ここから本文です

ドクター差別と選ばれし者たち

書庫全体表示

 女性専用車の問題で、一番の「悪者」は誰か? 二番目は? 三番目は?

第一位 鉄道会社

 鉄道会社は、「女性専用」でもないのに、ウソをついて女性専用車を「設定・実施」している。と言うか、ウソなのだから、存在しないのだから、「設定」だとか、「実施」などという言葉は適切ではない。いわゆる「まぼろし〜」である。

【千代田線①】まぼろし〜

 その上、ウソを補強するために、執拗に声掛け・アナウンスをして、ウソの上塗りをしている。その結果、「男性は乗れない」と勘違いした女性乗客が、乗った男性に言いがかりをつけ、暴言を吐いたり、(軽いとは言え)暴行したりするのである。このトラブル及び事件の元凶は、「鉄道会社のウソ」にある。

第二位 公明党&創価学会

 以前、公明党の所属議員が、ホームページで「公明党は、女性専用車の導入・拡大に大きな役割を果たしてきた」と自画自賛しているのを見た。これが事実なら、ウソをつかないと成り立たない「女性専用車」の立役者と言っていいだろう。実際、首都圏の導入に際して、創価学会婦人部・青年部が積極的に署名活動を行い、7万余の署名を集め、当時、国交相だった公明党議員にその署名を手渡し、て「女性専用車」の導入を要望し実現した、というのは、有名な話である。

第三位 裁判所及び国交省 

 裁判所は、「任意(=誰でも乗れる)」と認めてはいるものの、「目的(=痴漢対策)が正当なら、合理的である」(注:目的が正当でも、手段が不当なら、その差別的扱いは不当である)、「女性専用車という名称は(女性専用車を周知させるためなら)不当とは言えない」(注:ウソの周知が不当ではない?)なんて判断をしている。また、「有形力の行使」は否定しているものの、「強い説得(=執拗な「お願い」)」を肯定している裁判(=TX裁判)もある。しかし、有形力を行使せず、執拗な「お願い」を続ければ、電車が遅延する可能性が増大するだけである、私ら「選ばれし者たち」は、そんな理不尽な「お願い」には(絶対に)応じないのだから。

 一方、国交省は、監督官庁でありながら、傍観者的である。問い合わせすると、担当役人の答弁では、一応、「鉄道会社が不適切な対応をすれば、指導する」とのことだが、「導入」と「廃止」以外は、原則、「鉄道会社が勝手にやっている」というスタンスらしい。でなければ、名称にしろ、表記にしろ、問題にならないわけがなかろう。

 このように、女性専用車の問題は、基本、男のせい、「バカ・マッチョ」のせいなのである。ワガママ女性が幾ら(女性専用車を)要望したところで、「バカ・マッチョ」が(女性専用車を)導入しなければ、こんな不都合、こんな迷惑は生じなかったのである。これは、「女性トイレ」しか設けない喫茶店のオーナー、「女性専用席」を設ける図書館の館長、ソバ屋の店長、「女性割引」を実施する飲食店の店長、映画館なども、「同罪」である。

第四位 「男性も乗れる」と知ってて、男性を降ろそうとする女性乗客

 鉄道会社のウソにより、「男性は乗れない」と思って、男性を降ろそうとする女性がいる。しかし、「知らない」とは言え、降車を強要したり、暴言を吐いたり、(軽いとは言え)暴力を振るえば、それは「自己責任」、刑事上は、立派な「犯罪」である。

 ところが、「男性も乗れる」と知ってて、男性を降ろそうとする女性もいる。私らを「確信犯」と言う女性乗客がいたが(注:比喩的には「確信犯」とも言えるが)、「男性も乗れる」と知ってて、男性を降ろそうとする女性こそ、文字通りの「確信犯」である。極めて悪質であり、もちろん、「犯罪」である。

第五位 「男性は乗れない」と思って、男性を降ろそうとする女性乗客

 「男性も乗れる」と知ってて、男性を降ろそうとする女性乗客よりかは、「悪質」ではないが、「男性は乗れない」と思って、男性を降ろそうとする女性乗客とて、刑事上は「同罪」である。まあ、喩えるなら、「殺人」と「過失致死」くらいの違いはあるだろうが、「人を殺してしまった」という点では変わりはない、同様に、「男性を追い出す」という点では、変わりはない。

第六位 女性専用車に「賛成」する男たち

 女性専用車に「賛成」する男たち(=一般男性の一部)は、「バカ・マッチョ」のように、何らかの権限があるわけではないので、取るに足らない存在である。とは言え、(ネット上での)いい加減な発言は、その発言力の大きさによっては、看過できない場合もある。たとえば、(似非フェミの)弁護士や大学教授など、ある程度の影響力のある者が、専門外の、しかも、確かな根拠もなく(トンチンカンな)自論を展開する様は、思わず、苦笑せざるを得ない。

 いやいや、笑っている場合ではない。(「反対派」の)皆さんにもお願いしたいが、こういうのを見かけたら、コメントを書くなり、ツイッターで情報を共有するなりしていただきたい。私・ドクター差別も、出来る限り、ブログで取り上げ、「論破」するつもりである。

第七位 女性専用車を利用する女性乗客

 「女性専用車を利用する女性乗客」は、3種類に分けられる。①「自分さえ痴漢に遭わなければ(他人はどうなっても)いい」という女、②「空いてて快適」、「男がいなくていい」などという理由で女性専用車を利用する女、そして、③たまたま乗車した、あるいは、利便性から乗車する女性、である。前の2つは、ワガママ、身勝手である(注:痴漢のターゲットになる女性を全員、女性専用車に乗せるのであれば、話は違ってくる)。一方、3番目の理由で乗る女性は、批判の対象にはならない。そもそも、これらの女性なら、男性を見かけても、ガン見したり、声掛けしたり、言いがかりをつけたりはしないだろう。

 まあ、これくらいか? そうそう、現場の鉄道係員(=駅員、乗務員、警備員等)は、人による。会社に言われたから、仕方なく声掛け・案内をしているのと、男性排除をしたくてしたくてたまらないのとでは、「悪質度」にかなりの隔たりがある、後者は「第八位」、いや、それより上位かも知れない。

 最後に、(私らのように)女性専用車に乗る男性だが、よく「悪者」にされる割には、全然、悪いところがない。「乗る」のは、鉄道会社が「誰でも乗れる」と言うからであり、万が一、「男性は乗れない」と言うのなら、「乗らない」と(以前から)明言している。ただし、別の方法で、厳しく抗議はするが。もちろん、こちらから(女性乗客を)挑発するようなことはしないし、(女性乗客から)暴言を吐かれたり、暴力を振るわれても、仕返しなんぞしたことはない。

 おっと、最後の最後、女性専用車に乗らない男性ですが、これは「その人の自由」である。しかし、間違って(?)乗って(注:乗れる車両に乗るのだから、別に、間違いではない)、直ぐに降りたり、声掛けされて降りたりするんは、よろしくない。なぜなら、「男性は乗れない」という誤解を助長するからである。「乗ったら乗り続ける、途中で降りるくらいなら初めから乗らない」に徹していただきたい。


この記事に

  • 顔アイコン

    > ドクター差別さん
    なのは-さくら先生の最新作10万超えました!動画の方に法律や契約とは別の観点からの追加コメントをさせて頂きましたので演説等で引用して頂ければ幸いです。

    [ fer***** ]

    2018/2/24(土) 午前 1:41

    返信する
  • 一度オフにしてしまったので追記と逆になってしまいました。女性専用車両に異議を唱えるなら街頭で署名でも集めて鉄道会社や国土交通省に直訴すればいいのではないでしょうか。そもそも女性専用車両ができたのは女性が痴漢被害に遭わないように守るためだけではなく男性から性的被害を受け精神的に傷ついた女性が電車に安心して乗れるようにするためや痴漢冤罪を防ぐためでもあります。痴漢の被害に遭ったこともなければ相手の視点から物を見ることもできない男性には到底理解できないとは思いますが、法律を持ち出して勝ち誇ったように女性専用車両に乗る男性は迷惑です。社会は法律だけでできてはいません。マナーの問題です。列に並んでいる人に割り込んでも法律に引っかかることはあまりありませんが、それをしてはいけないことはわかりますよね?それと同じです。法的拘束力がないにせよ、女性専用車両に乗る女性は同性しか乗っていないから安心して鉄道を利用できるので、その安全を脅かす行為は迷惑以外の何者でもありません。あなた方は相手が女性だから強気に出ているのでしょうが、その考え方は痴漢をする人と大差がないということを理解していただきたいです。

    [ wil***** ]

    2018/2/24(土) 午前 1:42

    返信する
  • 顔アイコン

    wil*****さん

    あなたの主張は、耳にタコができるくらい聞いた話です。

    まあ、一言。男性に乗られるのが嫌なら、乗った男性に文句を言うのではなく、「男性も乗れる」と主張している、認めている鉄道会社に文句を言いましょう。

    私らは、鉄道会社と利用者の間に交わされた「運送契約」に則って乗車しているだけです。

    ドクター差別

    2018/2/24(土) 午前 2:04

    返信する
  • > wil*****さん
    女性専用車は痴漢被害を減らせない(導入後に増えたケースも)、男性も乗れると鉄道会社が言っていることをご存知ですか?男性を乗せたくないなら男性も乗れるとしている鉄道会社、男性の乗車を禁止しない鉄道会社に文句を言えば?また痴漢冤罪は、自意識過剰な女性が女性専用車に行くので防止できるという人がいますが、冤罪は犯人取り違えや示談金目当てのものがあるので女性専用車では防げません。女性が安心するためというのも鉄道会社に騙された人がよく言うこと。でもダイヤ乱れで混雑が普段より激しくなるとすぐ中止する時点で女性が安心するためではないことくらいわかりませんか? あと、鉄道会社が男性も乗れると言った車両に正当に乗ってる男性は法的にもルール(運送約款)的にも何も問題ありませんので、そういう人に「個人的に気に入らないから」という理由で文句言ったり因縁つけたり騒ぐのは違法でなくてもマナー違反ですからやめてほしいですね。暴言吐いたり暴れれば違法ですが、そうならない程度に因縁つけて文句言う女性がいます。マナーを守ってほしいものです。社会は法律だけでできてはいませんからね。マナーの問題です

    [ yos***** ]

    2018/2/24(土) 午前 7:32

    返信する
  • > wil*****さん
    あなたはダイヤ乱れで女性専用車が中止になったらその瞬間電車に乗れなくなるのですか?その瞬間降りるのですか?「女性専用車ができて電車に乗れるようになった」と書いてるならそういうことですよね? 女性専用車の無い路線にはあなたは絶対に乗れないんですよね?時間外は絶対乗れないんですよね?
    そういう状態で文句を言ってるなら気持ちはわからなくもないです。
    でもそうでないならただの嘘つき。
    また、本当にそういう状態なら、気持ちはわからなくはないですが、それでも男性に乗るなと言うのはダメです。人に「鉄道会社が乗れると言っても私は男性がダメだから配慮して。配慮しないのは非常識、ごく一部の私のような人に配慮するのは当然」というのは、精神疾患で満員電車が怖い人が、自分が降りずに「人が多くて怖いから私に配慮して何人か降りて」と言うことと同じで、たとえ精神疾患等があっても身勝手なのでやめて下さい。悪意がなくてもやっぱりそういう身勝手なことはダメです。法もルールも守ってる人に個人的な理由で乗るなと言うのはそういうことです。ちゃんと自覚して下さい。

    [ yos***** ]

    2018/2/24(土) 午前 7:49

    返信する
  • > wil*****さん
    あと、あなたは法律もルールも守ってる男性に不満をぶつけていますが、それは筋違いです。法的にもルール的にも男性が乗れるのに男性が乗るのが不満なら、鉄道会社に男性の乗車を禁止するように求めればいい話で、法的にもルール的にも何ら問題ない行動を取っている人に文句を言うのは筋違いですしそれこそマナーという観点からも良くありません。ただし、鉄道会社はリスクがあるので男性の乗車は禁止しないと思いますが(鉄道営業法34条2項を適用しないのも、さらに国交省も強制的に降車させるのはダメでそういうことがあったら指導すると言うのも、男性の乗車を禁止することは違憲と判断される可能性がかなり高いからだと思われますし)

    [ yos***** ]

    2018/2/24(土) 午前 8:00

    返信する
  • 顔アイコン

    wil*****さん

    あなたは運賃さえ払えばだれでも乗れるという公共交通という概念の理解が薄いです
    男性であるというただそれだけで一律排除しようとする考えは差別に他なりません。
    LGBtなど色々な方が世間にはいらっしゃいます
    嫌であれば公共交通利用をやめ、自家用車にするか、無人島に住むしかありませんよ

    [ van***** ]

    2018/2/24(土) 午前 8:12

    返信する
  • 顔アイコン

    wil*****さん

    あなたのコメントの中に「女性専用車両ができたのは・・・・・(男性の)痴漢冤罪を防ぐためでもあります:★」という表現がありますが、一般車両は男女共存ですから男性は常に痴漢冤罪被害に怯えなければなりません。子供でもわかるような誤った論理を展開するのはやめてください。あなたの言っていることは「男性専用車両だけを一両作れば、女性の痴漢被害を防ぐことができる」という論理と同じです。あなたはそれで納得しますか? ★のような論理は、もうずいぶん前から、女性専用車両推進派・肯定派が使い、私はそれに出会うたびに、あきれるというか、吐き気を覚えるような感覚に襲われてきました。男性の痴漢冤罪被害は深刻です。原田信助さんは、みずから命を絶ちました。痴漢冤罪被害は男性の人生を破壊するのです。そういう現実を前にして、誤った論理を展開するのはやめてください。男性にも悲惨から守られる権利はあるはずです。にもかかわらず鉄道会社(の幹部)は、女性ばかりに配慮して、男性の痴漢冤罪被害対策を全く行ってこなかった。私は強い憤りを覚えています。鉄道会社の幹部は、社会的に糾弾されるべきなのです。

    [ 翠流 ]

    2018/2/24(土) 午前 10:50

    返信する
  • 顔アイコン

    yos*****さん

    >鉄道会社に男性の乗車を禁止するように求めればいい話で、法的にもルール的にも何ら問題ない行動を取っている人に文句を言うのは筋違い

    おっしゃる通りです。男性が乗るのが嫌なら、それを認めている鉄道会社に文句を言うべきで、乗っている男性に文句を言ったり、暴言を吐くのは、ピント外れも甚だしいですね。まあ、文句を言っても、どうなるものでもありませんが。

    ドクター差別

    2018/2/24(土) 午前 10:57

    返信する
  • 顔アイコン

    van*****さん

    >運賃さえ払えばだれでも乗れるという公共交通

    自分の部屋、プライベート空間だと勘違いしている女、多いですね。化粧をしたり、「男性を入れたくない」なんて言ったり。

    ドクター差別

    2018/2/24(土) 午前 11:00

    返信する
  • 顔アイコン

    翠流さん

    >「女性専用車両ができたのは・・・・・(男性の)痴漢冤罪を防ぐためでもあります:★」という表現がありますが、一般車両は男女共存ですから男性は常に痴漢冤罪被害に怯えなければなりません。子供でもわかるような誤った論理を展開するのはやめてください。

    しかし、誰が言い出したんでしょうね、こんなデタラメを。ちょっと考えれば、んなわけがない、わかるはずのことなのに。

    ドクター差別

    2018/2/24(土) 午前 11:02

    返信する
  • そうそう先程この記事がありました。

    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6273263

    [ 立花瀧 ]

    2018/2/24(土) 午前 11:29

    返信する
  • 顔アイコン

    > wil*****さん
    痴漢の被害があるからと言って、法の下の平等という社会の大原則を蔑ろにすることが許されてはいけません。法の下の平等がどうでもいいなら、女性はじっとしていろという主張に反論できなくなりますよ。

    [ dak*s*i03*8 ]

    2018/2/24(土) 午後 9:40

    返信する
  • 顔アイコン

    女が嫌い。
    電車とかで男が少しそばによるだけで警戒するのやめろ。
    大迷惑だ。こっちは冤罪逮捕というガチものがかかってるんだぞ。
    大多数の何もしてない男に少しは気を遣え。
    男の人生を終了させる力を持ってることをいい加減に自覚してくれ。
    そして正せ。自分たちのあり方を。

    [ maz***** ]

    2018/2/24(土) 午後 10:10

    返信する
  • ついに左翼がカウンターに現れましたね。窮民革命論に基づく左翼による反差別の矛盾があぶり出されたように感じました。また、これだけ騒ぎになれば鉄道会社も動かざるを得ないのではないでしょうか。最後まで頑張ってください。

    [ sashimi ]

    2018/2/24(土) 午後 10:32

    返信する
  • 顔アイコン

    > sashimiさん
    マジで数の暴力できましたか。
    本当に賛成派って卑怯千万ですね。

    [ kus**emikil*or ]

    2018/2/25(日) 午前 0:13

    返信する
  • 「問題の本質をきちんと把握もせず、事実をきちんと報道できないマスコミ」が入っていないのは解せません。
    どう考えても鉄道会社を抜いて第一位か、せいぜいその次くらいでしょう。

    [ mat*u*_t*uo ]

    2018/3/3(土) 午後 0:33

    返信する
  • 顔アイコン

    mat*u*_t*uoさん

    >事実をきちんと報道できないマスコミ」が入っていない

    これまで、女性専用車の問題が報道されなかったのは、この問題が「マイナーな問題」だったからで、それでマスコミを責めるわけにはいきません。ただ、今回のように問題化した際に、事実を事実として伝える、一方的な報道をしない、ということは守られないといけませんね。

    ドクター差別

    2018/3/3(土) 午後 0:43

    返信する
  • 有難うございます。僕は別の件で専門家で、たまにマスコミの取材を受けるのですが、彼らのひどさは半端ではないです。こちらがきちんと説明すると、その場ではなるほど、そうですよねと言っているのですが、実際に記事になったものを見ると全く間違ったことばかり書かれて苛々します。これは自分で取材を受けてみないとわからないことですね。

    今回も変な弁護士出してきたりして、相変らずだな。。。と思いました。基本、彼らには「何が正しいのか」をきちんと考えようとする姿勢はあまりありません。自分の思い込みを専門家の意見よりも優先する人々ですから。

    なので僕はマスコミについてはあなたよりも悲観的ですが、そうは言っても、マスコミに日本の世論が支配されている現状、ここまで取り上げられたのは何と言っても大きな成果です。

    これからも、誇りを持ってがんばってください!応援しています。

    [ mat*u*_t*uo ]

    2018/3/3(土) 午後 1:09

    返信する
  • 顔アイコン

    mat*u*_t*uoさん

    >その場ではなるほど、そうですよねと言っているのですが、実際に記事になったものを見ると全く間違ったことばかり

    そうですね。私・ドクター差別は、元々、年齢差別を専門としていましたが、その当時、新聞社を中心に40回ほど取り上げられました。一番確実なのは、自分で書くことで、「女性専用車」で言えば、

    http://ironna.jp/article/6003

    の記事ですね。一方、

    http://toyokeizai.net/articles/-/188609

    は、インタビュー記事で、記者さんの思い入れが結構入っています。

    >変な弁護士出してきたりして、相変らず

    弁護士のかなりの割合は変ですね(笑) 「女性がセクハラと思えばセクハラ」なんて信じてるのも結構います。

    >僕はマスコミについてはあなたよりも悲観的

    私・ドクター差別は、生き方は「楽観的」ですが、マスコミも、警察も、裁判官も、政治家も、役人も、大学教授も、別に楽観視しているわけではありません。影響力もないのに、注文をつける立場ではないからです。

    ドクター差別

    2018/3/3(土) 午後 2:40

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事