ここから本文です

ドクター差別と選ばれし者たち

書庫全体表示

 以前の「女性専用車両賛成派」(以下、「賛成派」)は、お粗末ではあったものの、一応、理屈を述べていました。ところが、最近の「賛成派」は、理屈が通じない傾向があります。とくに、2月の大騒動以降、「賛成派」になった連中なんぞは、理屈なんか関係ない、法律なんか関係ない、「大勢で、大声で、何度も繰り返せば、ウソも真実になる」を地で行っています。

イメージ 1
「変態帰れ!!!」と大勢で、大声で、何度も繰り返せば、
ウソも真実になる、ってか?
 
 まあ、昔も今も、「賛成派」は、勘違いばかりしています。「女性専用」はウソです。「痴漢対策」もウソです。
 
 しかし、極めつけの勘違いは、「私らが女性に嫌がらせをしている」なんて言っていることです。はて、私らは、そもそも、女性乗客なんて相手にしておりませんけど? 何を勘違いして、(勝手に)怒っているのでしょう?
 
 私らの相手は、あくまで、鉄道会社です。鉄道会社が「二枚舌」(注:裁判では「男性も乗れる」と主張し、利用者には「女性専用」などウソをついている)を使って、利用者を騙しているから、それを糾弾しているのです。その「二枚舌」のせいで、男性が自分の乗りたい車両に乗れない状態になっているから、それを正しているのです。
 
 なぜ、横から口出しするのでしょう、しかも、何の権限もないのに? てか、「男性が乗ること」に文句があるなら、それを認めている鉄道会社に文句を言うのがスジです。鉄道会社が「男性も乗れる」と言うから乗っている私らに文句を言われても、困ります。
 
 もう一度言います。私らが相手をしているのは、鉄道会社です。「賛成派」も、「男性の乗車」に不服があるなら、文句を言う相手は「鉄道会社」です。
 
 利用者同士が運送契約を交わしているわけではありません。利用者の契約相手は、あくまで、鉄道会社です。契約上の文句は、鉄道会社に言わなければいけません(注:この意味では、ARICがメトロ本社に文句を言いに行ったのは「正解」だが、如何せん、「要求(=男性を強制排除し、罰則を科して欲しい)」が無茶苦茶だった)。


この記事に

  • 顔アイコン

    rob*****さん

    どうもです。まあ、似たようなものですね。

    ドクター差別

    2018/8/5(日) 午前 11:56

    返信する
  • 顔アイコン

    しかし、こちとら、はなから眼中にない女性乗客が、横から入ってきて、鉄道会社に言うべき文句を私らに言う、トンチンカンも甚だしいですね。

    しかも、「嫌がらせをしてる」だの、「怖い」だの、冗談もいい加減にしてくれ、です。

    ドクター差別

    2018/8/5(日) 午後 4:03

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事