サボテン君の「徒然なるままに」

数年後の自分の為に・・・今起きていることを、正直に勝手に書き連ねています。

全体表示

[ リスト ]

ある想い  5

今年の9月末に、非常にお世話になった方が癌で亡くなった。
壮絶な最期だったという。

6月に入院をして7月に危篤状態に陥り、結局9月末に逝った。
患者のベッドの下には、打ち続けたモルヒネの管が散乱していたそうである。

体の異常なだるさを我慢し続け、家族の生活維持の為に・・・、
懸命に仕事を続けた末の結末でありました。

今サボテン君の周りには、
驚くほど多くの癌患者が生活をしている。

サボテン君が以前お世話になっていた不動産屋さんは、
事務員も社長も癌である。

      「社長さんの癌が、私にうつったのよ・・・。」
事務員さんは苦笑している。

サボテン君が宅建主任者証を頂いてから、
最初にお世話になった工務店の社長さんも癌で逝った。


そういう状況下で、サボテン君は、
自分の体の不調を訴えて、総合病院の門をくぐった。

診察をした消化器の専門医は、明らかにサボテン君の胃癌を疑っている様子でありました。

      「直ぐに、検査をしましょう。今朝は何か食べてきましたか?
       もしも、食べていらっしゃらなければ、今からレントゲンを撮りますが・・・。」
転移の検査もするのだと、医者はCT検査の予定も入れた。
血液を採り、胃カメラを飲み、サボテン君の「胃癌」を前提にして、直ぐに綿密な検査が行われた。


サボテン君も、もう100%自分は胃癌であると覚悟をしておりました。
それも、スキルス性の劇症型胃癌であると。


時間があれば、サボテン君は自分の身辺整理をするよう努めました。
わずかに残る自分の財産の譲渡先をメモにしたため、捨てるものを優先して、
家の整理を始めておりました。
サボテン君がいなくなったときの、動物たちの里親探しにも懸命でありました。


保険会社の営業マンにも、
「自分は癌であるかもしれない」とあらかじめの予告をしておく必要がありました。
一人暮らしのサボテン君が癌で入院することがあれば、
保険の受け取り等の手続きをあらかじめ話しておく必要があるだろう。

 「えっ? サボテンさんもですか? 今月で3人目ですよ・・・。
  今は本当に癌になる人が多いんです。早期であれば大丈夫ですから、ご心配なく!! 」

保健会社の営業マンは、
 「手続きがありますから、癌と宣告されたら至急知らせてください」と電話を切った。



サボテン君は不思議に死ぬことを怖いとは思いませんでした。・・・自分はもう十分に生きた。

一人で生きてきた事が幸いでした。
サボテン君が今死んでも、大きな負担をかける人もないだろう。
直ぐに、サボテン君の存在など忘れ去られてしまう・・・。



テレビ局のあるアナウンサーが、「私は癌である」と宣言をして番組司会を降りたことがあった。
そして、彼はその数ヵ月後に帰らぬ人になったのです。彼もまた、スキルス胃癌でした。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B8%E8%A6%8B%E6%94%BF%E5%AD%9D



3人に一人どころか、今や、2人に一人が癌であるという。
当然、老人に癌患者は多い。




そういえば、「癌は早期に発見されたら直る」という言葉は、
誇張された宣伝文句だと、サボテン君は防衛大学の教授から聞いたことがある。

あれは、まだサボテン君が40代の頃だ。アメリカに行く途中の機内で、
隣り合わせに座った防衛大学で教鞭をとっていると言う医者から、
癌についての雑談をアメリカに着くまで、延々と話していたことがある。

「いったい何をもって初期状態というのですか? 癌についてはまだ何も分かっていないのです。」
彼は、笑いながらサボテン君に話したものだ。



少子高齢化社会は癌社会である。
多くの人は、未だその現実を想像していないように見える。

家庭に一人の癌患者を抱えることが、どれだけの負担を家族に及ぼすことか。

いや、癌社会であることは地域社会に、
どれほど多くの負担を持たせることになるだろう・・・。




サボテン君の検査の結果は、「異常なし」でありました。
「少し、胃壁が荒れています」

お医者様も、よほど意外だったのだろう。
「異常がなくて良かったですね」と嬉しそうに言った。




      「まるで、処刑場から連れ戻されたドストエフスキーの気分ですよ!」

サボテン君の報告に、保健会社の営業マンは大きな声を立てて笑った。





                 ☆・・・

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事