サブレ部

気が向いた時にサブレの造形を愉しむひとり部活

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/03/13/sable_bu/folder/146447/img_146447_13585870_5?1238342414

北海道から「小樽サブレー」
またも小樽出身のサブレだ。
箱には小樽の名所・名産がずらりと並ぶ。まるで観光大使だ。
これまでにも「小樽サブレ MARRON CORON」「ハローキティ サブレ」「銀の鐘 Almond Sable」など、
数多くの小樽出身サブレを紹介してきたが、
これが、小樽出身サブレとして最もあるべき姿ではないだろうか。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/03/13/sable_bu/folder/146447/img_146447_13585870_6?1238342414

個包装は色違いで2種。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/03/13/sable_bu/folder/146447/img_146447_13585870_7?1238342414

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/03/13/sable_bu/folder/146447/img_146447_13585870_9?1238342414

いずれもいかにも小樽らしい水路の風景が描かれている。
どうせなら違う風景にしてほしかった気もするが、
サブレが土産物としてひとり一枚ずつ配られる機会が多いことを考えると、
その一枚一枚に最も小樽らしい風景が描かれるは然るべきと言えるだろう。

しかし「包装袋の色違いでサブレ本体の形も違ってたりして・・・」と、
仄かな期待を抱いてしまうのがサブレ部なのだ。
中身を見てみよう。

まずは、赤っぽい包装の方から・・・。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/03/13/sable_bu/folder/146447/img_146447_13585870_8?1238342414

Oh!シンプール!

次は青っぽい包装だ。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/03/13/sable_bu/folder/146447/img_146447_13585870_10?1238342414

Oh!シンプール too!

というわけで、若干の形の違いは認められたが、これは製造上のブレの範囲だろう。
まぁ、よい。
繰り返すが、サブレは一枚一枚が真剣勝負なのだ。
形のバリエーションを増やすより、本当に自信のあるたった一つの形を持つことが大切なのだ。
それが、この形なのだ。きっと。
すごくシンプルだが、きっとそうなのだ。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事