ここから本文です

ドクター差別と選ばれし者たち

書庫全体表示

 あの騒動からしばらく時間が経過したので、私らをあからさまに「悪者」にする記事は少なくなってきました。しかし、詳しく吟味すると、非難めいた表現が(依然として)使われています。本来、「中立」であるべきマスコミ、記者であっても、「先入観(=偏見)」は、なかなか変えられるものではないのでしょう。
 
相次ぐ女性専用車両トラブル、あなたはどう思う? 2018412日)
 
女性専用車両は、混雑が激しい朝と夕の一定時間帯に設けられる、原則として女性しか乗車できない車両です。
 
 出だしから、躓いています。「原則として女性しか乗車できない車両」ではなく、「原則として誰でも乗れる車両」です。なぜなら、「女性専用車」は、運送契約上、他の車両と同様、「一般旅客車両」に過ぎず、「運賃を支払えば、誰でも自由に乗れる車両」だからです。
 
 ところが、「ウィキペディア」(注)では、長らく、「原則として女性しか乗車できない車両」なんて解説されていました。この記者は、それをそのまま使ったのでしょうが、それが「非難めいた表現」の元凶かも知れません。「原則として女性しか乗車できない車両に、わざと乗るなんて・・・」というわけです。
 
 でも、実際は、「原則として誰でも乗れる車両」です。これがわかったら、この記事の表現がガラッと変わる可能性があります。あるいは、記者が「コテコテの賛成派」だったら、この種の記事を書く意欲が失われてしまうかも知れません。
 
(注)「ウィキペディア」では現在、「女性専用車両」を引くと、「公共交通機関において、女性専用として提供されている車両」、「日本の女性専用車両」を引くと、「国土交通省は「鉄道事業者において、輸送サービスの一環として導入された女性等に配慮した鉄道車両」と定義しており、男性利用者の自発的な協力をもとに成り立っているものであり、「男性の乗車を禁止する法的根拠はない」としている」などと説明している。

イメージ 1
裁判所の判断からすれば、「原則として女性しか乗車できない車両」
なんて解釈が一体、どこから出て来たのか、不思議です
 
他の車両より混雑がゆるやかになりますし、
 
 「利用者が少ない」ということですね? せっかく設けたのに、「それでいい」んでしょうか? しかも、(テレビ局のアンケート調査によると)利用している女性の9割は「痴漢対策以外の目的で利用している」そうです。はて、何のための「女性専用車」なのでしょう?
 
不快のタネが格段に少なく、比較的快適にラッシュを乗り切ることができます。
 
 男性がいないと快適? 男性は「不快のタネ」ですか? ああ、そう言えば、私らが乗ると、「不快」だとか、「迷惑」なんて言う女性乗客がいますね。でも、これ、(赤の他人に対して)失礼じゃないですか!?
 
何より、痴漢被害に遭った方(精神的な傷を負って満員電車に乗れなくなった方もいらっしゃいます)にとって、これほどにありがたい制度はないのではないでしょうか。
 
 たしかに、痴漢被害に遭う女性は気の毒ですし、どうにかしないといけないのはわかりますが、だからと言って、何の関係もない男性、痴漢でない男性に「乗らないで」なんて言うのは、違うんじゃないですか!? 痴漢でない男性を巻き込まないでください。痴漢対策は、男性差別にあたらない方法でやってください。
 
女性専用車両に乗車できる男性について、多くの鉄道会社は「小学生以下」「身体の不自由な人」「身体が不自由な人を介助する人」としています。
 
 これ、「例示列挙」であって、「限定列挙」ではありません。「たとえば、小学生以下、身体の不自由な人、その介助者の男性も乗れます」という例示でしかありません。しかし、非常に紛らわしい表記で、ほとんどの人は「一般男性は乗れない」と思うでしょう。もしかして、鉄道会社は、それが「狙い」ですかね?
 
女性専用車両と知らずに乗り込んでしまった男性が、肩身狭そうに次の停車駅を待っている姿を時々見かけます。
 
 「女性専用車両」と知らずに乗り込んでしまっても、「誰でも乗れる車両」ですから、別に問題はありません。むしろ、「誰でも乗れる」と知らないことの方が、男性乗客にとっても、女性乗客にとっても問題です。男性乗客が肩身を狭そうにするのも、そのせいです。
 
女性専用車両はあくまで男性の理解と協力の上に成り立っている制度で、上記に該当しない男性が乗り込んでも法的抑止力はありません。
 
 「法的抑止力がない」(注:「法的強制力がない」とは随分意味が違う)なんて、「男性の乗車を禁止できない」ではなく、「誰にとっても乗車は当然の権利」です。だから、「法的強制力」がないのに、男性の乗車を妨害すれば、それが法律違反、ルール違反になるのです。

●トラブルを引き起こしているのは「女性乗客」
 
この点を突き女性専用車両の存在を快く思わない個人・団体がごく普通に女性車両に乗り込み、「ここは女性車両ですよ」「ご協力ください」と別車両への移動を促す人々の言葉を無視し、いくつものトラブルを引き起こしています。
 
 この文の表現はすべてダメ、記事の中で、最も不適切な文ですね。「この点を突き」なんてのは、「法の盲点を突いている」的なことを言いたいのでしょう。「女性専用車両の存在を快く思わない」てのも、そもそも、「女性専用(の)車両」なんて、日本に存在しませんから、「快く思わない」も何もありません。むしろ、女性乗客の方が、「男性も乗れることに、快く思っていない」んじゃないですか?
 
 別車両への移動を促す人々の言葉を無視? 「促す」なんて、言葉を使うのは、意図的なのでしょうか? これが「強要する」だと、「まずい」と思っているからでしょうか? でも、実際は、侮辱発言をしたり、身体に触れたり、権限のある鉄道係員を呼んで降ろさせようとしたり、ほぼほぼ「強要」ですね。
 
 いくつものトラブルを引き起こし? 「原則として女性しか乗車できない車両」なら、私らの乗車がトラブルの原因と言えますが、「原則として誰でも乗れる車両」に乗って、なぜ、それがトラブルの原因になるのでしょう? いいえ、私らを降ろしたい女性乗客が騒ぐから、トラブルになるのです。
 
彼女は「改札や乗り換え口から近いことが多い先頭車両を使えないことに、行き場のない不満を抱く男性は多いのでは」と話していました。
 
 利便性だけでなく、そもそも、「痴漢と一緒くたにして排除しよう」という根性がいけない、根性が腐っているのです。ドクター差別もそうですが、「自分は痴漢ではない」と確信している男性であればあるほど、この「痴漢と一緒くた」にされる、という侮辱に対して激怒するのは当たり前です。
 
想像するに、すし詰めの一般車両から比較的空いた女性専用車両の利用者の涼しい顔を見れば、当然なんとも言えない気持ちになることもあるでしょう。
 
 そりゃ〜、自分たちが座るどころか、立つのもやっとの状態で、隣の車両ではオバサン連中が座席でふんぞり返っている、そんな光景を見せられたら、「なんとも言えない気持ち」どころの話ではないでしょう。しかし、それよりも、男性全員を痴漢と見なし排除しようとすることの方が、何倍、何十倍も、許せないことなのです。
 
SNSの投稿を見てみると、間違って乗車しただけなのに「なんでいるの?」と言わんばかりの視線や高圧的な態度を感じたという男性も少なくありません。
 
 「間違って乗車」なんてことはありません。何しろ、「誰でもどの車両にも乗れる」のですから。鉄道会社も、「誤乗車」なんて言うから、利用者が困惑するのです。
 
スタッフの女性も「女性専用車両にいる男性を凝視してしまうクセがあるので、気をつけようと思います」と言っていました。
 
 クセ? 悪いクセですね。「迷惑行為」ですので、止めましょう。
 
男性、女性、双方の理解と協力で成り立っている女性専用車両。
 
 双方の理解と協力? 女性は「任意(の協力)」だということを全然理解していないように見えますけど? たとえ男性が乗っていても、完全に無視すればいいのです。なぜ、こんな簡単なことができないのでしょう?

  あと、女性乗客は、痴漢のターゲットになる(若い)女性全員が「女性専用車」に乗ることにも、屈強なオバサン連中が「女性専用車」に乗らないことにも、積極的に協力しようとしていませんよね? 男性にだけ、「理解と協力」を求めるのは、「片手落ち」ですよね?

お互い思いやりを感謝の気持ちを持って、利用できる車両であってほしいものです。
 
 お互い? いえいえ、男性にだけ「思いやり」を強要してませんか? しかも、「思いやり」をすべき価値のないものに。
 
 もし、「協力」して欲しいなら最低でも、痴漢のターゲットになる(若い)女性を全員、「女性専用車」に乗せましょう。そうすれば、痴漢被害が激減しますから「協力」する価値があります。
 
 それと、屈強なオバサン連中は、「女性専用車」に乗るのを控えましょう。本当に「女性専用車」が必要な女性が、その分、乗れなくなりますから。
 
 あと、それでもなお、痴漢でない男性が乗ることを妨げてはいけません。何しろ、「痴漢ではない」のですから、乗っても何の問題もないでしょう。まあ、「女性専用車」が痴漢のターゲットになる(若い)女性で溢れていたら、「協力」して乗りませんけどね。

 ところで、この記事を書いた記者さんは、女性ではないですかね? 署名がないので定かではありませんが、考え方、言い回しが「女性的」です。「スタッフの女性」云々言ってますが、自分が「男」だとは言っていません。「男性でも、こういう考え方をする」と思われた方が説得力がある、と考えるのが普通ですし。


この記事に

  • 顔アイコン

    あの手この手で、女性専用車両を事実上の男性禁止の場に
    し、そこに乗る男性を悪者にしようとしている様が透けて
    見えるようで薄ら寒いですね。
    法律が味方してくれないなら、意識操作しちゃえって感じ
    がします。
    近頃、女性専用車両を肯定する記事や意見において、痴漢
    という言葉が減ってきてるようで気になります。
    その代わり、「不快のタネ」のような漠然とした解釈の
    余地の大きい表現が使われるようになったようです。
    痴漢回避に留まらず、ラッシュの忌避や、おじさんの臭い
    が嫌、女性ばかりなら気楽(専用車両内の風紀の乱れが
    指摘されますが、その原因でしょう)といった、本来想定
    外の乗車理由をさりげなく織り込んでしまっています。
    ラッシュ時限定の最低限の措置だったはずが、気が付いて
    みれば終日になってた、のように知らない間に論理の飛躍
    が既成事実化されようとしているようで危惧を覚えます。

    [ yos*ee* ]

    2018/4/13(金) 午後 0:51

    返信する
  • 初めてコメントいたします。
    いつも応援しております。
    ブログや動画も拝見しております。

    私は持病があり、その日の体調と相談してヘルプマーク装着して女性専用車両のることがあります。
    今日某路線にて
    「障害あるからって女性専用車両乗る理由ないだろ。他の車両の優先席使え」
    などとすごい剣幕で暴言吐かれました。

    こんな男性排除を目論む女性客が許せません。
    私が言い返しても良かったのですが、
    止むを得ず一本見送りました。
    トラブルを起こすのは女性乗客。
    完全に同意します。
    ですがこういった記事のせいで言い合いになった場合、周りから見たら私が悪者にされそうです。

    [ mak**u07*3 ]

    2018/4/13(金) 午後 8:32

    返信する
  • 顔アイコン

    yos*ee*さん

    >あの手この手で、女性専用車両を事実上の男性禁止の場にし、そこに乗る男性を悪者にしようとしている

    これは今に始まったことではない、鉄道会社の常套手段なわけです。表示でウソをつき、声掛け・アナウンスでウソの上塗りをする、私らを「悪者」にしようとする連中は、それを「手本」としているんですかね?

    >「不快のタネ」

    あと、テレビに出ていた自称「乗車していた女」なんぞは、「怖い」なんて言ってましたね。どこが! 怖い目に遭っているのは男性(側)ですよね、ガン見、言いがかり、暴言、暴力、集団イジメ、並みの男性は乗れない、降りちゃいますよ。

    >論理の飛躍が既成事実化

    まあ、さずがに、何をほざいても、「強制排除」はできない、「法制化」なんて夢のまた夢、てか、妄想レベルですね。

    ドクター差別

    2018/4/14(土) 午前 0:25

    返信する
  • 顔アイコン

    mak**u07*3さん

    >「障害あるからって女性専用車両乗る理由ないだろ。他の車両の優先席使え」

    ひどい暴言ですね。もちろん、「誰でも乗れる」のがルールですが、鉄道会社が「例外」として表示している男性にまで「乗るな」と言うのは、無知悪茶ですね。鉄その女に言えなかったら、駅の案内所で抗議していいレベルですね。そこでは、さすがに、駅員は謝罪するでしょう。

    >トラブルを起こすのは女性乗客。完全に同意します。

    にもかかわらず、賛成派は、「トラブル」も、「電車遅延」も、私らのせいにするのですから、「盗人猛々しい」とは、このことですね。

    ドクター差別

    2018/4/14(土) 午前 0:30

    返信する
  • ウィキペディアからの引用…大学のレポートでウィキペディアから引用しました。なんて言ったらものすごい怒られるのに…(誰が書いたか不明で、記述が変わるかもしれないため)

    [ yut*1*96*128 ]

    2018/4/19(木) 午後 0:25

    返信する
  • そして印象によって法律が変わるということは実際にあるそうで…(さかきばら事件のあった時期に少年犯罪が多発。それによって少年法改正)
    …でも、この場合は法律を変えようとしても憲法に引っかかる可能性が非常に高いので変わらないと思います。

    [ yut*1*96*128 ]

    2018/4/19(木) 午後 0:29

    返信する
  • 顔アイコン

    yut*1*96*128さん

    >ウィキペディアから引用しました。なんて言ったらものすごい怒られる

    ウィキは、概して、初歩的な説明ですし(注:自分の専門をウィキで引くと、そのレベルが初歩的だとわかる)、間違いもありますので、信頼度は「80%」と言ったところでしょうか?

    それよりひどいのが「知恵袋」でしょうね。信頼度は「20%」くらいでしょう。

    まあ、まともなのは、「辞書」くらいでしょうか?

    >印象によって法律が変わる

    テレビの自動車事故のニュースで、高齢ドライバーの事故ばかり取り上げていた時期がありましたが、高齢ドライバーの「免許返納キャンペーン」のようでした。実際、そういう役割だったのでしょう。

    ドクター差別

    2018/4/19(木) 午後 1:03

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事