ここから本文です

ドクター差別と選ばれし者たち

書庫全体表示

 私・ドクター差別は、民社党本部に勤務していた頃から、「是々非々」だった。てか、だからこそ、「是々非々」を標榜する民社党に入ったわけである。もちろん、理想と現実は違うのだが、それでも、自分自身は、当時からずっと、「是々非々」を貫いている。

イメージ 1
「是々非々」、「中道」、「親米」がドクター差別の3原則
 
 それは、ドクター差別が、元々、「科学者」だからだろう。「科学者の目」、「科学者の考え方」を持っているから、「是々非々」なのだろう。科学者は、本来、先入観や偏見、しがらみには左右されない、真理の探究こそが目的である。であれば、「是々非々」にならざるを得ない。
 
 ところが、どんな肩書を有していようと、「大学教授」だろうと、「弁護士」だろうと、真理の探究を(仕事の)目的としない輩は、「是々非々」ではない。先入観や偏見に毒されている、しがらみにドップリ浸かってしまっている。だから、「女性がセクハラと思えばセクハラ」なんてデタラメ、「女性=弱者(被害者)、男性=強者(加害者)」なんてデタラメを口走るのである。
 
 ただし、「是々非々」だからと言って、常に正しいわけではない。と言うか、「是々非々」が常に正しいためには、真っ当な価値観と深い洞察力、いわゆる「見識」が必要になる。これなくして、「是々非々」なんて言ったところで、「我田引水」でしかない。
 
 たとえば、「女性専用車両賛成派」なんてのは、「我田引水」の典型である。「法律関係ない」などと裁判所の判決を無視したり、「女性専用車両は裁判で認められた」(注:実は「任意だから、男性も乗れるから、憲法違反ではない」となっただけ)などと裁判所の判決を曲解したりする。国交省や鉄道会社の見解を聞かずに、(自分らに都合の良い)ステッカーのウソの文言のみを根拠に「男は乗るな!」などと言う、まるで、チンピラか、幼児を相手にしているようなものである。


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事