメントを紹介しつつ、補足説明をしてみましょう。

たとえば「同数の全く同じ形の車両で同数(または人口比率などで適度に)になるように、白人用・黒人用・アジア人用」に分かれたら、これは差別でしょうか? 質問者様の論理でいえば「同数用意してあるのだから差別ではない」はずですが、アメリカなんかは烈火のごとく非難が怒るのは間違いありません。

 属性で分ける必要がないにもかかわらず「あえて分ける」のは、何か意図がある、「差別的意図がある」となるわけです。アメリカの場合、かつて、その種の差別があったので、余計に「ナーバス」になるでしょう。

そもそも「差別」の基準が「個人の関われない属性によって区別すること」にあるからです。

 「差別」の定義は、「個人の関われない属性によって区別すること」ではなく、「個人の関われない属性によって差をつけて分けること、又は、差をつけて扱うこと」ですね。稀に、「区別」の意味で「差別」という言葉が使われることがありますが、「区別」という言葉があるのですから、「区別」の意味で「差別」という言葉を(わざわざ)使う必要はない、むしろ、誤解を招く恐れがあります。

 また、かつてのアメリカの「白人と黒人の区別(=segregation)」のように、「白人優遇」、「白人優先」の場合だけでなく、ただの「分離」の場合でも、差別的な意図があれば、「区別」ではなく、「差別」になります。

西洋は『配慮したがゆえに、女性を抑圧してきた』という歴史があるのです。

 「レディー・ファースト」なんてのは、その典型ですね。紳士(=マッチョ男)が、(弱者の)淑女を「一段下」に見て、「子供と同等」と見なして、優遇する、それが「レディー・ファースト」の実体です。

その結果欧米には「女性専用車両」やそれに類するものはないのです。

 イギリスでは「女性専用車両は、女性差別である」として、「反対」されますね。インドの「パルダー」(注:未婚の女性や寡婦を仕切りで隔離)がそうですが、「女性を隔離する代物」と理解されているわけです。だから、たとえ「痴漢対策」だとしても、許せないのです。なお、ロンドンには「(女性がドライバーの)女性専用タクシー」は存在するようです。

 結論づけると、①差別的扱いがあれば「差別」、②差別的意図のある区別も「差別」、ということになります。なお、「差別」には、「区別」の意味もありますが、大抵は、「差をつけて(不当に)分けること、差をつけて(不当に)扱うこと」なので、「区別」と言い切ってしまうのは誤りです。

 なお、日本には「女性専用車」という名の(誰でも乗れる)車両はあっても、「男性の乗れない車両(=女性専用車両)」は、1両たりともありません。ですから、そもそも、「田中忠司」さんの私・ドクター差別への質問自体が、「もしも〇〇だったら・・・」的な、「無意味な議論」なわけです。男性も乗れる「女性専用車」、女性も乗れる「男性専用車」が幾つあったところで、所詮、差別ではないのですから。


この記事に

  • 顔アイコン

    翠流さん

    >若干のスタンスの違いはあります

    生まれも、性格も、育った環境も違いますので、それは仕方がない、と言うか、当然のことと思われます。

    >大衆の中に男性差別是認の意識が拡大するのを阻止できず、それが、現在のような「女性優遇社会」「女性専用社会」拡大の一つの要因になってしまった

    と言うか、私らは騒いでいますが、世間的には、まだまだ「マイナー」だからでしょう。それは、私らの努力が足りないと言ってしまえば「それまで」ですが、「女性専用車」や「男性差別」自体が、そもそも、「マイナー」な問題だからでしょう。

    ドクター差別

    2018/2/10(土) 午後 5:12

    返信する
  • 顔アイコン

    この「田中忠司」さんの言いたいことは理解できたのですが、それを正当なものとするための解説がほとんどされていないんですよね。
    たとえば以下の部分。(Youtubeコメント欄から引用)
    >男女乗れる車両の数が同じ場合はそんなに大きな不都合は生じないと思いますので大丈夫だと考えます。

    なぜ大丈夫なのでしょうか?…説明がない。
    自分の常識は他人の非常識かもしれませんよ。

    疑問点を納得するまで考える姿勢は素晴らしいことです。
    この方には、個人的感情を省いて、自分が「正当」だと思っていることを「あえて自分で否定」してみて齟齬がないか確認する思考、および相手が自分の説明で納得するか考察してみる事をおすすめしたいです。

    [ moo***** ]

    2018/2/11(日) 午前 1:59

    返信する
  • 顔アイコン

    moo*****さん

    >そんなに大きな不都合は生じないと思います

    この「台詞」は、「女性専用車」でも聞けますね。「たった1両」、「一部時間帯だけ」(注:関西では、「終日」、「全日」の路線もある)なんて、「賛成派」は、不都合を「過少評価」しますね。

    まあ、そもそも、「不都合がわずかだからいい」って話でもないんですけどね、差別は。

    >自分の常識は他人の非常識

    自分の価値観から「おかしい」と思っているだけで、世間の常識、いや、普遍的な価値観から(物事を)判断しなければいけませんね。

    ドクター差別

    2018/2/11(日) 午前 2:37

    返信する
  • 顔アイコン

    > moo*****さん
    田中忠司 です。

    言葉が足りなくてすいません。
    僕の大きな不都合が生じないというのを具体的に言いますと本来乗客はすべての車両に乗れるはずなのに専用車両を導入すれば男性は女性専用車両の車両、女性は男性の専用車両に乗れなくなるということが発生します。しかし僕はすべての車両に乗ることができるルールを破ることは差別とは考えていません。あくまでも男女で乗れる車両の数が同じ(または人口比率などで適度に)かどうかが大事だと考えているということです。

    [ mat*111*9 ]

    2018/2/11(日) 午後 7:59

    返信する
  • 顔アイコン

    mat*111*9さん

    >僕はすべての車両に乗ることができるルールを破ることは差別とは考えていません。

    いえいえ、「奴隷だった黒人と一緒に乗りたくない」という理由で「白人」と「黒人」を分離したら、白人を優遇していなくても「黒人差別」です。同様に、「痴漢かも知れない男性と一緒に乗りたくない」あるいは「とにかく男とは一緒に乗りたくない」という理由で「女性」と「男性」を分離したら、たとえ、車両数が同数(又は、比率的に同率)だとしても「差別」です。

    また、電車(=公共交通)の場合、「(一般旅客車両には)運賃さえ支払えば、誰でも乗れる」というのが規則(=大原則)です。ですから、もし性別で乗れない「専用車両」があったら、「女性専用車両と男性専用車両で差別を相殺する」とはならず、「女性専用車両と男性専用車両という2つの差別が存在する」となります。

    ドクター差別

    2018/2/11(日) 午後 10:15

    返信する
  • 顔アイコン

    > ドクター差別さん

    まず運賃さえ支払えば、誰でも乗れるというルールの真意は同じ運賃払う限りどのような属性の人でも同じ権利を有するということだと考えています。なのですべての車両に乗れることが大事なのではなく、乗客の権利が平等になっているかが重要なのだと考えています。なので専用車両が男女同数(または人口比率などで適度)ならば乗客の権利は平等の状態だと思いますので問題はないと考えています。

    [ mat*111*9 ]

    2018/2/12(月) 午前 0:17

    返信する
  • 顔アイコン

    > ドクター差別さん

    奴隷だった黒人と一緒に乗りたくないという理由は僕も明らかに差別的意図があると思います。
    しかし痴漢という明確な実害がある犯罪行為から逃れたいという理由に差別的意図はないと考えています。痴漢という犯罪の性質上性別で分けるのが有効なだけで男がこうだから女がこうだからという意図はないと思うんです。まず最初の意図は犯罪から身を守るなんですよ。結果男女を分けることになるというだけなんです。そしてその分け方が権利が平等の状態で分けられる限り問題はないと思います。しかしこの差別的意図があるかどうかを判断するのは非常に難しいことだと思うんです。ドクター差別さんが言うようなただ単に男が気持ち悪くて一緒に乗りたくないという人がいる可能性も否定できません。なのでこれは正直完璧にどちらか一方に決めることは難しいと思います。

    しかしこれは男女別列車でも同じことが言えますよね?男女で分ける時に差別的意図があるかどうかを正確に判別するのはほぼ不可能のように思いますけどどう思われますか?

    [ mat*111*9 ]

    2018/2/12(月) 午前 0:19

    返信する
  • 顔アイコン

    mat*111*9さん

    >すべての車両に乗れることが大事なのではなく

    「大事」だとか云々ではなく、それが、鉄道事業者と旅客との間に交わされている「ルール」なのです。

    >痴漢という明確な実害がある犯罪行為から逃れたいという理由に差別的意図はない

    痴漢から逃れたいから、(一部例外を除いて)男性全員を排除する、それが「差別」なのです。

    >男女で分ける時に差別的意図があるかどうかを正確に判別するのはほぼ不可能のように思います

    アメリカのように「奴隷制度」があったわけではないので、「男女別」は善意に解釈される可能性があります。ただ、「必要なし」と考える人たちも結構いるでしょう。

    ドクター差別

    2018/2/12(月) 午後 1:51

    返信する
  • 顔アイコン

    > ドクター差別さん

    >痴漢から逃れたいから、(一部例外を除いて)男性全員を排除する、それが「差別」なのです。

    痴漢から逃れたいからという理由が絶対的に差別的意図があるという根拠は何でしょうか? というか男女を分ける際の理由が差別かどうかを判断するのに明確な基準は存在するのでしょうか?きわめて主観的にしか決めることができないと思うんです。

    例えばお風呂で裸を見られたくないからという理由で男女を分けるのは差別ではないんですよね?なぜその理由は差別的意図がなくて、痴漢という犯罪行為から逃れるため という理由は差別的意図がありとなるんでしょうか?その違いは何なのでしょうか?

    [ mat*111*9 ]

    2018/2/12(月) 午後 7:22

    返信する
  • 顔アイコン

    mat*111*9さん

    ここは議論の場ではない、と言うか、あなたの反論や疑問にイチイチ答えてはいられません。ただし、他の閲覧者の方々のためになることは、お答えします、「反面教師」として。

    >痴漢から逃れたいからという理由が絶対的に差別的意図があるという根拠は何でしょうか?

    「痴漢から逃れたいから痴漢でない男性まで排除する」という差別的手段の場合は、「差別的意図があるかどうか」は関係ありません。「一律に男性を排除する」という差別的手段なら、差別的意図がなくても「アウト」です。

    このくらいは、わかっていていただかないと、相手がドクター差別なら、議論にはならない、(無料の)講義になってしまいますね(笑)

    ドクター差別

    2018/2/12(月) 午後 9:47

    返信する
  • 顔アイコン

    続き

    なお、存在する「女性専用車」の問題を棚上げにして、存在しない「女性専用車両+男性専用車両」や「男女別列車」のことばかりを話題にするのは、私らの活動の邪魔をしている、と受け取られてもおかしくはないでしょう、たとえ、あなたにその意図がなくても。

    その探求心があるなら、それを「女性専用車」の問題に使ってください。

    ドクター差別

    2018/2/12(月) 午後 9:52

    返信する
  • 顔アイコン

    >mat*111*9さん

    ・「〜差別だと考えています」
    ・「〜と私は思うのですが、あなたはどうですか?」

    上記のような個人的感想・感情を言ったり聞いたりするのではなく、以下に示すように理路整然と文章を構成してください。

    ・「(論拠を示して)〜だから差別になります(差別になりません)」
    ・「(論拠を示して)〜結果こうなります」

    そして再度「個人的感想・感情が入っていない文章になっているか」を見直してください。
    で、文章が出来たのであれば、こちらのブログに書き込むのではなく、自分のブログや動画で公開してくださいね。(すでにドクター差別さんからのお叱りも入っているので。)

    [ moo***** ]

    2018/2/13(火) 午前 1:58

    返信する
  • 顔アイコン

    > ドクター差別さん

    現在の女性専用車の問題を棚上げにしているわけではないですよ。その問題はどう考えても差別だと思っているので今さら話し合う余地はないと思っているだけです。

    男女の乗れる権利が平等になるように分けるのは差別的手段ではないという僕の意見はドクター差別さんの意見とぶつかるところのようですね。

    しかしこれ以上は邪魔だということなので消えます。失礼いたしました。ご活動頑張ってください。

    [ mat*111*9 ]

    2018/2/13(火) 午前 10:10

    返信する
  • 顔アイコン

    mat*111*9さん

    >今さら話し合う余地はない

    そう思っているなら、ゴチャゴチャ言わず、次の段階は、行動することです。何か、してますか?

    >男女の乗れる権利が平等になるように分けるのは差別的手段ではない

    なぜ、そう「断言」できるのですか? 「差別的意図があれば、一見、平等に見えても、差別である(=差別的意図があるかも知れないのに、あなたのように「ない」と断言はできない)」、あるいは、逆に、「差別的意図がなくても、客観的に見て、不平等があれば、それは差別である」という考え方が、世界的には主流であるにもかかわらず。あなた以外、誰が、そんなことを言っているのですか?

    ドクター差別

    2018/2/13(火) 午前 10:50

    返信する
  • 顔アイコン

    moo*****さん

    >個人的感想・感情を言ったり聞いたりする

    以前、「東大平行線」というのが、しつこく書き込みしてきましたが、アレも、自分の感想、「私は、こう思う」というコメントばかりでした。

    「鉄道会社と乗客には、乗客をA地点からB地点に移動させる契約しかなく、乗客がどの車両に乗ってもいいわけではない」なんて言ってましたが、自分の思い込みだけで、鉄道会社に聞いたわけではないのです。

    いや、もっと単純な話、「女性専用車には男性は乗れない」とも言っていて、鉄道会社に聞くことを勧めましたが、屁理屈を並べ、頑なに聞こうとしませんでした。最後は、ついに、どこぞの「顧問弁護士が言っていた」なんて、ウソまでついていました。

    ドクター差別

    2018/2/13(火) 午前 11:02

    返信する
  • 顔アイコン

    続き

    >自分のブログや動画で公開

    ブログは知りませんが、動画は、記事中にあるようにつくっています。でも、こんな動画をつくるくらいなら、「任意確認乗車」の動画をつくっていただきたい、あるいは、「賛成派」の矛盾をつくような動画をつくっていただきたいですね、「反対派」ならば。

    ドクター差別

    2018/2/13(火) 午前 11:06

    返信する
  • 顔アイコン

    >「女性専用車両と男性専用車両の数が同じ場合でも差別になる」 本当にそうなのか?

    なる。

    例えば、8両編成で前4両(1〜4号車)は女性専用、後4両(5〜8号車)は男性専用の場合。

    何だ。平等じゃんと思われるかもしれませんが、
    この条件で東横線の元住吉駅の場合、どうなるでしょう?
    あらら、男性客は5号車まで駆け込みダッシュ(現状より酷くね?)

    さらに同条件で元住吉駅から乗って新宿三丁目駅で丸ノ内線に改札内での乗り換えのため1号車前、端の階段を使う場合。
    どうなるかと言うと、
    男性は元住吉駅で5両目まで歩いて新宿三丁目駅で5両目から先頭まで再度歩くという謎の現象が起きます。
    (怖くて女性専用車に乗れない人、単に騙されている人から見て、最短が2両目の現状より酷いと思うのですが)

    [ Meteorite14 ]

    2018/2/13(火) 午後 9:44

    返信する
  • 顔アイコン

    Meteorite14さん

    >男性客は5号車まで駆け込みダッシュ

    今の「女性専用車」もそうですが、鉄道会社は、女性乗客が便利なように車両編成をするでしょうね、必ず。

    ドクター差別

    2018/2/13(火) 午後 10:41

    返信する
  • 顔アイコン

    > ドクター差別さん

    >女性乗客が便利なように車両編成をする

    それ、どこの御堂筋線?と言いたくなる。♀車の停止位置(あのへんなシールがある)の前に階段・エスカレーター・改札口があることが多いのです。

    [ 論理谷認定 ]

    2018/2/14(水) 午前 1:09

    返信する
  • 顔アイコン

    論理谷認定さん

    >♀車の停止位置(あのへんなシールがある)の前に階段・エスカレーター・改札口があることが多い

    これは、「妄想」ではなく、実際利用していると「実感」しますね。たとえば、副都心線では、最初から「女性専用車」に乗ればいいものを、新宿三丁目駅に近づくと、他の車両から男性乗客がゾロゾロやって来ます。降車のためには「女性専用車」の停車位置が都合が良いのです。新宿三丁目駅で多くが降車するので、その後はガラガラですが、池袋駅まで設定がある(実は、そんなものはない)わけです。

    ドクター差別

    2018/2/14(水) 午後 0:16

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事