サボテン君の「徒然なるままに」

数年後の自分の為に・・・今起きていることを、正直に勝手に書き連ねています。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

摩訶不思議 「TPP」

イメージ 1

TPPの内容に関しては、
    
初めからなにもかも、

国民に知らされず。

マスコミも説明せず・・・。。。 

         故に国民は理解不能 ★


甘利一人のパフォマンスが独り歩き★

コンプライアンスがきいてあきれるよ。。。。




         国民は、だまって結果を受け入れるだけ。。。。


          すべては闇の中で決められるようだ ★ 


           日本は、一体どうなっているのか?

イメージ 1

ドイツの車、フォルクス・ワーゲンとは「(ドイツ)国民の車」を意味する。
かのヒットラーが、
ドイツ第三帝国の威信をかけて開発した車だ。。。


そのドイツの国民車が
突然「火の車」になってしまった!!!!

いずこも車産業が国を支えている状態だ。

EUを牽引しているドイツ財政が、
「火の車」になったら・・・、
今度はいったい誰が、
ギリシャの赤字財政を支えるというのだろう??

世界不況は、
とうとう、われわれの直前に来た。。。。

おそらく日経平均株価は、明日に
暴落を始めるだろう。。。



世界で1100万台規模か=経営揺るがす事態に―VW排ガス不正

時事通信 9月22日(火)20時33分配信




.



 【フランクフルト時事】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は22日、

米当局に指摘されたディーゼル車の排ガス不正操作について、

同様の問題がある車が世界で1100万台規模に達する可能性があると発表した。
 

独メディアは、ウィンターコルン社長が25日に責任を取って辞任すると報じており、

問題はVWの経営の根幹を揺るがす事態に発展した。
 
VWは「技術的な措置で問題を解決する」と表明、

世界的な大規模リコール(回収・無償修理)となりそうだ。

今後発生する費用のため、65億ユーロ(8700億円)の引当金を計上する。]

イメージ 1

イメージ 2

平和ボケ日本を、
ここまで導いてくれた
北朝鮮と中国共産党に感謝!!!

キムさんとキンペイさんのおかげで、
通るはずのない「安保法」が無事通りました。。。

「ようやった!!」・・・と、拍手 ☆  拍手 ☆


鳴りやまず・・・

小沢一郎の完全終焉

イメージ 1

小沢一郎がこれほど「くそたわけ野郎」だとは、
私は知りませんでしたな。。。

民主党政権時代に、 
小沢せんせが「日米中の三角外交」を打ち出したときにも
「この人は小学生並みか?」と・・・
腰を抜かしましたよ。。。


今回の「安保法反対」の先頭に立つ小沢先生の姿を見ると

「あ。こいつも・・・、民主も・・・終わった」と、

私などは確信いたしました。

           (笑)

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150914/dms1509141140001-n1.htm



デモをすべき場所は国会前ではなく中国大使館前ではないか H・S・ストークス氏

2015.09.14
.

 安全保障関連法案の国会審議が佳境に入ってきた。自公与党が来週中に参院で成立させる方針を固めたのに対し、野党は法案の成立阻止に向けて内閣不信任決議案の提出などを模索している。こうしたなか、米紙ニューヨーク・タイムズや、英紙フィナンシャル・タイムズの東京支局長を歴任した、英国人ジャーナリスト、ヘンリー・S・ストークス氏が語った。

                  ◇


 野党の安保法案反対論を聞いていると、情けなくなる。共産党や社民党が「戦争法案」「徴兵制反対」などと無責任と思える扇動をするのは仕方ないが、3年3カ月でも政権を担当した民主党の幹部までが「法案は憲法違反」「廃案にする」と主張しているからだ。

 60年安保闘争に比べれば静かだったが、虚構の扇動に乗って、先月末に国会前で行われた大規模集会には約3万3000人(警察当局の把握)もの人々が集まった。残念というしかない。戦後70年過ぎても「国を守る」「国民を守る」という気概もなく、「安全保障は米国に任せておけばいい」というのか。

 すべての国家は自衛権を行使できる。それは集団的自衛権の行使も含まれる(国連憲章51条)。

 ただ、日本はGHQ(連合国軍総司令部)が懲罰として押し付けた憲法の第9条で、権利を「保有」するが「行使」しない、と解釈してきた。今回の法案は、その矛盾を少し改善したものだ。

安倍晋三首相が法整備に乗り出したのは、中国の軍事的脅威が現実となっているうえ、同盟国・米国の力にかげりが見えてきたからだ。主権独立国家のリーダーとしては、戦争のリスクを下げ、国民の命と財産を守るためには、当然の判断・対応といえる。

 こうしたなか、中国は3日、北京で「抗日戦争勝利70周年記念」の軍事パレードを行った。計50の部隊、約1万2000人の兵士らが参加し、弾道ミサイルをはじめ、40種類計500余りの装備と、20種類計200近くの軍用機が登場した。

 かつて、中国海軍の司令官が「太平洋を東西に二分割して、米中で管理しよう」と、米太平洋軍司令官に提案して一蹴されたが、本気だろう。中国は現在、東・南シナ海で軍事的覇権を目指している。台湾も沖縄も狙っている。これに反発する、日本や欧米諸国を牽制しているのだ。

 大規模集会に参加した若者について、一部の海外メディアが「日本の若者は目覚めた」と報じていたが、まったく視点がズレている。彼らは現実が見えなくなっているのだ。外国特派員のレベルの低さにはあきれる。中国首脳はきっと記事を読んで、ほくそ笑んでいるのではないか。

 現在、軍国主義と帝国主義を実践している大国は、中国である。安倍首相率いる日本ではない。野党や若者、左派メディアが抗議すべきは、人権を無視して軍拡に邁進する中国だ。目覚めよ日本人。大規模集会は国会前ではなく、東京・元麻布の中国大使館前で行うべきではないか。







/


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事