サブレ部

気が向いた時にサブレの造形を愉しむひとり部活

全体表示

[ リスト ]

神奈川県から「カワセミくんサブレ」だ。

イメージ 1

なんだコイツ? めちゃめちゃかわいいじゃん!

そう、コイツこそ「カワセミくん」、神奈川県藤沢市のマスコットキャラクターなのだ。
藤沢市の市の鳥がカワセミということで、こんなキャラが生まれたらしい。

ちなみに、市のWEBサイトによると、市の鳥をカワセミにした理由は以下のとおり。
少し長い文だが引用する。



明るさと清潔感が藤沢のイメージに合い、都市像のカラーにマッチしている(羽のグリーンがみどり、お腹のオレンジが太陽、背中のブルーが海の色を象徴している)点と、その生息が環境浄化の指標となる点が主な選定理由です。

かつて、藤沢には沼地が多くあり、カワセミも数多く生息していましたが、都市化が進む中でその数も減少し、一時はほとんど見られなくなりました。 しかし近年は公害規制や農薬規制などにより、川の水質浄化も進み、藤沢の水辺にもカワセミが戻ってきました。現在でも数は少ないですが、大庭野鳥公園などで繁殖が確認されています。

藤沢市では、カワセミの愛護活動を通じて自然環境を守っていく決意をこめて自然保護のシンボルとして市の鳥「カワセミ」を制定いたします。




どうやら、カワセミは「自然保護のシンボル」らしい。

イメージ 2

「自然保護のシンボル」らしい。

イメージ 3

自然保護のシンボル・・・。

イメージ 4

自然保護の・・・・・・ あー! コイツ、釣り竿もってるー!!

自然保護のシンボルが釣りしてていいのだろうか・・・。

と、気になったので、ちょいとカワセミについて調べてみると、どうやらカワセミは魚獲りの名人らしく、
なんと、英語名は「Kingfisher」(釣り王!)とのこと。
そりゃ釣り竿も持たせたくなるよなぁと納得。

しかも、カワセミは自分が生きていくために必要な量だけの魚を獲るわけで、
決して自然破壊を招くような乱獲はしない。
自分に許された範囲で環境に作用し、生きているのだ。
僕も、釣人の端くれ(ド端くれだが・・・)として、このカワセミの節度を見習いたいと思う。

さて、最後にサブレ本体を拝見。

イメージ 5

おぉ、カワセミくんの姿が見事に刻印されている。 大事な釣り竿もばっちりだ。

自然に対する節度ある接し方を思い出させてくれるこのサブレ、ぜひ釣りのお供にどうぞ。




サブレ部facebookページはコチラ♪

http://www.facebook.com/pages/sabure-bu/184122318275976

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事