ここから本文です

ドクター差別と選ばれし者たち

書庫全体表示

 2カ月くらい前に取材を受けた記事が、ようやく、日の目を見ました。まあ、「憲法と絡めて取り上げる」ということだったので、「予定通り」なわけですが。もちろん、「女性専用車」の問題がメインです。

(憲法を考える)揺れる価値:4 女性専用車に「逆差別」主張(2018年5月6日)

偏見やハンディを克服しようと特別な対応をすると、「逆差別だ」と言われてしまうことがある。憲法14条は「法の下の平等」と「差別の禁止」をうたうが、空気のように社会に残る差別が、見えにくくなってはいないだろうか。男女差別を例に考えた。(高重治香)

 偏見やハンディを克服しよう? 最近は、こういう大義名分を掲げて、堂々と、男性差別をする連中が増えました。あと、自分らが「迷惑行為」をしているのに、「乗るのが迷惑」などとほざくのもいます。

 特別な対応をすると、「逆差別だ」と言われてしまう? 女性だけを優遇すれば、そう言われて当然でしょう。てか、「逆差別」と言うよりも、ただの「差別」、ただの「男性差別」ですね。

 空気のように社会に残る差別? まさか、女性差別のことを言っているんじゃないですよね? そんなもの、制度・政策として、どこにも存在しません。一方、「女性差別の是正」という名目の男性差別は、制度・政策(=クオータ制並びにその他女性優遇推進策)として存在しています。

 このように、近年、「女性は差別されてきた」、「女性の数が少ない」などと言って、女性差別なんぞ全く受けていない女性を優遇する、何の落ち度もない男性の権利を蔑ろにする傾向があります。しかも、年々、ひどくなっています。ということで、記者さんには悪いですが、今回は、この後、辛口のコメントを用意しております(笑)

2月、東京メトロ千代田線の女性専用車に男性たちが乗り、電車が遅れたというニュースがあった。

 女性専用車に男性たちが乗り、電車が遅れた? こういう表現は、「誤解の元」ですよ。事実は、「私らが乗ったから電車が遅れた」のではなく、「女性乗客が大騒ぎしたから電車が遅れた」のです。

男性たちのグループのブログには、「男性差別」「痴漢でない男性を追い出すのは憲法14条違反」と書かれていた。

 うろ覚えで書いたのでしょうか? さて、「差別ネットワーク」のブログのどこに(こんなことが)書かれていたのでしょう? てか、何を「男性差別」だと言っているのでしょう? 「女性専用車は男性差別」と言ったとか? いえいえ、所詮、「女性専用車」は名前だけ、「誰でも乗れる車両」ですから、「男性差別」ではありません。

 痴漢でない男性を追い出すのは憲法14条違反? てか、男性差別は憲法違反ですが、痴漢でない男性を追い出すのは法律違反(=強要罪)ですね。

たった1両の専用車が、憲法を持ち出すほど許せないのはなぜなのか。メンバー2人に会い、3時間話した。

 たった1両? これ、「賛成派」が、差別する側が、よく言う台詞ですね。

 で、1両だから、差別してもいい? いいえ、差別は、数の問題ではありません。軽微な差別も、重大な差別も、差別は差別です。

 憲法を持ち出す? もしも「女性専用車」が、本当に男性を排除する代物なら「憲法違反」ですが、鉄道会社は「男性も乗れる」と(裁判で)主張している、(運送契約上)認めているので、憲法違反が問われることはありません。ただし、鉄道係員(や女性乗客)が男性を乗せなかったり、降車を強要すれば、刑法違反になります。

 結局、「3時間話した」わりには、こちらの言い分を納得していただけなかったようですね(苦笑) まあ、テレビ局のレポーターもそうでしたし、「コテコテの賛成派」もそうですが、幾ら話を聞いたところで、自分の主義・主張に合わなければ、言っていることは理解はできても、それに納得しない、納得できないのが「人間」という生き物です。でも、マスコミ人なら、それではいけないんですけどね(苦笑)

代表(65)は、年齢の壁で再就職に苦しんだ経験から、年齢差別の解消を訴える活動を続けてきた。

 私・ドクター差別のことですね。テレビ局もそうでしたが、こちらが「団体名」も、「個人名」も明らかにしているのに、わざと(?)それを秘すのは、どうしてでしょうね? 

 (それほど)有名じゃないから? あちゃ〜、それを言われたら、返す言葉はありません(泣) 

 それとも、テレビ局のように、批判の対象にしたいから、「悪者」にしたいから、あえて「匿名」にしたのでしょうか? 下手に名前を出して、ボロカスに言ったら、「名誉棄損」で訴えられる可能性がないわけではないので、予防線を張ったりして?

10年ほど前、「自分は絶対に痴漢をしないのに」と専用車に憤ったという。

 記者さんには、もっと詳しく、「最初は『痴漢対策』だというので大賛成だったが、いざ、電車を利用すると『自分は痴漢でないないのに、なぜ乗れないのだろう?』と疑問に思った。ネットで調べたら、同じ思いの男性が他にも結構いた。それがこの活動のキッカケだった」と申し上げたんですけどね。 

公職や企業役員の女性を増やすため、一定割合は女性を登用する「クオータ制」にも反対する。

 「クオータ制」は、「女性は差別されてきた」とか、「女性の数が少ない」などと言って、(女性)差別されていない女性を優遇し、何の落ち度もない男性を冷遇する、というとんでもない差別的方策です。また、優遇しなくても、男性と対等又はそれ以上の活躍をしている女性にとっては、その能力と努力を蔑ろにする女性差別でもあります。

「マイノリティーが強くなりすぎ、マジョリティーが差別されている」

 引用する場合は、正確に引用していただきたいものです。私・ドクター差別が主張しているのは、「かつては、マイノリティーに対する差別がほとんどで、差別と言えば、マイノリティーに対する差別のことを指していたが、近年は、差別される側は、必ずしもマイノリティーとは限らない、立場が弱ければ、マジョリティーでも差別される」ということです。また、「弱者保護」が行き過ぎれば、一般人の許容範囲を超える「優遇」になる、ということは(常々)申し上げております。

もう一人の男性(43)は障害があり、子どものころはいじめに遭った。

 レノンさんのことでしょうが、アルビノを「障害」と言っていいのでしょうか? 動物では、「ホワイト・ライオン」だとか、「ホワイト・タイガー」などと言って貴重がられます。

 人間の場合、視力低下やアレルギー疾患を伴う場合がありますが、アルビノ自体が「障害」と分類されるのかどうか、専門家の見解はどうなんでしょう? 

 ところで、子供は「純真」なんて言いますが、結構、残酷です。「見た目」が違うと、平気で差別する、イジメます。高校生くらいになると、大抵の人は分別がつきますが、子供のまま大人になり、赤の他人に、平気で、「キモい」、「気持ち悪い」なんて言うのがいます。

 女性専用車内には、そういうバカ女(=差別発言をする女)が結構います。レノンさんは、「こういう仕打ちを受けるのは、中学生以来だ」と言っていました。人間として最低です。

 私らに対して、「(法的に乗れても)わざと乗るのは常識がない」なんて言うのがいます。しかし、「常識がない」のは、どっちでしょう? 侮辱発言、差別発言を平気で繰り返す女たち、それを擁護する「賛成派」、「常識がない」のは、あなたたちです。

記者が「女性は差別されてきた歴史があり、地位を引き上げても男性と平等になるだけでは」と疑問を投げかけると、

 女性は差別されてきた歴史があり? 「女性は保護されてきた歴史があり」の間違いではないですか? 戦争で死んだほとんどは「男性」です。女性は戦地に行かなくて済んだのです。それはなぜでしょう? 女性差別ですか? 女性保護ですか? 

 ダム、鉄道、トンネル、道路、橋、ビルなどの建設現場で亡くなるのは、ほとんどが「男性」です。平均寿命も(比較的)短いし、自殺率も、ホームレス率も、高いのは「男性」です。

 かつては、社会進出の上で、女性には多少のハンデがあったかも知れません。しかし、現行憲法下では、「機会の平等」が保障されており、今や、それすら「個別の問題」になっています。にもかかわらず、これ以上、優遇を望むのは、ワガママそのものです。

代表は「社会全体に女性差別があったのは戦前の話。落ち度がない今の男性が差別されるのは不合理だ」と反論した。

 どこの誰じゃい、「代表」って?(笑) 「団体名」も「代表名」も書いてなかったら、「架空の団体」、「架空の人物」にもなりかねない、記事自体の信憑性も問われかねませんよ。

 社会全体に女性差別があったのは戦前の話? いえいえ、今も社会には女性差別はありますが、「制度・政策として女性差別を助長するようなものはない」という話です。「個別の(女性)差別」については、それを解消するのは「当たり前」ですが、「だから、女性を(皆)優遇しましょう」というのは違う、と申し上げているのです。

 また、万が一、「女性が差別されてきた」としても、現在、差別されていない女性を優遇する必要は全くない、そのせいで、何の落ち度もない男性が不利益を被ることはあってはならない、ということです。たとえば、「女性だから」という理由で採用・登用すれば、その一方で、「男性だから」という理由で採用・登用されない、ということが起こります。これは、男性差別以外の何物でもありません。

差別は今も社会に充満する。世界経済フォーラムが計った「ジェンダーギャップ指数」は144カ国中114位。

 2月の千代田線・京浜東北線の電車遅延騒動で、マスコミは、他に6つも裁判例があるのに、(賛成派に有利と思われる)TX裁判しか取り上げませんでした(注:TX裁判とて、「任意であること」が前提になっている)。それと同じ、男女格差については、マスコミは、民間団体のWEFの胡散臭い統計しか取り上げない、国連(開発計画)の統計を取り上げません(注:こちらでは、日本は20位前後)。これでは、どちらも「印象操作」としか思えません。

共働きでも女性の家事時間が何倍も長い。

 「家事」を大変そうに言いますが、昔と違って、比較的「簡単」にできますからね。掃除しかり、洗濯しかり、料理しかり。

救命のため土俵に上がれば下りろと言われる。

 それ、誰もが「おかしい」と言いましたよね? 「非常時なのに」と。で、調子こいて、「土俵に上がらせろ」という首長までいました(苦笑)

衆院議員は約9割が男性で、

 「機会の平等」にケチをつけて、女性議員を増やそうという動きがありますが、「女性だから議員にする」ってことで、日本にとって、何かメリットがありますかね? もちろん、例外もいらっしゃいますが、女性って、大抵、「自分のことしか考えない」、「国防なんて考えない」ので、むしろ、心配です。

記者がセクハラを訴えると、大臣が「はめられたというご意見もある」と言い放つ……。

 「女性がセクハラと思えばセクハラ」なんてとんでもない理屈がまかり通ると、女性に近づく男性、ドンドン、いなくなっちゃいますね?(苦笑) てか、「女性がセクハラと思えばセクハラ」が成り立つなら、「男性がセクハラと思えばセクハラ」も、もちろん、成り立つんですよね? あるいは、「男性がセクハラではないと思えばセクハラではない」は、成り立つ、成り立たない? 所詮、主観で判定するなら、そういう「いい加減な話」になりますね。

専用車に乗り込んだメンバーと話した翌日、記者は政治学者の中北浩爾・一橋大教授に会いに行った。

 おいおい、大学教授は、実名報道ですか? 肩書に弱いんじゃね? で、なぜ、年齢は書かないのかな? 

選挙でのクオータ制について授業で紹介した後のアンケートで、男子学生の半分近くが「クオータ制は女性専用車と同じで、逆差別だ」と書いたという。

 「逆差別」という言い方は気になりますが、「男性差別」に間違いないですね。教える側と違って、学生(の半数近く)は、賢いですね。

「受験という平等な競争をしてきた感覚が強いのでしょう」と中北教授。「この教室には女性が少ないけれど、受験のための教育条件は本当に平等?」。授業で問いかけても反応は乏しかったという。

 受験のための教育条件は本当に平等? こんな問いかけをする大学教授の方が、感覚的にズレてますね。法律・制度・政策で「男女平等」が保障されているなら、後は、「個別の問題」に過ぎません。

「女性専用車両は男性差別か?」。ずばり、そんな論考を書いた法哲学者がいる。松尾陽(よう)・名古屋大教授。妻子連れのように痴漢をしなさそうな男性まで排除することの妥当性などを論じた。

 「妻子連れ」でなくても、痴漢をしない男性は大勢います。要は、「ミソもクソも一緒くたにするな!」って話です。

 と言うか、たとえ「痴漢」でも、痴漢をする前に排除はできません。なんびとも、犯罪を犯す前に、排除されたり、取り締まられたり、逮捕されたりしない、それが法治国家の「大原則」です。まして、痴漢でない男性を排除しようなんて、もってのほかです。

「専用車で男性が乗れないのは1両で、具体的な不利益は大きくない。しかし余裕を失って他者との差異に敏感な社会では、『分断』のメッセージを帯びる恐れがある。痴漢防止という極めて正当な理由があるとしても、目的などを丁寧に説明し、合意を得る必要があるだろう」

 男性が乗れないのは1両で、具体的な不利益は大きくない? あらら、この大学教授、記者さんと同様、「1両なら排除が許される」、「不利益が少なければ、差別とは言えない」なんて言うつもりなのでしょうか? いいえ、軽微な差別も、重大な差別も、差別は差別ですよ。

 余裕を失って他者との差異に敏感な社会では、『分断』のメッセージを帯びる恐れがある? いいえ、差別に敏感な社会は、成熟した社会です。未開な社会であればあるほど、差別は激しいのです。だから、時代と共に、かつては許された差別が、禁止されるようになるのです。

 痴漢防止という極めて正当な理由があるとしても、目的などを丁寧に説明し、合意を得る必要がある? おいおい、目的が正当でも、手段が正当でなければ、その方策は正当ではありませんよ。そんなの幾ら丁寧に説明しても、合意が得られるわけがない、「黒」は「白」にはなりませんよ。

 しかし、まあ、この大学教授、どこまで、いい加減なことを言うのでしょう?(呆れ顔)

憲法学者の辻村みよ子・明治大教授が、一つの考え方を教えてくれた。女性参政権など、男女を一律に同等に扱うかつての「形式的平等」から、不利な条件によって重しを背負う女性に特別の機会を与える「実質的平等」へ――。平等の段階はそう進んできた。

 おいおい、そんなインチキ、勝手に進ませないでくださいな(汗) 「機会の平等」を「形式的平等」などと否定し、「結果の平等」を「実質的平等」などと嘯く、まさに「共産主義的考え方」、よって、私・ドクター差別は、これを「ピンクの共産主義」と呼んでいます。

 これ(=ピンクの共産主義)、「男性差別」というだけでなく、「実力主義の否定」です。何しろ、「女性」という理由で採用・登用する、「男性」という理由で採用・登用しない、ということですから、「実力」なんて関係ない、二の次、三の次です。これで、日本が良くなるとは、到底、思えません。

「形式的平等に『協力』してきた男性から見れば、特別扱いは『公平でない』と映るのではないか。

 この教授の言うところの「形式的平等」、すなわち、「機会の平等」は、男性が「協力」するものではなく、憲法上、男性に与えられた当然の権利であり、これは、女性にも同等に与えられた権利です。にもかかわらず、女性だけを「特別扱い」して、合格させる、採用する、登用するのは、憲法違反であり、男性の権利を侵害する「不正行為」です。

だから、まだ残る差別を是正するための特別措置まで逆差別だと言われてしまう」

 まだ残る差別? もしかして、「女性の数が少ない」のを女性差別のせいにしているのかな? それは、女性の受験者、志願者を増やして対処するしかないですね。「員数合わせ」のために、女性差別を受けていない女性を「女性だから」という理由で合格させる、採用する、登用する、その一方で、何の落ち度もない男性を「男性だから」という理由で不合格にする、採用しない、登用しない、これを「差別」と言わずして、何を「差別」と言うのでしょう?

どんな状態が「平等」で何が「差別」なのか、憲法に答えは書いていない。

 「差別」の問題を「法律」に詳しい大学教授に聞いても無駄ですよ。2人とも、「差別」に問題については、「素人同然」です。それは、「差別の専門家」の私・ドクター差別の(これまでの)コメントを見れば、おわかりでしょう? それとも、「肩書」を信用しちゃうタイプなのかな?

ただ、「足かせ」を何とか外そうと、もがき続ける女性が今も多いのは事実だ。

 本当に実力のある女性は、「女性優遇」なんて望みません。むしろ、邪魔です。「あんたも、女性優遇(=クオータ制)で、採用(又は、登用)されたんだろう?」なんて言われかねませんからね。まあ、優遇されて喜んでいるようでは、「女・子供」と言われても仕方がない、「真の男女平等」は、「夢のまた夢」でしょう。


この記事に

  • 顔アイコン

    押忍!
    フィールドワークと朝日新聞の出鱈目対応お疲れ様です。
    反論トーク絶好調でキレっキレですね。
    お察しします。
    ところで、駄目トロの九段下駅に勤務していた(元)社員の大不祥事が発覚して東京2020五輪・パラリンピックのオフィシャルパートナー(公式スポンサー)がJR東だけになりそうで大ピンチですね。
    勿論私のルーティンワークの「もしもし」は一切手加減せず続行中です。「もしもし、車内での乗客の痴漢対策と称して男性を全員痴漢とみなして排除する前に社内で社員に対して性犯罪防止対策とコンプライアンス研修を徹底して自社の性犯罪を犯す変態社員をとっとと排除しやがれ!ガッチャ〜ン!」「もしもし、中略、ガッチャ〜ン!」
    次回のフィールドワークは是非とも駄目トロの路線にして駄目トロにトドメを刺してやって下さいなっ。スタッフ全員士気が下がっているので大チャンスです(笑)

    [ fer***** ]

    2018/5/11(金) 午前 0:41

    返信する
  • >空気のように社会に残る差別?

    これは、男性差別の事ですよね()

    女の癖に、女なのに、女だったら なんて言葉は、完全にセクハラになりますし、今や死語と化していますが、
    男の癖に、男なのに、男だったら といった言葉は、今でも日常茶飯事的に使われており、セクハラ扱いされません。
    そして、その最たるものが、それらの発言に対し、男性がセクハラの訴えをすると、
    男がセクハラとか言うのは 女々しい・恥ずかしくないのか?などと、更なるセクハラ(セカンドレイプ?)を受けるという、
    男性がセクハラを訴える・声を挙げる事自体を許さない社会。
    正に、空気のように社会に残る、男性は差別しても良いという風潮。


    >受験のための教育条件は本当に平等?

    そんな事を言ったら、裕福な家庭と貧乏な家庭では、教育条件は全く違うのでは?
    何故、女性だけ教育条件が悪いと思うのでしょうかね?
    裕福でない家庭に育ち、教育条件が悪い男性なんて、ごまんといると思いますがね?
    教育条件云々で言うのなら、裕福な家庭の女性より、貧乏な家庭の男性を優遇するべきだと思いますがね。

    ファイン☆レイン

    2018/5/11(金) 午後 6:50

    返信する
  • 一両ぐらいって、男女逆だったら同じ発言してないんでしょうね。

    [ sashimi ]

    2018/5/11(金) 午後 8:45

    返信する
  • 顔アイコン

    ファイン☆レインさん

    >何故、女性だけ教育条件が悪いと思うのでしょうかね?

    貧しい黒人家庭で育った黒人は高等教育を受けられないで貧しいまま、「だから、優遇策が必要」というわけです(注:今や、これすら必要なくなっている)。

    一方、女性は、貧しい家庭に生まれますし、裕福な家庭にも生まれるので、「貧しさ」が連鎖することはありません。にもかかわらず、優遇を求めるのは筋違いです。たとえば、「お父さんが娘の大学進学を許さない」なんてことまで社会のせいにする、「女性差別」だと騒ぐのは、おかしな話です。それは「個別の問題」、社会的な制度・政策・慣習等による差別ではありません。

    ドクター差別

    2018/5/11(金) 午後 9:06

    返信する
  • >「お父さんが娘の大学進学を許さない」なんてことまで社会のせいにする、「女性差別」だと騒ぐのは、おかしな話です。それは「個別の問題」、社会的な制度・政策・慣習等による差別ではありません。

    そもそもが、この、女性の教育条件が悪い(家庭の考えが女性の高等教育を阻害している)というのが嘘ですからね。

    男女共同参画白書(概要版) 平成28年版 | 内閣府男女共同参画局
    http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h28/gaiyou/html/honpen/b1_s06.html

    これによると、短期大学を含めた大学進学率は、寧ろ女性が男性を上回っています。
    これの何処が、女性の教育条件が悪い・女性は教育の機会に恵まれないのか、謎です。

    また、音大は(藝大を除いて)何処も9割以上の学生が女性と言われますが、
    「この教室には男性が少ないけれど、受験のための教育条件は本当に平等?」って言うのでしょうかね?

    ファイン☆レイン

    2018/5/12(土) 午前 3:17

    返信する
  • 顔アイコン

    sashimiさん

    >一両ぐらいって、男女逆だったら

    差別する側の「言い訳」ですね。「女性がセクハラと思えばセクハラ」と同じく、男性だと通用しない理屈ですね(怒)

    ドクター差別

    2018/5/12(土) 午前 3:29

    返信する
  • 顔アイコン

    ファイン☆レインさん

    >女性の教育条件が悪い(家庭の考えが女性の高等教育を阻害している)というのが嘘

    「随分前の話」を未だにしているのでしょうね。

    >音大は(藝大を除いて)何処も9割以上の学生が女性

    レノンさんは「音大」出身ですが、そうおっしゃっていましたね。

    ドクター差別

    2018/5/12(土) 午前 3:32

    返信する
  • >セクハラ
    私は初めて「ニュースを見たくない!」と思いましたね。だってろくな意見を述べる人がいないですから。でも母親がテレビをつけていて見てしまい悲しくなりました。

    [ shi***** ]

    2018/5/12(土) 午前 7:14

    返信する
  • 顔アイコン

    shi*****さん

    >ろくな意見を述べる人がいない

    芸人やタレントのコメンテーターなんて、「百害あって一利なし」です。期待する方が間違いです。

    しかし、それより有害なのが、大学教授とか、弁護士といった、いわゆる「有識者」ですね。肩書だけで、ロクなことを言いませんから。「知らないくせに、知ったかぶりで、よく言えるねえ〜」とホトホト感心します(苦笑)

    ドクター差別

    2018/5/12(土) 午前 7:39

    返信する
  • 大学教員は確かに知能レベルの疑問な人が結構いて、おかしな発言をする人を拾ってこようとすると幾らでもできてしまいます。でもまあそれはどの業界もそう、というか、医者や弁護士や政治家よりはまともではないかと思います。

    ただ、日本の行政は基本的に、官僚が大学教員等の有識者の意見を聞いて立案し、それを政治家が承認するという形で成り立っており、多くの分野でこれは(主に官僚の努力と学者の良心によって、と僕は思っていますが)案外うまく行っています。ただ幾つかの分野、とくに人の生死に直結しない分野ではおかしな事態が出来していて、その一つがこの男女の人権問題だと思っています。

    [ mat*u*_t*uo ]

    2018/5/12(土) 午前 11:57

    返信する
  • 問題なのは、人文系の研究者というのは結構、碌でもない人が多いのですが(勿論まともな人もいますが)いずれにせよ、思想的には左の人が多いし、社会学的にはフェミニズム寄りの人が圧倒的に多い、ということです。(フェミニズム=左翼という決りはないはずですが、なぜかフェミニズムを支持する人は基本、左寄りのようです)

    これは、大学教員が馬鹿だから、というだけの理由ではありません。そうではなくて、フェミニズムを支持する人々が何十年もの間、地道に自分達の主張を続ける努力をしてきて、その人々の主張の中にも部分的には正しいところがあるので、それを人々が受け入れきてしまった、ということです。
    そして彼らから見ると、フェミニズムに反対する意見は学問的に否定されるものであり、従って便所の落書き程度でしかないし、だから行政に影響を与えることもできない。彼らは本当にそう思っていますし、そう公言もしています。

    [ mat*u*_t*uo ]

    2018/5/12(土) 午後 0:08

    返信する
  • この朝日の女性記者さんの記事も、言いたいことは単に「女性優遇は正当だから反対するな」っていうだけですが、朝日新聞によくありがちなことですが、端から見たらただの印象操作的なプロパガンダに過ぎないものでも、書いた本人は「両方の意見を聞いた上で客観的に考えた」つもりで恐らく書いています。客観的に書いたつもりでこんな記事になるのだから、本人の思考のレベルがその程度だった、ということにはなりますが、いずれにせよ、ただのプロパガンダではなく、最も深い良心に基づいているつもりで本人はいる、ということがこの問題の極めて厄介な点です。

    [ mat*u*_t*uo ]

    2018/5/12(土) 午後 0:15

    返信する
  • 繰り返しますが現状がこのようになっているのは、フェミニズムたちの長い長い努力が効を奏してきているからです。人の意思決定は声の大きい人によって支配される、とは言いたくないですが、実際に意見を表立って表明しない人の意見は、どんなに正しくても採用されません。捕鯨問題についてあれだけクレイジーな主張をしてくる欧米人であっても、真面目に話をすれば次第にわかってくるものだと僕は認識しています。

    で何を言いたいのかというと、100歳まではしっかり生きて、死ぬまでがんばってくださいということです笑
    女性専用車なんていうのは小さな問題に過ぎず、その背後には巨悪が悠然として控えており、それは決して容易な相手ではありません。まだ先は長いので、あまり急ぎ過ぎず、かといって手を抜くことはなくがんばってください。
    ちなみに大変失礼ですがレノンさんが43歳?というのには驚きました。てっきり兼松さんと同年代なんだろうと思いこんでいましたので。

    [ mat*u*_t*uo ]

    2018/5/12(土) 午後 0:26

    返信する
  • 顔アイコン

    ドクター差別さん

    >戦争で死んだほとんどは「男性」、ダム、
    >鉄道、トンネル、道路、橋、ビルなどの建設
    >現場で亡くなるのは、ほとんどが「男性」。
    >平均寿命も(比較的)短いし、自殺率も、
    >ホームレス率も、高いのは「男性」

    私もこれを「女性は差別されてきた」への対抗用として使わせていただきたいのですが、これを持ち出すと、「それって男性差別が原因というわけでは無いでしょう?」と反撃されそうな気がするのですが、どのように説明するのが適切だと思われますか?
    それにしても、ほとんど男性だけで汗水たらして建設した鉄道なのに、男性が乗っただけで「キモい」だの「気持ち悪い」だの言いたい放題ですね。
    自分たちだけで鉄道を建設して女性だけで運行してから言えよと思います。本当に腹立たしいです。

    [ ugu***** ]

    2018/5/13(日) 午前 10:56

    返信する
  • 顔アイコン

    ugu*****さん

    >「それって男性差別が原因というわけでは無いでしょう?」と反撃されそう

    女性が「差別」されているなら、「差別」で苦しんでいるなら、「そんなわけがないでしょ!」となりませんかね? 女性は「保護」されてきたからこそ、戦争で亡くなる女性が少なかった、工事現場で亡くなる女性が少なかった、平均寿命が長い、自殺率もホームレス率も低い、と考えるのが当然でしょう。

    ドクター差別

    2018/5/13(日) 午前 11:12

    返信する
  • 顔アイコン

    mat*u*_t*uoさん

    >医者や弁護士や政治家よりはまともではないか

    まあ、似たり寄ったりでしょう。てか、いわゆる「女性学」により近く関わっているんじゃないですかね?

    >人の生死に直結しない分野ではおかしな事態

    「でっち上げ」で自殺する方もいますし、公務員になれなくて人生が狂う人もいるでしょう。

    >地道に自分達の主張を続ける努力をしてきて

    そういうところで地道に努力されても困るんですけどね(苦笑)

    >最も深い良心に基づいているつもりで本人はいる

    だからこそ、「正論」を言われても、そう易々と、納得できないのです。

    >フェミニズムたちの長い長い努力が効を奏してきている

    教育、政治、マスコミ、皆、「似非フェミ」に毒されていますね。

    ドクター差別

    2018/5/13(日) 午後 0:26

    返信する
  • 顔アイコン

    ドクター差別さん

    >女性は「保護」されてきた

    なるほど、
    「女性が差別されてきたのではなく保護されてきたのだ、その結果、男性は…」
    という論法ですね!

    [ ugu***** ]

    2018/5/13(日) 午後 2:08

    返信する
  • 顔アイコン

    この記者は「たった一両」のせいで何百、何千人もの男性が迷惑してるという事を想像できないのでしょうか

    [ penarutyi ]

    2018/5/13(日) 午後 2:58

    返信する
  • 顔アイコン

    ugu*****さん

    「男性差別」というよりは、「男性の人権は軽視されてきた」と言うことでしょう。一方、女性は軽視されず、保護されてきた、ということです。

    ドクター差別

    2018/5/13(日) 午後 8:38

    返信する
  • 顔アイコン

    penarutyiさん

    >「たった一両」のせいで何百、何千人もの男性が迷惑してる

    いえいえ、自分で(排除されていることを)意識していない男性も含めれば、毎日、何十万、何百万の男性が迷惑を被っています。

    ドクター差別

    2018/5/13(日) 午後 8:40

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事